ハーモニーの作品情報・感想・評価

ハーモニー2015年製作の映画)

上映日:2015年11月13日

製作国:

上映時間:120分

3.4

あらすじ

アメリカで発生した暴動をきっかけに世界を戦争と未知のウィルスのるつぼに叩き込んだ「大災禍(ザ・メイルストロム)」。政府は弱体化し、やがて、人間こそ最重要の公共リソースであると位置づける高度発達医療社会<生府>が立ち上がった。<生府>により、人々は「健康」と「優しさ」を尊ぶ“生命主義”の名の下に、美しく管理されることに。霧慧トァンは“生命主義”への違和感をぬぐうことができず、禁止された酒や煙草を嗜…

アメリカで発生した暴動をきっかけに世界を戦争と未知のウィルスのるつぼに叩き込んだ「大災禍(ザ・メイルストロム)」。政府は弱体化し、やがて、人間こそ最重要の公共リソースであると位置づける高度発達医療社会<生府>が立ち上がった。<生府>により、人々は「健康」と「優しさ」を尊ぶ“生命主義”の名の下に、美しく管理されることに。霧慧トァンは“生命主義”への違和感をぬぐうことができず、禁止された酒や煙草を嗜んでいた。かつて彼女の友達だった御冷ミァハ。成績優秀でありながら、<生府>の管理を憎悪する少女。トァンはミァハに心酔していた。「私たちは大人にならないって、一緒に宣言するの」ミァハの導くままに死を試みる2人。そしてミァハだけが死に、トァンだけが取り残された。それから13年が経ち、ある犯行グループによって同時に数千人規模の命を奪う事件が発生。人々を再び恐怖に陥れる。犯行声明として発せられた彼らの「宣言」は、死んだはずのミァハの思想そのもの…。トァンは事件の真相を求めて立ち上がる。

「ハーモニー」に投稿された感想・評価

映像化は『屍者の帝国』より大変だったのでは。なんとか映像で見せようとはしてるけどどうしても言葉での説明が必要で会話劇中心に。名刺や衣装、色彩のデザインなど良いし、わりと原作には忠実だけど、原作読んでないと分かりにくい気が。しかもそこ改変しちゃうのか……

何となくビジュアル化しやすいように思ってたけど、少なくともこの作品に関しては、伊藤計劃の作品はあくまで文学であったなあと思ってしまう。原作に忠実であればあるほど。沢城みゆき始め声の演技はとても良かったですけどね。あとetmlをちゃんと出したのはエライ。
マイノリティ・リポートでも描かれていた、徹底的な管理社会っていうのは、この先訪れてしまう気がする。

人類永遠のテーマである、健康のためなら、何を持ってもそれを手に入れたいと思うだろう。

でも右へ倣えが当たり前になって、周囲の人の目を気にして、統制されていった後の世界が、人類にとってのユートピアなのか?

そういった警鐘を、この作品からは感じる。

自分の意識さえもコンピュータにコントロールされるようになったら、はたして、生きている意味はあるのだろうか?

限られた時間の中で、自分が生まれてきた意味を実感できたなら、それが命を燃やして生き抜いたことに繋がる気がする。

自分がこうしたい!と思ったことに時間を費やしたい。

なんかもう、こんな社会になるのは嫌だ!と思わせてくれる作品。
黙っていたら、こうなっていってしまう感覚に陥りますね。

「虐殺器官」という衝撃的なタイトルと、CMによって強烈に興味を持っていかれてこの作品を観ました。

原作者、伊藤計劃さん。
もう亡くなられたということで、本当に残念でしかないですね。

小島秀夫さんを敬愛されていたそうで、スナッチャーからファンになり、メタルギアにも心酔していたんだとか。

それを読んで、納得の世界観。

最初に大塚明夫さんの声のキャラが出るのもオマージュか。

もしまだ生きていたら、野崎まどさんと並び、日本のSF作品を引っ張っていってどんどん面白いことになっていったのかなぁと妄想しちゃいますね。

とはいえ、僕はもっと硬派なメタルギアな世界観が好きなので、百合感爆発の映像は、見ていて辛かった。。

話は惹き込まれるものがあるのですが、それがもう全体の評価を押し下げてます。

虐殺器官の絵で作って、もっと硬派な仕上がりになったら、より良くなったんではないでしょうか。

こういうのに、あんまりエロ要素はいらない派なので。
意味があるならいいけどね。。
ひろ

ひろの感想・評価

3.8
完璧な管理の残酷性。秩序も無秩序もどっちもしんどい(~_~;)人ってどこまでも残酷になれるんだろうなって思う。なんの心配もない世界は果たして満足なのだろうか?幸せってそういうことなのか、色々考えさせられた(о´∀`о)
ハーモニー、原作のとある場面をどう表現するのかと思っていましたがこういう表現方法があるのかと、驚いたと同時に合点がいった
リク

リクの感想・評価

4.0
ディストピアものの中で終わり方が一番好き!
ただ映画は絵が少し残念…
主題歌のGhost of a smileは終わった後聞くと心にしみます
ガーコ

ガーコの感想・評価

5.0
大好きな作品。

この世界はWatch meというナノマシン遺伝子に管理されています。

平和を人工的に作り出した世界では、機械によって健康や生活を守られながら生きているのです。

一見理想郷とされる幸せな世界。

でも、トァンにとってここは、優しさに殺された死の世界なのです。

この幸せに満ち溢れた世界で苦しむ人間たちを解放しようとするトァン。

与えられた健康や幸せは、本当の意味での優しさと言えるのでしょうか?

人工的に作られた理想郷に、果たしてどこまで人間はついていけるのでしょう。

全てが完璧な世界なんて、本当は存在しないのかもしれません。
sono

sonoの感想・評価

4.3
評価は良い。最高にいいディストピア作品。

SNS時代、プライバシーの定義が変わろうとしている。同調圧力と善意の押し付け。

伊藤計劃の死後、時代は彼の世界に着々と近づいている気がする。

映像と音楽も素晴らしい。が内容は重く気軽には人と一緒に見にくい(少なくとも自分は)。たまに無性に見たくなる作品。
原作未読だけど、多分この時間で詰めこめれるほど簡単な話ではなかったんだろうなぁと思った。伝えたい意図は分からなくもないけど、感情移入はできなかった。
KYM

KYMの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

オチの人間から意識を消す決定がなされるまでの流れが丁寧に描かれていて面白い
小説版に比べて百合押しが強い
最後のシーンも小説版とは違い百合要素が強くなった
tatemasyu

tatemasyuの感想・評価

3.2
屍者の帝国が好みだっただけに、少し置いてけぼり感があった。
でもみゆきちは素晴らしかった。
>|