たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

INFOBAR

INFOBARの感想・評価

3.4
見ました。
自らの死を告げるため、12年ぶりに帰郷したルイー
あまりピンとこなかったです。
思ったのは、
この家には住みたくないし、帰りたくもない。
何か救いがあるのでは……と
期待したくなるけど、頑張ってみるけど
きっと無理で、きっと後悔しそう

🎥14本目/18年
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.7
ちょっとあらすじを読んでおいてよかった。

ものすごい会話の嵐。
それぞれの距離感を表現する演技がすごい。

ルイが最後話始めた時、すごいドキドキしてエンドロール流れた時マジかってなりました。
kk7664

kk7664の感想・評価

4.1
感情抑えきれず。MOBYのnatural bluesの感じも良い。トラブルは難しいと。
えと

えとの感想・評価

4.0
母はルイが帰ってきてずっと嬉しそうだったなー。
懐古し突き通して思うようにいかないのが切ない

家族としての時間がそれぞれやっと進み始めたような、前向きな映画だと思う
A

Aの感想・評価

3.0
フランス映画のトラウマ
みや

みやの感想・評価

3.7
わからない所がある映画で間違いないのだけれども、そこは置いといて、とにかく家族との会話が凄いです。

本音と建て前の日本人とは違って、フランス人とかは常に本音で話すのかな?!

とにかくヴァンサン・カッセルが凄いのは言う前でもない!笑
レア・セドゥーのぐうたらな雰囲気もまた女優として凄みを感じました☆
airit

airitの感想・評価

4.5
3度目。家族って本当苦しい
MIZUKI

MIZUKIの感想・評価

-
タイトルに惹かれて見る見る言ってたら映画先生が貸してくれた🙋
どんより家族がずっと喋っててねむたなった
>|