シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人の作品情報・感想・評価

シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人2013年製作の映画)

Two Raging Grannies

上映日:2015年09月19日

製作国:

上映時間:82分

3.1

「シャーリー&ヒンダ ウォール街を出禁になった2人」に投稿された感想・評価

Yuka

Yukaの感想・評価

3.0
この歳でこんなに意欲とか行動力とかを持って生きてるのってすごい。経済について私もちょっと考えさせられるきっかけになったから、それだけでも2人の映画をつくった意義はあったし、それが2人の意図なんだと思う。やり方はちょっとついていけないところあったけど。
まぁ

まぁの感想・評価

3.3
邦題が凄いけれど…(笑)

「経済成長は必要なのか?」という疑問を
持ったおばあちゃん2人が、行動を起こす…というドキュメンタリー作品…☆

母校の経済学部の聴講生になったり…
投資家に電話したり…
専門家に話を聞いたり…
ニューヨークのウォール街で開かれるパーティに参加したり…
…と…その「行動力」が凄いな…と思った…♡

「学ぼう」とする姿勢は素敵だな…と思ったし…
「どういう生活が望ましいのか?」…と考える姿も…カッコよかった…♡

「未来の地球」…「子孫たち」が困らない生活を…という願いも…分かった…♡

(…おばあちゃん2人の「会話」が面白くて…(笑)…クスクス…と…(笑)
キュートで可愛らしい2人……「親友」って良いな…♡)

専門家の話より…街頭で答えた一般市民の声に…頷いてしまった…

「経済」…難しい…(汗)
…でも…「生活に直結していることだから」…私も考えないといけないな…と…良い刺激を貰った…(o^^o)


yurina

yurinaの感想・評価

3.5
学ぶことに歳は関係ないことを教えてくれる。たしかに経済成長って先進国はもう必要なくて、それよりどうやって有限資源と向き合うかが大切。ただちょっと非常識な場面もあり気になった。
佳乃子

佳乃子の感想・評価

3.7
こんな親友が欲しい!!
“問題児”シャーリーと、文句を言いながらもそれについて行くヒンダ。パワフルで可愛い。
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

3.8
(過去観賞記録)
パワフルなおばあちゃん2人組のドキュメンタリー。

90歳近くになってから「国の経済」について疑問を持ち、ニュースを調べ、インターネットを駆使し、貪欲に知識を取り入れていく。

印象に残ってるシーンは大学の講義のシーン。たくさん質問をしたら「授業の妨げになる」と追い出され、それでも食いつくおばあちゃん'sの元気さ。スゴイ。

ふと自分を振り返る。
「あと○年若かったら…」なんて言葉を使ってるうちは、何年遡ったところできっと動かない。だからありきたりな言葉だけど、この先「今」より若い時間は訪れないんだから、どんどん「今の若いうちに」動いたほうがいい。

そんな気持ちにさせられた映画でした。また年代の節目には観たい作品✨
Webarenyo

Webarenyoの感想・評価

4.0
面白いドキュメンタリー(風?)映画です。あの年でも、溢れんばかりの好奇心を持てるのは1つの才能ですね。

経済学を学び、持続可能経済の修士も持つ私ですが、楽しくみることができました。資本主義や環境問題や教育に関わらず、いつもとは違ったことを考えるきっかけになる映画になると思います。
おは

おはの感想・評価

3.0
おばあちゃんでなくても
よかったのかもしれないけど、

質素で素直な生活と
純粋に孫の未来を考える愛溢れる眼差しとかイチイチ

やっぱりおばあちゃんじゃなきゃ
説得力がない。

内容も確かに
成長って資源に頼ってて
資源って限りがあるから
確かにどーなのって思わされる。
Kadosaki

Kadosakiの感想・評価

3.0
キテレツ婆さん
たくや

たくやの感想・評価

1.7
これが映画ですか?映画製作の意義が感じられない。この内容で映画製作する理由が知りたい。おそらく90代でもこんなに元気なんですよと言うことが言いたいのかも知れませんが、2人の老女の言っていることが的外れで鬱陶しいだけ。老女は経済の成長と言っていますが、大学の講義で質問がほとんど文句にしか聞こえない。講義の邪魔。NYCでの集会での警備員の罵倒が生々しく、自分でも同じ事を思うかもしれない。
ウォール街から出禁と言うことは除け者にされてると思ってるんでしょうが、かなり人生楽しめてるじゃないですか?何が不満なのか全く理解できない。
>|