ハーモニーの作品情報・感想・評価

ハーモニー2015年製作の映画)

上映日:2015年11月13日

製作国:

上映時間:120分

3.4

あらすじ

アメリカで発生した暴動をきっかけに世界を戦争と未知のウィルスのるつぼに叩き込んだ「大災禍(ザ・メイルストロム)」。政府は弱体化し、やがて、人間こそ最重要の公共リソースであると位置づける高度発達医療社会<生府>が立ち上がった。<生府>により、人々は「健康」と「優しさ」を尊ぶ“生命主義”の名の下に、美しく管理されることに。霧慧トァンは“生命主義”への違和感をぬぐうことができず、禁止された酒や煙草を嗜…

アメリカで発生した暴動をきっかけに世界を戦争と未知のウィルスのるつぼに叩き込んだ「大災禍(ザ・メイルストロム)」。政府は弱体化し、やがて、人間こそ最重要の公共リソースであると位置づける高度発達医療社会<生府>が立ち上がった。<生府>により、人々は「健康」と「優しさ」を尊ぶ“生命主義”の名の下に、美しく管理されることに。霧慧トァンは“生命主義”への違和感をぬぐうことができず、禁止された酒や煙草を嗜んでいた。かつて彼女の友達だった御冷ミァハ。成績優秀でありながら、<生府>の管理を憎悪する少女。トァンはミァハに心酔していた。「私たちは大人にならないって、一緒に宣言するの」ミァハの導くままに死を試みる2人。そしてミァハだけが死に、トァンだけが取り残された。それから13年が経ち、ある犯行グループによって同時に数千人規模の命を奪う事件が発生。人々を再び恐怖に陥れる。犯行声明として発せられた彼らの「宣言」は、死んだはずのミァハの思想そのもの…。トァンは事件の真相を求めて立ち上がる。

「ハーモニー」に投稿された感想・評価

映像化は『屍者の帝国』より大変だったのでは。なんとか映像で見せようとはしてるけどどうしても言葉での説明が必要で会話劇中心に。名刺や衣装、色彩のデザインなど良いし、わりと原作には忠実だけど、原作読んでないと分かりにくい気が。しかもそこ改変しちゃうのか……

何となくビジュアル化しやすいように思ってたけど、少なくともこの作品に関しては、伊藤計劃の作品はあくまで文学であったなあと思ってしまう。原作に忠実であればあるほど。沢城みゆき始め声の演技はとても良かったですけどね。あとetmlをちゃんと出したのはエライ。
mikan

mikanの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

意識のない、選択のないシステマティックな世界では、人間は生きていると言えるのか。生の自由を求めた昔の彼女への愛情が歯止めになるとは。
くるくるまわるカメラワークが、遺伝子の螺旋構造を思い起こさせる。
映画化3作品の中では一番原作が好きです。
ただ映画化はというとやっぱり……。髪が赤かったり白かったり、キャラデザがややアニメ寄りでちょっと気になりました。あとはやはり映画単体で見た時のストーリーが弱い。
小説が好きなので映画化してくれるだけで嬉しい作品です。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

1.0
SFアニメ映画。原作者は”屍者の帝国”の同じくの伊藤計画。でもなにを伝えたいかさっぱりわからない。意味不明。病気も戦争もない未来に、人々があるシステムに繋がってる。でもその平凡で平和の暮らしが満足できない若い少女が、人を洗脳して、システムから管理できないものはひとつ。。。それは自分の命。ある日同じ時間で集団自殺が発生。これはシステムの不具合か、誰かの仕業なのかって話。映像もそんなに良くないし、話を理解しようとすると頭が混乱するだけだ。個人的におすすめはできませんね。残念!
御冷ミァハの出来が良過ぎる。上田麗奈の演技なんだあれ、天才じゃん

このレビューはネタバレを含みます

救済。
ハッピーエンド。
その選択は必然。
故 伊藤計劃先生が描く世界の中で最も理想的だと感じるが、人間のエゴイズムが尚更滲み出てしまっている危険性を孕む世界観。STUDIO4℃の綺麗なアニメーションに見惚れるばかり。
つつつ

つつつの感想・評価

4.0
優しさが人を殺す この国をすごく表してる言葉やなと反応してしまった。
近未来の世界を描いてるけど、全然SF的に感じない。こんな形になっていくのかもしれんと思えるのが、現在のテクノロジー。
どう進んでいくんやろなぁ。
>|