ハーモニー(2015年製作の映画)

上映日:2015年11月13日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    なかむらたかし
    マイケル・アリアス
    原作
    伊藤計劃
    キャスト
    沢城みゆき
    上田麗奈
    榊原良子
    大塚明夫
    三木眞一郎
    森田順平
    あらすじ
    アメリカで発生した暴動をきっかけに世界を戦争と未知のウィルスのるつぼに叩き込んだ「大災禍(ザ・メイルストロム)」。政府は弱体化し、やがて、人間こそ最重要の公共リソースであると位置づける高度発達医療社会<生府>が立ち上がった。<生府>により、人々は「健康」と「優しさ」を尊ぶ“生命主義”の名の下に、美しく管理されることに。霧慧トァンは“生命主義”への違和感をぬぐうことができず、禁止された酒や煙草を嗜んでいた。かつて彼女の友達だった御冷ミァハ。成績優秀でありながら、<生府>の管理を憎悪する少女。トァンはミァハに心酔していた。「私たちは大人にならないって、一緒に宣言するの」ミァハの導くままに死を試みる2人。そしてミァハだけが死に、トァンだけが取り残された。それから13年が経ち、ある犯行グループによって同時に数千人規模の命を奪う事件が発生。人々を再び恐怖に陥れる。犯行声明として発せられた彼らの「宣言」は、死んだはずのミァハの思想そのもの…。トァンは事件の真相を求めて立ち上がる。

    「ハーモニー」に投稿された感想・レビュー

    てくのすけ
    てくのすけの感想・レビュー
    2015/11/17
    3.0
    映像化は『屍者の帝国』より大変だったのでは。なんとか映像で見せようとはしてるけどどうしても言葉での説明が必要で会話劇中心に。名刺や衣装、色彩のデザインなど良いし、わりと原作には忠実だけど、原作読んでないと分かりにくい気が。しかもそこ改変しちゃうのか……

    何となくビジュアル化しやすいように思ってたけど、少なくともこの作品に関しては、伊藤計劃の作品はあくまで文学であったなあと思ってしまう。原作に忠実であればあるほど。沢城みゆき始め声の演技はとても良かったですけどね。あとetmlをちゃんと出したのはエライ。
    shoutakoike
    shoutakoikeの感想・レビュー
    2日
    3.9
    虐殺器官の続編的なお話。
    人の命、プライバシーすらも政府のサーバーで管理する。体の異変もすべて政府に筒抜けの監視医療社会(;o;)

    いつかこうなるのではと思わせる恐ろしい映画でした…
    また小難しいく賛否両論かなり分かれそうな映画でございます(ToT)
    Ryo
    Ryoの感想・レビュー
    3日
    3.4
    ミァハが魅力的。
    今回映画化された伊藤計劃の中ではこの作品が一番好きかな。
    Ceto
    Cetoの感想・レビュー
    4日
    3.0
    原作未読。

    第一に、私はミァハの容姿や喋り方や声や思考が好きではないのがあるのかもしれない。
    幼稚なエゴイズムと、それを崇拝し取り憑かれたかのようなトァン。ミァハが言うことが絶対なの?と気味の悪さを感じた。

    背景も優しいピンク色なようで、細胞っぽい網目状になっていたり優しい色味のように見えるけれど、ピンクという毒々しさがありそれはまた美しいと思える。

    産まれながらにウォッチミーを入れられ、管理される、そんな世界は気持ち悪いと感じるし優しさの暴力なのか、健全な世の中なのか。

    何かを見て、美しいと感じたり嫌悪したり感情の中にこそ我があるのでは、と思いました。
    伊藤計劃の作品は再生と破壊、善と悪、調和と対立、なにが正しいのだろう?と考えさせられるものが多いです。
    けろ
    けろの感想・レビュー
    4日
    3.6
    虐殺器官公開前に放送してたのをやっと見た。

    キマシタワー

    これは原作読んだ人向けだなーと。

    全編みゆきち充。
    堪能した。
    みゆ
    みゆの感想・レビュー
    2017/03/16
    3.0
    2017.03.15(58)
    録画


    原作はもったいなくて読めなくて未読。

    最初の30分弱は、ちょっとこれ大丈夫?と思ったけど、話が動き出してからは面白かった。

    キャラクターの絵作りとミァハの声や話し方が好きではなかった。随分甘ったるい感じが萌えをイメージさせ、物語が安っぽくなってしまったように感じた。伊藤計劃の作品の中に個人が萌えを見出すのは良いが、それを前面に出すのは違うのでは…と感じてしまったのだ。原作に忠実なのかもしれないが、百合っぽさもちょっと違和感があったなぁ…

    屍者の帝国に比べると、物語はずっとしっかりしていて、なかなかよく描かれていたと思う。惜しいのは組織のディテールがあっさり扱われていたことかな。もっと掘り下げてくれたら、空恐ろしい感じが強まり、深みが出たんじゃないかなと思う。
    ちー
    ちーの感想・レビュー
    2017/03/16
    -
    記録
    ゆいの
    ゆいのの感想・レビュー
    2017/03/12
    3.0
    記録
    >|