ハーモニーの作品情報・感想・評価

ハーモニー2015年製作の映画)

上映日:2015年11月13日

製作国:

上映時間:120分

3.4

あらすじ

「ハーモニー」に投稿された感想・評価

さやか

さやかの感想・評価

3.7
project itohの中で一番分かりやすくて
一番好きだったなぁ( ¯꒳¯ ).。◦♡‬

虐殺器官の後の世界らしいんですけど
あんまり繋がりはなかったようなI˙꒳​˙)

ウォッチ・ミーという機械を身体に埋め込まれ
行動や健康状態を管理されているという話

ミァハが可愛かったなぁ闇深い感じもすき

関係ないけど歌もGhost of a smileが一番すき
映画と歌も重なってて良きでした( ;꒳​; )♡
も

もの感想・評価

3.5
ミァハの声やってる上田麗奈さんの透明ボイスだいすき
Timmy

Timmyの感想・評価

4.0
整い過ぎた社会制度は長くは続かないんだなぁ、人間には欠陥がないとダメなんだ。

原作を読んでからの鑑賞。まさかこの作品で泣いてしまうとは思わなかった。

原作で理解しにくかった箇所を補完できたので、見て決して損ではなかったけれど、なかなかグロいシーンがあるので人を選びそう。

夭折したSF作家、伊藤計劃の遺作だけれど、彼は病床で、何を思ってこれを書いたのか。ユートピアの皮を被ったディストピアに対する反抗心はどこから生み出されたのか。

健康であれ、長生きは美徳である。そんな主張へのアンチテーゼ。そこに、思春期の少女たちの純愛をうまく組み込んだなあ、という感じ。

ラスト数分は、そりゃそうだよなあ、と。

探して、探して、探し続けた大好きな女の子が、あんなことになってしまっていたら・・・ああいう行動をとったトァンを、誰も責める事なんて出来ない。

トァンは幻滅しても、ミァハを愛してたんだなって考えると・・・涙が・・・嫌いになりたくなかったんだよね、好きなままでいたかったんだよね・・・だから地獄へは、トァン1人で行くんだね・・・

ミァハの声が死ぬほど可愛かったので耳が幸せ
伊藤計劃シリーズ
遠い未来のようで何か今につながる作品。
エヴァの人類補完計画的な感じもある。
著JDサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」の様な世の中に対する反抗心を思い出した。

このレビューはネタバレを含みます

原作を途中で放り出していたのと、CV: 沢城みゆきと聞いて。テーマ的にいつフーコーが引用されるかなと思ったらちゃんと出てきて安心した。
結局、観た後に原作を読み直したんですが、なぜか小説と映画で微妙にラストの描き方が違う。ハーモニーの映画は百合演出といわれる理由がわかった。。
e

eの感想・評価

4.0
極端な怒りも、思いやりも必要ないハーモニー。それってつまり人間ではなくなるということですよね。あれをハッピーエンドと捉えるかどうかは自分の尺度次第なんだろうな。
Netflixでサムネに釣られてダウンロード。トァンちゃんの螺旋監察官の衣装デザインが好き。キャラデザいいですよねぇ。でもって、長距離電車移動中にスマホ鑑賞。

なるほどザ・SFですね。ハヤカワ文庫、なるほどすぎた。
「たったひとつの冴えたやり方」とか「若きウェルテルの悩み」とかチラ出ししてくる割には、特に話の内容ともオーバーラップさせず。名作タイトル言わせときたかっただけ感。
「ただの人間には興味ありません!」涼宮ハルヒまでぶっ込んでくる始末なのに、言わせただけ。原作小説でもそうなんかな?


物語の最後、トァンちゃんがミァハを殺すのではなく、ミァハちゃんが世の中煽りまくった挙句、改めてもう一度自殺するで終わらせた方が青春感出てスッキリしない?どうかな。

たぶん原作小説読んだら、もっとキャラの心情とか行動原理が理解できるんだろうけど、いかんせん2時間のアニメ映画では尺が足りなかった印象。
WatchMeや生命主義、螺旋監察官、生府などの世界観はバッチリ描けてるのに、肝心の主要キャラ、特に御冷ミァハのキャラはもうちょい深掘りして欲しかった。

オスカー首席のハマーン様感がとても良かったです。トァンとオスカー首席でずっと喋ってて欲しいくらい。ゼーレ感あふれる音声会議シーン、あそこだけなら何時間でも観られるわ(笑)

いま調べたら、原作の伊藤計劃さんの劇場アニメいくつかあるのね。他のも気が向いたら観てみよう。
な

なの感想・評価

4.0
伊藤計劃様👏👏👏
FUJI

FUJIの感想・評価

3.5
伊藤作品全部観るぞってことで第2弾。中々にPG12な内容だった…これは子どもが観たら親御さん説明するの大変でしょうね。
沢城みゆきさんの美しき声を2時間堪能できる作品でした。そのくらい膨大なセリフ量でした。
自明で選択のない行動や、意識のない意識の必要としない人間はやっぱり死んでるのと同じかなと。
屍者の帝国と同じように、生命や魂について考えさせられる映画だった。第3弾にも期待!

乗り物とか建物にはめちゃロマンを感じる。
>|