たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

anemone

anemoneの感想・評価

2.5
ひたつ屋根の話で逢いにきて話にきたのにただただ過ぎてく時間を見てるだけ
色んな何年も会ってない ぎすぎすした
言葉じゃない 心情があって
微々な表情や言葉をみたり聞くのが面白かった。
最後まで分かり合えない感が、逆に救われたんじゃないかな
育

育の感想・評価

3.9
表現手法が極められていて素敵だなぁ。
時と光の操り方が美しい。

「内」と「外」の関係性を時間と感情を織り交ぜながら、音楽と画面の表情とで刻々と描いていく感じ、すごく好きです。
最後の鳩のシーンが印象的だった。外に出て、傷ついたけれども、家に帰れず床で死んでしまう。きっとあれは「私の家には窓がない」っていう冒頭のワンフレーズともかかっているはず。
eriok

eriokの感想・評価

3.5
個人の欲望を追求するのを良しとする社会の家族像。家に残った凡庸な兄弟の焦燥、羨み、憧れ、苛立ち。いくら日本よりマイノリティに寛容なカナダ、(いや、ここはフランスか?)とはいえ、成功したゲイのアーティストが死に際にノスタルジーとともに実家に戻っても、12年の空白で頭の中で肥大した恋しい家族は、生々しい狂気で迎えるしかない。美しいな、ギャスパー・ユリエル。あの口元がたまりません。家族の配役も良かった。兄役ヴァンサン・カッセルの気持ち、わからんでもない。
90年代なら、死因はHIVというパターンだけど、昨今は違うのかな?
geru

geruの感想・評価

3.4
映画としてはとても美しいものの、見ていてとても苦しくて不快な作品。もどかしい。
よくわからなかったけど、
解説を読んで、理解できなかった兄の怒りが少し理解できて、
重いのが、心に残った。

映像が、綺麗な外国、じゃなくて、
どこか懐かしい田舎の現実を映していて、
そこが逆に幻想的でもあり、だからこそすごくリアルな、ひりひりしたシーンを引き立てていたと思う。
rio

rioの感想・評価

4.0
不快な会話。重い空気。リアルさが胸に残る。
また観たい作品です。
たかが世界の終わり。
ずっとイライラして観てしまったのだが、それは何故って、今の現実、家族はドランの描く通り、苛立ちに溢れてる。既視感が凄い。

ドランの過去作の中でも地味だったのでは?

なんかアントワーヌ と自分も長男だから
なんか分かるわーみたいなw

家族で観たらカオス映画だろうな


不器用な人間を作るのドラン天才だと思うわ 。

ただ人選に関しては 今までで1番好きだったかもしれない 特に女優陣

こういう大きな展開ない癖に面白い映画好み
>|