たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

3.0
顔のアップか多いけど、目がブルーで引き込まれる。
じっと見てるとみんなそれぞれ言いたいことや思うことがあるけどうまく表現できないもどかしさを感じる。
難しくてレビューやネタバレ読んだけど、いろんな意見があってそれを見るのが面白かった。
果林

果林の感想・評価

3.2
声を張り上げたり、嫌味なこと言ったり、揚げ足とったり見てて嫌な気持ちになる。
見終わったあとよりもゆっくりこの作品について考えた時に良さが見えてくる気がする。表情の切り取り方が流石だ。リアルで人間味があって生きてるって思える表情。
Aki

Akiの感想・評価

2.9
ドランの作品でも好きな方、ドランは俳優も良いが監督の方が向いてる気がする。
siho719

siho719の感想・評価

4.0
痛ましいほどに悲しかった。そしてドランやっぱり素晴らしい。表情と映像でここまで人の心を揺すぶることができるなんて。残念なことに家族は往々にしてもたれあったり、しばりあったりしやすい。それぞれがそれぞれの人生の自由を尊重しあいながら生きている、という強烈な自覚が必要だと思う。もたれあいではない支え合いの家族。家族のなかで苦しんでいるなら家族から離れてしまうのもいいと思う。しかし、人間が生きていく中で「家族的なもの」は絶対に必要である。まさしくキャッチフレーズの通り、この家族はみんな悲しいくらいに不器用だった。
aonomai

aonomaiの感想・評価

4.2
汗ばんだ首筋と
逃げ出したいほどの居心地の悪さ
窮屈で息苦しい99分間の会話劇

ため息しかでなかった
とてもよかった

"まさに世界の終わり"を"たかが世界の終わり"に変えたのは本当に最高としかいえないし
『これが最後だなんて、僕たちは哀しいくらい不器用だった。』なんて
キャッチコピーだけで今はもう泣けちゃう

でも合わない人は死ぬほど退屈だろうな
と、隣の恋人のことがずっと心配だった。
案の定あくびばかりしてたなぁ。
2017 6月 鑑賞

家族の人間関係に問題あり
ヴァンサンカッセル演じる兄とうちの父似てるところある(モラルハラスメント的)、精神的にきつい
母親も、支配的というか、、
描きにくい人間関係をよく描いたなぁと思う

「ベニスに死す」の主人公思い出す、じれったい主人公

繊細な映画だ
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.7
何これ。『男はつらいよ』じゃないか笑。
おそらく家族みんなが気づいている。
「何か」があったことに。
おそらく主人公は「もうこれが最後だ」と思っていることに。
主人公の12年ぶりの突然の帰郷にはのっぴきならない理由がある。
そりゃそうだ。みんなバカじゃない。
そしてそれを聞くのを覚悟しつつ、それでもできるだけ穏やかに共に家族のひと時を過ごそうとする者もいれば、その言葉を言わせないように事あるごとに波風を起こそうとする者もいて。
主人公もなかなか言い出すことができず。
皆がそれぞれの形で主人公に対して抱いている想い。そこに正解も間違いもなくて、それでも12年という歳月が生み出してしまった穴はなかなか「血のつながり」やかつて「共に過ごした記憶」だけで埋め切れる物ではない。
たかが世界の終わり。
されど世界は続く。
ような気がする。
自分というピース一つが欠けようが。
そんなことはお構いなしに世界は続く。
そう思っていたけれど、
主人公は気づく。
もはや自分は
世界の一つですらなくなっていた。
特にこの「家族」という世界は、
主人公というピースが欠け、
兄嫁というピースが加わり、
そして形を変え、
既に主人公はこの小宇宙の異物でありデブリと化しており、
帰ってきたところで、
もはやこのピースのはまる場所はどこにもない。
「家を出る」というのはそういうことなんだろうなと。
そういう覚悟がないと
やっていけないんだろうなぁと
そんなことを思った。
死ぬときぐらいはいいじゃないか?
そんなこと思うな。
1人で死ぬ勇気もないのなら
家を出るな。
家を出るなら、
死ぬときは誰にも看取られない
誰にも気づかれない。
そんな圧倒的孤独の中で
一人で死ぬ覚悟をしろ
そんな映画かもしれない。
「何かあったらいつでも帰っておいで」
そんな言葉で出迎えてくれると思うな。
ちゃんちゃん。
>|