たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

「人は様々な動機に突き動かされて
自らの意志でそこから去る決断をする
振り返ることもなく…

(そしてまた)同じようにー
戻ろうと決意する理由も数多くある

こうして長い不在のあと、僕は決めた
自分が来た道をたどろうと

僕の死を告げるために」


12年振りにルイ(ギャスパー・ウリエル)が家族のもとに帰ってきた

息子を溺愛する母親(ナタリー・バイ)
幼い頃に離れて幻想の中で兄を恋慕う妹(レア・セドゥ)
ルイにコンプレックスを持つ激情派の兄(ヴァンサン・カッセル)
初めてルイに対面する慎ましい兄嫁(マリオン・コティヤール)


それぞれの家族が、それぞれの感情で
少し興奮気味に少しぎこちなくルイを迎えるのだが…



果たしてルイは、大事な告白を遂げることが出来るのか?

そして、家族との空白の年月を埋め、最後の時間を過ごすことができたのだろうか?



上質な戯曲を観ている様

すべてが刺激的で、細胞が覚醒する


エキセントリックな演出に煽られ、逆接に翻弄された中で見えてくる、ある確信


「たかが世界の終わり」
こんなに素晴らしい題名を私は知らない


そして、こんなに美しい愛の物語を私は知らない




以下ネタバレ





もし


利己的に見える言動が、実は相手の為だったと知ったら


もし
見えていることが真実ではなく、まったく見えていないことが真実だとわかったら




絡んでしまった糸がすーとほどけていくように

がんじがらめの魂が解き放たれていく


「怒りも、憎しみも、悲しみも
 そのすべてが “愛” だと知る」byグザヴィエドラン



たくさんある好きなシーンの中でもラストは秀逸


家族の激情が去り静かになった部屋で、ルイがひとり……その眼差しにもう迷いはない

実家の空気を静かに深く吸い込み、光の中へ力強く出ていく、ルイ



このシーンのすべてを目に焼き付けたい



グザヴィエ・ドランは天才
r

rの感想・評価

3.6
剥き出しの感情が刺さった。
kiki

kikiの感想・評価

3.5
物置きでの思い出が出てくるシーンの音楽がハープの音が効いててイイ。
IzumiSato

IzumiSatoの感想・評価

4.0
絵が綺麗でその分切なくなる。
あと家族にこんだけ怒鳴って、ぶつかる子供ってあんまり日本に無いような。
感情的になれるのもある意味良いのかもね。
かの

かのの感想・評価

2.7
少し難しいお話だった。
1人の人の世界が終わってしまう事を表しているのだけど、一言も自分がいなくなる事を言わなかった。家族との関係性や繋がり、懐かしい景色もちょっぴり全部寂しくて、苦しい気持ちになった。
ただ、カットや絵はすごく綺麗で難しいストーリーの中でも、見ていて飽きなかった。特に最後の、死を人としてではなく鳥として見せるのは私の中で新しかった。
また、部分的に曲が流れていて、それがストーリーとも絡んでる気がして、曲がステキでした。
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.0
家族って一番近くにあり難しい。
ヴァンサン・カッセルがいい。
へい

へいの感想・評価

-
ちょくちょく家に帰ることが大事
定期的にどうでもいいフランス映画観たくなる症候群。

といってもこれはレア様とマリオン・コティヤール様が出てるので予てより観たいと思ってました。そして初グザヴィエです。わりと好きなやつでした。
とにかくレア様とマリオン・コティヤール様が美しいし、俳優の顔をドアップで撮しちゃうのも好きです。登場人物が5人しかいないのもわかりやすくて適当に観るには丁度良い。なので定期的にどうでもいいフランス映(割愛)

しかし長男カッセルの卑屈オブ卑屈であー言えばこー言うがすごくて逆に笑えました。人をイラつかせる天才(笑)
ヴァンサン・カッセルの顔がわりと間抜けなので笑えたのかも(失礼極まりない)
もえ

もえの感想・評価

3.3
ムズい…!

フランス映画の独特さが強い。

本音で向き合える家族って少数なのかもしれない。
されど世界の終わり
>|