たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

全員に乾いた清潔なタオルを配ってアクエリアスを飲ませたい
むむむ

むむむの感想・評価

3.1
もやもやを抱えたまま、最後にタイトルを思い出して、ああ となるような。
後からじわじわと考え反芻するような感じ。
青が綺麗だった。
Know

Knowの感想・評価

4.5
愛が終わることに比べたら、たかが世界の終わりなんて——

自分が「もうすぐ死ぬ」と伝えるために12年ぶりに帰郷するルイ。
長いようで短い一日。伝えたいことが言い出せない空気。

 病を得た身の終りを知り、若き日より遠ざけていた家へと帰ったルイ。母と兄と妹、兄の妻子。短い滞在、たった一言が言えずに。
 歪ながらも関係を保ってきた家族たち。たった一人何かを悟った義姉に向けた口元に添えた人差し指はルイの最大の愛だった。

_

 人は二度死ぬ。肉体的死と忘れられた時だと人は言う。
 しかし、死という事実を知らなければ、終わりを知らなければ個人の認識の中ではそれは永遠に続くのではないかと思う。彼らの間にある愛が終わるわけではない。彼らはまた、ルイがどこかで生きていると思いながら歪な三角を形作り生きて行くのだろう。

・ギャスパー・ウリエルの青い瞳が印象的
・泣きそうな笑み
・恋のマイアヒ٩( 'ω' )وノマノマイェー
ike

ikeの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

相変わらずのセンスに溢れた音楽。
何気無い会話から進んでいく複雑な人物の心境や関係性を表すのが本当に上手で脱帽してしまう。

まぁそりゃ12年も経って突然家族の元へ帰ってもうすぐ死ぬんだなんて言えないわな。ある意味で現実味溢れた終わり方だったんだと思う。
終わったあとの事は鑑賞者に任せるよって感じがドランっぽい。
Misato

Misatoの感想・評価

-
もやもやしたものが心に残る映画。
Super Ils bien jouent.
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.0
コンプレックスとストレスの兄
弟が帰ってきたことによって
ある種の甘えが出てしまう
嫁もこの性格でないと務まらない
耐える母
限界な妹
そんな中で話を切り出せる訳ない
Moe

Moeの感想・評価

2.8
観てて疲れる会話劇
暗い。in to the woods感。

「理解はできないけど愛してる」
それな!家族だから理解できるかと言われると、全然そんなことないんだよ。

結局自分がかわいくて、みんな自分のことで精一杯。他人の世界が終わろうと、どうでもいいんだなあ。にんげんだもの。みつを。
トマト

トマトの感想・評価

4.0
「深くえぐられた傷痕」だったはずの家に帰る。12年ぶりに。自分の意思で。

迎える家族。共に過ごし食事をし、伝わってきたのは「僕という存在の幻想」

均衡を保っている家族。
恋のマイアヒ♪
家族の責任という重荷を担っている兄の存在。

「僕という存在の幻想」
家族の誕生日に送り続けた絵はがきの束。12年間累積された束。
覚えていないはずの妹からの精一杯の好意。
母親が繰り返し語る子供の頃の日曜日の話。

母親との充たされた時間は、
ルイの心を救ったのか。
受け入れて欲しいという願いは満たされたのか。
そして[終わり]への恐れを払拭できたのか。

大丈夫。
母の愛は、ルイの全てを覆い尽くすほど広く大きかった。
「理解できないわ」
「でも愛しているわ、あなたを」
「誰もこの愛は奪えない」
顔を寄せ、おでこを付き合わせる母親。
「パパの目とそっくりよ」
母親の胸に抱かれたルイは、母親の愛を全身で受け止めただろう。

安心して良いよ。大丈夫。
ルイの世界が終わったとしても、この愛は決して絶えることはないんだから。
『たかが...たかが世界の終わり』なんだから。

ドランで号泣したのは初めて。
6/16
鑑賞
最初から画面の美しさに引き込まれる
息遣いが好き
>|