たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

あらすじ

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

「人は様々な動機に突き動かされて
自らの意志でそこから去る決断をする
振り返ることもなく…

(そしてまた)同じようにー
戻ろうと決意する理由も数多くある

こうして長い不在のあと、僕は決めた
自分が来た道をたどろうと

僕の死を告げるために」


12年振りにルイ(ギャスパー・ウリエル)が家族のもとに帰ってきた

息子を溺愛する母親(ナタリー・バイ)
幼い頃に離れて幻想の中で兄を恋慕う妹(レア・セドゥ)
ルイにコンプレックスを持つ激情派の兄(ヴァンサン・カッセル)
初めてルイに対面する慎ましい兄嫁(マリオン・コティヤール)


それぞれの家族が、それぞれの感情で
少し興奮気味に少しぎこちなくルイを迎えるのだが…



果たしてルイは、大事な告白を遂げることが出来るのか?

そして、家族との空白の年月を埋め、最後の時間を過ごすことができたのだろうか?



上質な戯曲を観ている様

すべてが刺激的で、細胞が覚醒する


エキセントリックな演出に煽られ、逆接に翻弄された中で見えてくる、ある確信


「たかが世界の終わり」
こんなに素晴らしい題名を私は知らない


そして、こんなに美しい愛の物語を私は知らない




以下ネタバレ





もし


利己的に見える言動が、実は相手の為だったと知ったら


もし
見えていることが真実ではなく、まったく見えていないことが真実だとわかったら




絡んでしまった糸がすーとほどけていくように

がんじがらめの魂が解き放たれていく


「怒りも、憎しみも、悲しみも
 そのすべてが “愛” だと知る」byグザヴィエドラン



たくさんある好きなシーンの中でもラストは秀逸


家族の激情が去り静かになった部屋で、ルイがひとり……その眼差しにもう迷いはない

実家の空気を静かに深く吸い込み、光の中へ力強く出ていく、ルイ



このシーンのすべてを目に焼き付けたい



グザヴィエ・ドランは天才
ドラン監督安定のうるさい家族で疲れました。でも、映像や音楽は美しく、劇中歌(恋のマイアヒなど)がけっこう好きでした。
ゆ

ゆの感想・評価

-
死ぬほど言われ尽くした表現だろうけど、音楽の使い方がやはり良い。主人公ルイは家族ひとりひとりの話に耳を傾けるポーズを取ろうとするけど、途中から必ずその話し声を音楽が覆い尽くして、同時に彼は紐付けられた自身の記憶へと没入していく。ルイの理解されない苦しみや孤独より、家族みながルイに何かを話したいのに語る言葉を持たないことの方が悲劇だなと感じた。嵐がやってきてから晴れるまでのとてつもなく劇的なシークエンス、すごく良かった!
しかしたとえ心に響く言葉がそこになかったとしてもそれは表面だけのことで、誰しも本質的な何かを語りたがり、それに対してほんの少しの頷きを求めていたのだから、対話をしてこなかったルイには家族のあり方をたったの一言で壊す資格もなければ、丸く収める力だってないのだ。そして部外者であることを選んだからには、起こったごたごたに対して責任を負うこともできない。そういうところほんとに厳しいなと思うけど、それがドラン作品のいいところだと思う。厳しさによって癒える傷もあると思うので…。
時計という偽物の巣箱から飛び出た鳥が家の中で死ぬラストシーン、恐ろしく重いな!
うーら

うーらの感想・評価

4.0
主人公ルイが自分の死期が近いことを知り、それを家族に伝えるために12年ぶりに帰郷する、というお話。

でも、わかりやすい「感動」ではない。
もしかするといわゆる「胸糞」の部類に入るのかもしれない。
登場人物は家族のみ、最後まで一触即発の緊張感の中、会話が繰り広げられる。

・皆に気を遣い萎縮しているようにも見える「兄嫁」カトリーヌ
・場の空気を著しく悪化させる発言を繰り返す「兄」アントワーヌ
・勤めて明るく振舞おうとするがゆえ、空回りしている「母」マルティーヌ
・ルイを神格化しアントワーヌを明らかに軽蔑している「妹」シュザンヌ

