たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

全員に乾いた清潔なタオルを配ってアクエリアスを飲ませたい
ドラン監督とはとことん相性が悪いことをこの作品で改めて確信。

ことごとく合わない
しかも、顔アップばかりの映画が苦手だからさらにダメだった

フランス映画独特の雰囲気なんだけど、フランス映画大好物の自分なのにダメだから、本当に合わないんだろーな

もうドラン監督の新作が出ても観ない!って決めましたが、
「わたしはロランスを観てからそれは決めてくれ」と言われたので、今年中にチャレンジしてみる
役者さんの迫力がスゴイ!!緊張感あったー
映画としての総合的表現力に感服した。
グザヴィエ・ドラン。
この人ホントに凄い。。。

「家族という他人の集まり」
「家族愛=血=歴史という縛り=絆」
そんなプロットとテーマだけならもっと簡単で明快なアプローチの仕方はいくらでもあるだろうに。

わざわざ荒れ野を選んで色も分布もチグハグな花や植物(たとえばサボテンと夕顔とタンポポとカサブランカ)を植え込み、天地にその生育を一存するかと見せかけて、神として一望の往く先を完璧にオーガナイズする、、、
そんなことをしてるように見える。

その若さで何をしでかしてやがる。
一体あんたこそどう育ったらそう育つんだよ。
理解できないけど敬服するしかないわー。

この人の作品は観るたびこの人に対する驚嘆が大きくなるばかりだ。。。
おさら

おさらの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

ドラン監督の最新作「たかが世界の終わり」観てきました。相変わらずどこの描写切り取っても美しくて、写真集欲しいくらいでした。ドラン監督の作品は、「マイ・マザー」しか観てませんが、今回の作品もドラン監督の個性が出てるなあと思いました。人物とか、至近距離の撮り方とか、光の入れ方とか、詩の織り込ませ方とか、家族愛をテーマにしているところとか。ドラン監督の作品は母親がいつもいいアクセント、というか..今回も役者がすごい上手いな、って思いました。ただ「マイ・マザー」のような苛烈で印象的な比喩方法は今回はないように思えました。あれは19歳のドラン監督だからこそ生んだものなのかもしれません。あの荒削り感が私は好きでしたが。「マイ・マザー」では、人物と静物でリズムをつけていましたが、今回は沈黙と喧騒でリズムをつけているように思いました。主人公が寡黙っていうのは珍しいですよね。これを映画で、しかもドラン監督で観れる喜び..ドラン監督は至近距離を映すことが多いので、人物の視線や瞬きがすごい感情を揺さぶられます。映画は大げさに言えば、基本始終言い争っている感じなんですが、ギャスパー・ウリエルはこれについて「しゃべり続けているのは、ルイの告白を聞くのを恐れているからかもしれない」と言っています。私もそう思います。この喧騒から突如の沈黙はゾッとするほど美しいです。もちろん、ずぶずぶと沈むような沈黙も綺麗なんです。作中で人物が「ルイは話さない。誰も理解できない。だから美しく見える。」みたいなことを言ってるシーンがあるんですが、本当にその通りだと思います。これはドラン監督の作品にも言えて、ドラン監督の作品ははっきりした答えを出しません。 これは、ドラン監督が不完全さを好む人だからという理由をもあるでしょう。多くを語らず、言葉の片鱗で汲み取らせる、って感じがあります。だから心に残って、なんども見返したくなるんだと思います。今回の作品も曖昧なことばかりですが、個人的にはキャッチコピーの「これが最後だなんて、僕らは哀しいくらい不器用だった。」っていうあの文が全てだと思っています。あとは人物のセリフで読み取るって感じでしょうか。アントワーヌが1番そういうことを言ってる気がします。時間があれば、もう一回観たいです。
pipipiva

pipipivaの感想・評価

3.5
もやもやもやもやあ〜ん映画

家族って何をもって家族なのかな
みんな自分のために生きるので
精一杯なのが逆に愛おしい
aiaiaikun

aiaiaikunの感想・評価

4.5
初ドランでうまく言えないけど
すげえ、、映画だ、、

俳優の目線の動き カット 光と色 好みだった
音楽に至っては必要最低限のタイミングであるにもかかわらずドンズバ
音楽中心で進行する作品も素敵だけどこうなると音の意味が深く落ちてくる気がする

とにかく他ドランも観ないとという気持ち
観はじめた瞬間、あぁ若いなぁと思った。作り手の年齢がとても若い。20代の頃、私もこういう空気の中に生きていた。

本作にメッセージなどはない。オープニングの歌詞がもしそうだとしたら、シャレにもならない。家族を描きながら、捉えているのは家族ではない。

この作品は恐らく、カメラでいうところの"被写界深度"を描いてみせている。そういう意味では、メタフィジカルな作品だ。

自分に描けることと、描けないこと。見えていることと、見えていないこと。聞こえていることと、聞こえていないこと。触れられるものと、触れられないもの。そうした距離感が、作品になってしまうということだと思う。

ときどき思うのだけれど、優れた才能というのは、その才能の限界も誠実に伝えることがある。この監督のこの時点の限界が、その被写界深度の浅さによく表れていると思う。そして、そのことがまた美しい。
なつ

なつの感想・評価

4.6
じわじわ〜〜 素晴らしい心地悪さ それが少しずつ落ちていく
あき

あきの感想・評価

3.5
心にずっしり。
>|