抹茶マラカス

ハーモニーの抹茶マラカスのネタバレレビュー・内容・結末

ハーモニー(2015年製作の映画)
3.7

このレビューはネタバレを含みます

沢城さんのモノローグの安定感は素晴らしい。良い映画でした。
ラストの改変、これだけが…
トァンとミァハは相思相愛なんかじゃ無いと思うんですよ。寧ろそこに互いに愛はない。ミァハは道連れを探しているだけだし、トァンは盲目的について行ける偶像あるいは道標を求めていた(ヌァザを撃ったインターポールの彼のように)
だからこそ原作のラストに繋がるのだ。
端的に言えばこの映画では、トァンは意識のある人間ではなく、意識のない狂信者なのだ。