たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

あらすじ

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

Sayakatko

Sayakatkoの感想・評価

3.7
主人公が全然喋らないから周りの人の言葉や表情主人公の視線の先の景色で、これから何か起こるのか起こらないのか 彼らの間にはどんな過去があるのか…とじっくり考えながら観ちゃう映画。
何となく告白したいことが分かるんだけど、全然言えない主人公にイライラするw 言えないことによって描かれる家族の複雑な感情のぶつかり合いこそが醍醐味なんだろうけど兎に角イライラするw

母親が「あなたのことは理解できないけど愛してる この愛は誰にも奪えない」って息子に言うシーンが格好良い。
陰影の中に浮かぶ派手なアイシャドウの色がすごく印象に残った。
俳優陣豪華。演技ありき。演者が良くなかったら多分結構つまらない映画になってたと思う。
なんとも評価し難い作品ではあるけど、独特な世界観と素晴らしい演技に後々まで引きずるような作品🌟
映画って素晴らしい😎
イハラ

イハラの感想・評価

4.0
2019/1/17
まずタイトルが素晴らしすぎる。配信にないため珍しくDVDを買ったが、豪華版の装丁も素敵で、部屋に飾ろうと思う。内容はいわゆるアート系だが、ひたすら意味のない話をするという会話劇。ヴァンサン・カッセルは『ドーベルマン』のイメージしかなかったけど、繊細な芝居も上手いと知った。ラストは想像通りだったが、それでもやはりグッとくる。同じドラン監督である『マミー』ほどの衝撃はなかったが、逆光気味の撮影やスローモーション、そして何よりも音楽が素晴らしい。
フランス映画は退屈な時間は多いが、色彩と陰陽の使い方が本当に上手だと思う。たしかに、胸をえぐられたような気持ちにはなったが、それが何に起因するのかを理解するのは難しかった。主人公の顔に常にどこかしら陰があるのが印象的だった。
よしい

よしいの感想・評価

4.5
長男と弟の関係の描き方がとてもリアル。親に甘えるのが上手で、家族のしがらみとは無縁に生きる弟への嫉妬にめっちゃ共感。

長男て必要ない責任をなぜか感じてしまうんだよな、と改めて思った。
望

望の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

既視感しかない、この抑圧感
笑うことも泣くこともなかった、押し殺されて無になる

それでも繋がりを求めてしまうのはどうして?無理しなくていいよ、したくないよって思っちゃう
ドラン監督の才能にまたしても嫉妬してしまう作品だった。

ストーリー的は終始暑苦しく意味不明。しかし、そんなストーリーをもドランさんの美的センスでいい感じに美化されてしまう。

音の入れるタイミング、光のうつしかた、音楽の選曲。どうしたらここまでハイセンスな人になれるのか、、、

彼が作り上げた作品は、映画というよりは一つの「芸術作品」としていつも見ている。正直に言ってしまうとストーリーなどはどうでもいいのだ。彼の解き放つ世界観に浸りたい。その一心でいつも画面に食い入っている。

ドランの作品の中では一番スコアが低いがこれはこれで素晴らしい。

早く新作が見たいなぁと思います。

ドランの作品は好き嫌いがきっぱり分かれると思いますな。

ぜひ。
sai

saiの感想・評価

3.7
“家は救いの港ではない”

まさにドラン映画。やはりこの人の作る母親像は上手い。単に自分の母親に通じるものがあるからなのかもしれないが。ルイの回想シーンでは相変わらずのドラン美学が見てとれた。ドランは、自分の持つ幻想と現実を客観的に表現するのに長けた監督なのだと思う。
マリオンコティヤールはどの映画でもファムファタールって感じで、存在感が凄いなと改めて思いました。
ぴ

ぴの感想・評価

-
家の苦しさを思い出してしまう映画。しんどい。

気を使って話しかけるとしても思いやらないのは意味がないんだなぁ。
>|