たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

全員に乾いた清潔なタオルを配ってアクエリアスを飲ませたい
Ryuheihei

Ryuheiheiの感想・評価

4.0
「もうすぐ自分は死ぬ」と伝えるために、12年ぶりに男が家族の元へ帰ってくる、というびっくりするくらいこのあらすじだけで終わってしまう内容なのに、このあらすじだけでは語り尽くせないドラマがぎっしりと詰まっている。ファミリードラマとは言いがたい、重厚な家族の話。
タッチは非常に繊細で物静か、そしてほとんど会話劇。これは完全に好みが分かれるし、説明も少ないから想像力と集中力がいるかもしれない。同監督の『マミー』もそうだったけど、衝突の中にこそ浮かび上がってくる「愛」みたいなものが描かれる。せっかくの帰郷なのにいがみ合ってばかり。妹との記憶はほとんどないし、兄嫁とも初対面だったり、家族であるはずなのになんとも休まらない空間。もどかしく、またなかなか進まない展開にいろんな意味でイライラもしてしまう。けどそれこそがこの監督の狙いでもあるんだなと、今作を見てようやく理解。記憶や心の中を掻き回され、くすぐられるような感覚、というか。人物の表情や言葉一つ一つに釘付けになってしまう。
途中で急に介入してくるポップな音楽、いい具合に、してやられるラストなど、異彩を放つ映画である。人間ドラマ好きにはかなりオススメ。
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

3.0
【会話劇で描くある家族のパーソナルな問題】
12年振りに家族の元へ帰ってきたルイ。おしゃべりが好きな母、そっけない態度の兄、小さい頃から会っていない妹、初めて会う兄の奥さん、それぞれがそれぞれの立場で、ルイを迎え入れる。
ストーリー展開的には、ただルイが帰ってきて、お昼とデザートを食べて、そしてまた去っていく、というシンプルなもの。
でもその中で、家族のごちゃごちゃが会話劇によって表現されている。
結局、過去にこの家族に何があったかはよくわからないままだけど、忘れたいくらい悲しく辛いことが原因なんだと思う。
でも、家族って本当の原因からどんどん新しい問題が派生していくもんなんだよね。ぐるぐる遠回りして、余計な問題を次々と吸収して、台風みたいに巨大化していく。近道をすればすぐ解決できる問題でも、やたらややこしくする。
レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセルなど、ハリウッドでもお馴染みの役者さんが勢揃い。こんな豪華キャストが普通の家族を演じるのも面白い。みんな、けっこう歴史的な作品が多いからね。
momo

momoの感想・評価

4.0
うーん。ていう感じ。
Takana

Takanaの感想・評価

3.4
音楽とか演出の仕方は
ドランさすがって感じだし
邦題も良い感じです。

話は退屈だった、
ひたすらフランス人がイライラしてるだけ。

よく観たら確かに心理描写だったり
糸を張ったように緊張した家族関係だったり
キリがないほど細かい表現はあるものの、
良くも悪くも"作品"だった。

最後にタイトルにしっくりきたくらい。
字幕で観たけど、歌詞を字幕で入れるのはダサい。それも含めて効果の一つなのでしょうけど。。。

このレビューはネタバレを含みます

毒家族が身内にいたなら吐くほどリアルな家庭の情景なのでオススメできない。

主人公が諦め、誰かに背負わせることなく去っていく姿は個人的な事情でひどく共感し、号泣した。
Kango

Kangoの感想・評価

3.8
奥の深い映画。
俳優人の演技力がなければ成り立たない映画。
>|