たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

「人は様々な動機に突き動かされて
自らの意志でそこから去る決断をする
振り返ることもなく…

(そしてまた)同じようにー
戻ろうと決意する理由も数多くある

こうして長い不在のあと、僕は決めた
自分が来た道をたどろうと

僕の死を告げるために」


12年振りにルイ(ギャスパー・ウリエル)が家族のもとに帰ってきた

息子を溺愛する母親(ナタリー・バイ)
幼い頃に離れて幻想の中で兄を恋慕う妹(レア・セドゥ)
ルイにコンプレックスを持つ激情派の兄(ヴァンサン・カッセル)
初めてルイに対面する慎ましい兄嫁(マリオン・コティヤール)


それぞれの家族が、それぞれの感情で
少し興奮気味に少しぎこちなくルイを迎えるのだが…



果たしてルイは、大事な告白を遂げることが出来るのか?

そして、家族との空白の年月を埋め、最後の時間を過ごすことができたのだろうか?



上質な戯曲を観ている様

すべてが刺激的で、細胞が覚醒する


エキセントリックな演出に煽られ、逆接に翻弄された中で見えてくる、ある確信


「たかが世界の終わり」
こんなに素晴らしい題名を私は知らない


そして、こんなに美しい愛の物語を私は知らない




以下ネタバレ





もし


利己的に見える言動が、実は相手の為だったと知ったら


もし
見えていることが真実ではなく、まったく見えていないことが真実だとわかったら




絡んでしまった糸がすーとほどけていくように

がんじがらめの魂が解き放たれていく


「怒りも、憎しみも、悲しみも
 そのすべてが “愛” だと知る」byグザヴィエドラン



たくさんある好きなシーンの中でもラストは秀逸


家族の激情が去り静かになった部屋で、ルイがひとり……その眼差しにもう迷いはない

実家の空気を静かに深く吸い込み、光の中へ力強く出ていく、ルイ



このシーンのすべてを目に焼き付けたい



グザヴィエ・ドランは天才

このレビューはネタバレを含みます

12年たっても...
世界が終わっても何も変わらない。家族の中の孤独。唯一の理解者は本当の他人。
ラストの主人公の心境も12年前と変わらないのだろうか、ただ12年前もこうやって静かに去って行ったのだろうと感じる。
とても深くてしんどくなる映画、観てよかったと思うけど好きじゃない。

マイアヒってピカソの歌ってことを初めて知ったw
mie38

mie38の感想・評価

3.4
N Gかなぁと思ったけど..そんなことなかった
終始喧嘩しっぱなしだけどこれが家族なのかな。家族を客観的に見れて自分のに置き換えてみるきっかけとなった。サントラのHome、歌詞は悲しいけど洒落てて良い。
Z

Zの感想・評価

5.0
家族とは血縁関係のある他人だ、と昔言っていたひとがいたけれど、その他人を自分の内的世界に立ち入らせない潔癖ともいうべき不信。わかりあえない仲は悲しいけれど、それが堪らなく美しかった。
rina

rinaの感想・評価

3.9
家族のリアルはこれだなーと。
愛はある、けど理解とか共感は難しい

結構好き
mommyより好きかな
犬狼

犬狼の感想・評価

3.5
自分の近い将来の死を告げるため12年振りに家族に会いに行く主人公が早朝の空港で時間を潰すというアイデアが秀逸好き
ペソ

ペソの感想・評価

3.5
たかが(わたしの)世界の終わり、か
家族であっても埋めることはできない他者との隔たり。無くなることはない苛立ち。日常では言語化されることはないタブーに斬り込んでいる。
サントラもやはり良い。
レア・セドゥのノマノマイェイとミスユーのシーンが良い。
>|