たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

「人は様々な動機に突き動かされて
自らの意志でそこから去る決断をする
振り返ることもなく…

(そしてまた)同じようにー
戻ろうと決意する理由も数多くある

こうして長い不在のあと、僕は決めた
自分が来た道をたどろうと

僕の死を告げるために」


12年振りにルイ(ギャスパー・ウリエル)が家族のもとに帰ってきた

息子を溺愛する母親(ナタリー・バイ)
幼い頃に離れて幻想の中で兄を恋慕う妹(レア・セドゥ)
ルイにコンプレックスを持つ激情派の兄(ヴァンサン・カッセル)
初めてルイに対面する慎ましい兄嫁(マリオン・コティヤール)


それぞれの家族が、それぞれの感情で
少し興奮気味に少しぎこちなくルイを迎えるのだが…



果たしてルイは、大事な告白を遂げることが出来るのか?

そして、家族との空白の年月を埋め、最後の時間を過ごすことができたのだろうか?



上質な戯曲を観ている様

すべてが刺激的で、細胞が覚醒する


エキセントリックな演出に煽られ、逆接に翻弄された中で見えてくる、ある確信


「たかが世界の終わり」
こんなに素晴らしい題名を私は知らない


そして、こんなに美しい愛の物語を私は知らない




以下ネタバレ





もし


利己的に見える言動が、実は相手の為だったと知ったら


もし
見えていることが真実ではなく、まったく見えていないことが真実だとわかったら




絡んでしまった糸がすーとほどけていくように

がんじがらめの魂が解き放たれていく


「怒りも、憎しみも、悲しみも
 そのすべてが “愛” だと知る」byグザヴィエドラン



たくさんある好きなシーンの中でもラストは秀逸


家族の激情が去り静かになった部屋で、ルイがひとり……その眼差しにもう迷いはない

実家の空気を静かに深く吸い込み、光の中へ力強く出ていく、ルイ



このシーンのすべてを目に焼き付けたい



グザヴィエ・ドランは天才
やっぱり音楽。
オープニングの曲が個人的に好き。
音楽が全てを語ってるように感じた。
「日曜日なのに。」母親のセリフに色んな感情が込められていた。
よし

よしの感想・評価

3.4
自分の死を伝えに実家に帰る話。

家族愛が強いからこそ、残され束縛された者の怒りで衝突が起きるのかな〜。
全体的に暗くて難しかった。
mif

mifの感想・評価

3.6
とりあえず、素晴らしい映像美と音楽。

と共に、話もすごく深いので、1回見ただけでは理解するのが難しかった。

とにかく苦しい映画でした。
yumeayu

yumeayuの感想・評価

2.5
飲ま飲まイェイ!

言い出せない僕…
妖怪人間ベラみたいな母ちゃん…
浮かれるヘビースモーカーの妹…
二言目にはキレる兄貴と何も言えない嫁…


12年ぶりに故郷に帰ってきた主人公。
自分の余命について本当に言えなかったのか、言わせてもらえなかったのか。
妹はともかく、他の家族はなんとなく大事な話があることを察していたようにも思える。
ただ、今さらどのツラ下げて来てんのって感じなのだろうか(特に兄貴)。
主人公も好き勝手やってきたツケが回ってきたのかもしれないが、どんだけ仲悪いんだこの家族。
義理姉がなんとか間を取り持とうと気を使っているのが痛々しい。

新進気鋭のグザヴィエ・ドラン監督のパルムドール受賞作なわけですが、正直なところ天才の考えてることは凡人には理解できませんでした。
売れっ子作家でゲイという主人公はドラン監督そのものだと考えると、監督の家族に対する思いが反映されているのだろうか?

描かれているのは日本でいうと「男はつらいよ」「渡る世間は鬼ばかり」みたい。顔を合わせればひたすら口喧嘩。よくもまぁそんなに次から次へと悪口が言えること。

"絆"という言葉を安っぽく掲げた家族映画はこそばゆくて仕方ないが、今作のようにあまりにもリアル過ぎる家族映画も考えものかもしれない。
家族の在り方を問うような内容でもないし、やっぱり他人の喧嘩なんて全然笑えない。延々と何を見せられているんだと気持ちが滅入る。

タイトルがカッコよくて、キャストも豪華だけど、とりあえずドラン監督作品を見ておけばオシャレじゃね? みたいなノリで見ると後悔する。

「世界の終わり」が自分の死を意味するなら、"たかが" をどう解釈するか?
自分達のことで手一杯の家族からしたら、ひょっこり帰ってきたお前の死なんて、"たかが" なことなんだよ! ということなのか⁉︎
いくらなんでも残酷すぎるか…。

色々なレビューを見てなるほどとは思うものの、いまいちピンとこない…。
う〜ん、よくわかんないっす。
フランス語で早口でただただ言い争い……結局人と人は家族であっても分かり合えないってことなのかなぁ??それなら他人同士なら尚更だなって思った。

劇中のセリフで『あなたの事が理解は出来ないが愛してる』って台詞は良かった。
観終わってすっかり疲れてしまいました。
フランスの会話劇。
よく喋るのでしっかりと字幕読んで、でもなぜこんなこと言うのかとか考えていると次の台詞になり意味深な目線やら表情やら目が離せない。
そして主人公ルイは言うべきことをいつ言うのかドキドキ。
お兄さんどこかで見た顔、ブラックスワンの!
お母さんは、アダムスファミリーではないです。
最後のシーン、すごく愛に溢れてるのにそれぞれが家族に対して不器用だから心が苦しくなった。その不器用さがまるで自分の家族を見ているようで、なんとも言えない気持ち。わたしが上京するってなった時にこんなことあったな〜って。家族とはいっても普段から会話がなければお互いを理解し合うことも尊重し合うことも出来ない。家族だから、きつく言ってしまうこともある。だけどその家族っていうくくりにあるだけで、対人間として会話しないと理解し合えないし、本当の家族にはなれないことを知った。
だからなのか、無性に家族に会いたくなった。昔から家族の中で何かを報告したり、たわいもない会話があるわけじゃない。だけど、ママがご飯を用意してくれるのも朝起こしてくれるのも、お父さんがどっか行くたびにお土産買ってきてくれたり、こっそりお小遣いくれたり、わたしが素っ気なくしても近況を聞いてきたり、お兄ちゃんも誕生日の時にはメッセージくれるし、わからないことは聞いたら教えてくれる。当たり前のように思えることも全てが家族への愛だった。食卓での会話が全くないわたしの家族は愛がないと勝手に思ってた。だけど違った。それに今まで気づくこともできなかった自分が情けない。終わって家族のこと考えたら泣けてきた。世界の終わりよりも何よりもこの”愛”がなくなることが一番怖い。会いたい。素直になれる気はしないが。
muu634muu

muu634muuの感想・評価

3.2
家族という関係が決していいものではなく、家族という切っても切り離せない関係だからこそギクシャクしてしまうのかなとこの映画を観て感じた。互いに愛があるのに、それをうまく表現できず伝えられない関係が観ていて辛かった。最後ぐらい不器用なりにも心から家族と呼べる存在になってほしかったけど、この家族にそれは難しかったかと残念な気持ちでいっぱい。このままルイが生涯を終えて、その結果また家族がギクシャクするのは目に見えてるし、この家族が一つになることはもうないんだろうなと思った。家族って大切だけど、時にその近すぎる関係がうっとおしくなることもあるし、難しい関係性だなと改めて感じさせてくれる興味深い映画だった。また、出演者みんな細かな表情を表現するのがうまく、リアリティが出ていて素晴らしかった。
>|