ハーモニー(2015年製作の映画)

上映日:2015年11月13日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    なかむらたかし
    マイケル・アリアス
    原作
    伊藤計劃
    キャスト
    沢城みゆき
    上田麗奈
    榊原良子
    大塚明夫
    三木眞一郎
    森田順平
    あらすじ
    アメリカで発生した暴動をきっかけに世界を戦争と未知のウィルスのるつぼに叩き込んだ「大災禍(ザ・メイルストロム)」。政府は弱体化し、やがて、人間こそ最重要の公共リソースであると位置づける高度発達医療社会<生府>が立ち上がった。<生府>により、人々は「健康」と「優しさ」を尊ぶ“生命主義”の名の下に、美しく管理されることに。霧慧トァンは“生命主義”への違和感をぬぐうことができず、禁止された酒や煙草を嗜んでいた。かつて彼女の友達だった御冷ミァハ。成績優秀でありながら、<生府>の管理を憎悪する少女。トァンはミァハに心酔していた。「私たちは大人にならないって、一緒に宣言するの」ミァハの導くままに死を試みる2人。そしてミァハだけが死に、トァンだけが取り残された。それから13年が経ち、ある犯行グループによって同時に数千人規模の命を奪う事件が発生。人々を再び恐怖に陥れる。犯行声明として発せられた彼らの「宣言」は、死んだはずのミァハの思想そのもの…。トァンは事件の真相を求めて立ち上がる。

    「ハーモニー」に投稿された感想・評価

    映像化は『屍者の帝国』より大変だったのでは。なんとか映像で見せようとはしてるけどどうしても言葉での説明が必要で会話劇中心に。名刺や衣装、色彩のデザインなど良いし、わりと原作には忠実だけど、原作読んでないと分かりにくい気が。しかもそこ改変しちゃうのか……

    何となくビジュアル化しやすいように思ってたけど、少なくともこの作品に関しては、伊藤計劃の作品はあくまで文学であったなあと思ってしまう。原作に忠実であればあるほど。沢城みゆき始め声の演技はとても良かったですけどね。あとetmlをちゃんと出したのはエライ。

    こういう系あたしには難しい
    原作見てからの方が良かったかな…?
    面白かったけど、やはり原作を初めて読んだときの興奮は超えなかった。
    それでもやはり素晴らしい作品だと思う。
    伊藤計劃の世界観。
    素晴らしい。
    アニメはこういうのを表現するにはもってこいのコンテンツ
    伊藤計劃難しい
    虐殺器官に続いて伊藤計劃2作目。

    映像は比較的綺麗。
    CGも使ってるからかアングルがダイナミック。ブレや一人称視点とかを上手く使っていて良かったです。

    以下はただの垂れ流し
    【戦場での極限の環境で生まれた「意識」は優しさが支配するユートピア(ディストピア)にも合わなかった。だから「混沌」で支配し、「意識」も何も無い「調和」の道へと歩ませる。
    他者への恐怖、管理への依存、自由意志、「ほどほど」を上手く楽しむこと。
    依存することと恐れることは表裏一体。】

    虐殺器官の時もそうでしたがこのproject Itoh は映画観て原作読むまでがセットなので、是非観終わった後に原作を!
    どうしてもアニメになると薄れてしまう部分、描ききれない部分があると思うので。

    好き嫌い分かれる万人受けする作品ではないことはわかるんですが、もっと伊藤計劃の知名度が上がってもいいんじゃないかなと思ってます。
    みんな!!観て!!
    原作未読
    天才SF作家伊藤計劃著ハーモニーの映像化作品。日本SF大賞、星雲賞、フィリップkディック賞特別賞を受賞した原作小説は傑作。読み物としては虐殺器官やガンズオブパトリオットの方が好みだったけど、SF作品としての圧倒的な世界観はやはりハーモニー。ストーリーが抜群なだけにトァンとミァハ以外のキャラデザが子供っぽすぎて浮いている印象だった。こればっかりは好みだろうけど。だから二人のやりとりが続く終盤は最高だった。
    個人的には屍者の帝国より好きな作品!
    屍者の帝国は独特な世界観の上に登場人物がとんでもコラボレーションで面白い。他の作品に比べて設定は単純だけど、掘り下げてる部分はしっかり凝っていたのが流石でした。
    強いて言うなら他の伊藤計劃さんの作品とは若干系統が違うので、好きだった部分が少し欠けている所が残念でした。
    が、ハーモニーはサイコパス系のSFが好きなら好きかと。完全に近未来のシステムに心理も社会も生活のほとんどが統括された世界とか、1人の異質な存在が何かを成そうとするっていう設定がとにかくドツボ。なので虐殺器官もとても観たい。。
    単純に面白いのとアニメか本でしか表現できない部分がすごく魅力的です。
    >|