ハーモニーの作品情報・感想・評価

ハーモニー2015年製作の映画)

上映日:2015年11月13日

製作国:

上映時間:120分

3.4

あらすじ

アメリカで発生した暴動をきっかけに世界を戦争と未知のウィルスのるつぼに叩き込んだ「大災禍(ザ・メイルストロム)」。政府は弱体化し、やがて、人間こそ最重要の公共リソースであると位置づける高度発達医療社会<生府>が立ち上がった。<生府>により、人々は「健康」と「優しさ」を尊ぶ“生命主義”の名の下に、美しく管理されることに。霧慧トァンは“生命主義”への違和感をぬぐうことができず、禁止された酒や煙草を嗜…

アメリカで発生した暴動をきっかけに世界を戦争と未知のウィルスのるつぼに叩き込んだ「大災禍(ザ・メイルストロム)」。政府は弱体化し、やがて、人間こそ最重要の公共リソースであると位置づける高度発達医療社会<生府>が立ち上がった。<生府>により、人々は「健康」と「優しさ」を尊ぶ“生命主義”の名の下に、美しく管理されることに。霧慧トァンは“生命主義”への違和感をぬぐうことができず、禁止された酒や煙草を嗜んでいた。かつて彼女の友達だった御冷ミァハ。成績優秀でありながら、<生府>の管理を憎悪する少女。トァンはミァハに心酔していた。「私たちは大人にならないって、一緒に宣言するの」ミァハの導くままに死を試みる2人。そしてミァハだけが死に、トァンだけが取り残された。それから13年が経ち、ある犯行グループによって同時に数千人規模の命を奪う事件が発生。人々を再び恐怖に陥れる。犯行声明として発せられた彼らの「宣言」は、死んだはずのミァハの思想そのもの…。トァンは事件の真相を求めて立ち上がる。

「ハーモニー」に投稿された感想・評価

映像化は『屍者の帝国』より大変だったのでは。なんとか映像で見せようとはしてるけどどうしても言葉での説明が必要で会話劇中心に。名刺や衣装、色彩のデザインなど良いし、わりと原作には忠実だけど、原作読んでないと分かりにくい気が。しかもそこ改変しちゃうのか……

何となくビジュアル化しやすいように思ってたけど、少なくともこの作品に関しては、伊藤計劃の作品はあくまで文学であったなあと思ってしまう。原作に忠実であればあるほど。沢城みゆき始め声の演技はとても良かったですけどね。あとetmlをちゃんと出したのはエライ。
JunToku

JunTokuの感想・評価

4.0
なるほど、こういう未来も考えられるのかと。辛い体験をした人は意識のあり方がちがうのかな。難しい。
maki

makiの感想・評価

3.6
管理された幸福のディストピアか
病気と老いに悩まされる自由

伊藤計畫アニメ化2本目です。

屍者の帝国より断然こちらの方が
好みで面白かったです。
最後まで引き込まれました。

こてこてアクションのSFより
哲学的に考えさせられる未来の
話の方が好きみたいです。

静かな映像と女性をメインに
雰囲気を重視した演出が微妙なさじ加減でとても良いです。

平和で優しいピンク色の世界と
重くて苦しいキャラクター達の
空気感がゾクッとさせてくれます。

特にミァハは、声が可愛らしくて
紡ぎ出される言葉の知性さに
もっと聞いていたいと思ってしまうほど
カリスマ性がありました。

原作読んで見たくなりました。
Ryosei

Ryoseiの感想・評価

3.9
また観る。
snowmovix

snowmovixの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

原作が本当に秀逸で伊藤さん天才だとわかるところを、可能な限り忠実に表現されていて映像化されても堕ちてない作品。百合作品として見られることが多いけど、私は決して百合がメインテーマだとは思わない。彼女達は物語の語り部であり、ストーリー上の駒だと考えている。ただ、ミャハの台詞で「このからだも、このおっぱいも、このおしりも、この子宮も、わたしのもの。そうじゃない?」て言ってたときの儚げなでも何かを確信しているあの表情はなんとも言えなかった。
りた

りたの感想・評価

3.8
伊藤計劃が描く原作の方がやっぱり好きだけど、でもあの原作を視覚化するのは難しいと思うから、表現できてる方なんじゃないなーと思いつつ鑑賞。

若干設定が変わってて、「…ん?」となるところもあったけど、大枠は変わってなかったので、安定の重みでした。
言葉は人を殺せる。

これまでSFジャンルにさほど興味なかったけど、彼の描く近未来SFはすごく皮肉というか、哲学というか、そういうのが込められているから好き。
せんだ

せんだの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こういうディストピアが好みなので、良かった…。重いねぇ。端々の言葉が素敵。孤独の持久力。
愛情をもとに、調和された意識の世界に行って欲しくないというトァンのエゴが後天的に生まれたミァハの意識を永遠に救ったのか〜〜フゥム…
後天的に獲得したミァハの意識は、物質的な紙の本だったりに興味が向くけれど、それを知っての喜びはなく、悲しいほどに絶望しているのかなぁ…
原作未読につき、あまり内容に入り込めなかった作品。
自我を無くしても健康で長寿の世界で生きるか、自我を持ち続けて争いや病のある世界で生きるか、考えさせられるような内容?なんでしょうか...ちょっと自信ありませんが...
グロい描写もあり、全体的に重い話で、ちょっと自分には合わない感じでした。
つる

つるの感想・評価

3.5
やはり小説
>|