肝心の核心に触れることなく会話が進むので、
ルイが何の病気か、過去に何があったのかなどの詳細は不明だが、ゲイであることには触れられているのでそこから汲み取ることはできる。

そしてアントワーヌのルイに対する暴言とも言うべき悪態は、途中まで容姿にも才能にも運にも恵まれた弟に嫉妬しているのかと思っていた。

でも、話が進むにつれどうも様子が違うような気がしてきた。

「いつまでですか?」突如発せられたカトリーヌの一言に、ああ、家族は気づいているのかと。

ルイが消えてからの12年、不器用ながらも兄なりに家族を守り続けてきた心の叫びだったのか。

ラスト、まくし立てながら話を遮ったのも、ルイの帰郷の意図に感づいていて、それを認めたくない、言わせたくないという愛の裏返しだったのか。

家族の愛の形は様々なのだなあ。

そして時計から飛び出した迷い込んだ鳥とエンディング。
はあ。。。

終始、悲しくてうるさくて、どうしようもない気持ちが続いたがこんな形で家族愛を表現するドラン監督の才能に心奪われてしょうがなかった。

またひとつ印象にのこる作品が増えたなあ。
Juliet

Julietの感想・評価

2.7
劇場で鑑賞。

家族に
12年も会わなかった理由も
会いに戻った理由も
理解できる。

私も、
実家が、こうだったから。
hmkry

hmkryの感想・評価

3.5
'あなたのことは理解できない、
だけど愛してる'
家族ってふしぎ。
主人公のルイのふとした仕草がドランに見えちゃうの、これまたふしぎ。

見る術がなかったからやっと見られた感!
Ayano

Ayanoの感想・評価

3.7
ふわふわとした映画。物語の中身を理解するのに必死だった。
私には、この物語の本質を理解することができなかった。(終わったあと、めっちゃ解説サイトを読みました)
まだまだだなぁ……。そういう作品の行間を読む力が。と悔しくなりました。

大好きなドランの監督作品。ドランが作る映画の世界って絵画みたいだなって思う。

セリフは抽象的に、シンプル。独特のカメラワークや俳優さんたちの表情から、物語の内容を視聴者に伝えている。

光の使い方とか、音楽の歌詞とか、それが物語につながっていくのだから、どの場面も見逃せない。

ドランの作品は心に響く時はめっちゃ響くけど、意味がわからんときは本当にわからん。でも、ドランの作品を観て、彼の世界を知りたいと思ってしまうのは何でだろう。ミステリアスな彼のスタイルに惹かれているからだと思う。

この映画のじとじととした、どこか理解できないところ、ドランの『トム・アットザ・ファーム』に似ている。
個人的には難しかった、この映画を観て思ったのは、12年の空白な月日はそう簡単には埋められない。人って結構変わる。
家族との関係を大切にしよう。と思いました。
実家って「私の楽園!」とかって美化されがちなんだけど、意外と自分を縛りつけ、苦しめる地獄みたいなところなのかもしれない。とこの映画を観て思った。

人が死ぬことを「たかが世界の終わり」って言ってしまうドランの言い回しよ…
人生何周したんだよ、ドラン…。
私は、この表現がすごく好きだ。とてもシンプル。腹落ちする。

意味わからんと思ったけど、ずっと気になってしまうのは何故だろう。なんだかんだで、この映画にハマった自分がいるなではないか。
もう1回見たい。
加藤生

加藤生の感想・評価

4.3
めちゃくちゃ苦しい
ガ行の擬音が頭の中で鳴りまくった

演出素敵
マリオンコティヤール素敵
ほ

ほの感想・評価

2.5
地獄か、、、
NN

NNの感想・評価

3.0
こんなにうまくいかないもんかね…映画のいいところは日常生きてたら味わえない感情が得られるところだと思ってるんだけど、、、その点では良くない感情がたくさん得られるいい映画でした。ん?笑
>|