• Filmarksトップ
  • COBAIN モンタージュ・オブ・ヘックの感想・レビュー

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック(2015年製作の映画)

Kurt Cobain: Montage of Heck

上映日:2015年06月27日

製作国:
  • イギリス
  • / 上映時間:113分
    監督
    ブレット・モーゲン
    脚本
    ブレット・モーゲン
    キャスト
    カート・コバーン
    コートニー・ラヴ
    あらすじ
    本作は、“史上最も革新的で、カート・コバーンの全てをさらけ出したドキュメンタリー”と評されており、ロック界に変革をもたらし、1994年に他界してからもなお多くの人々に影響を与え続けているNIRVANAのフロントマンカート・コバーンに、かつてない手法で迫ったドキュメンタリー。唯一無二のカリスマ性と、才能を持ちながら、誰よりも繊細だったカート・コバーンというアーティストを幼少期から追い、不可能と思われる程の距離で彼の生涯に迫った本作。むき出しで、正直で、全てをさらけ出してもなおひるまない、カート・コバーン決定版。

    「COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2016/11/27
    3.1
    悩んだが、この点数になってしまった。ニルヴァーナの誕生と成功がかなり端折られて語られているからというのもあるし、彼らが支持された背景を分析していないからでもある。また、これは好みの問題でしかなくなるのだが悪趣味なアートや、再現 VTR の代わりにアニメーションを挟むという(製作者側の苦肉の策だったのだろうが)構成も悪い意味で「ごった煮」感を感じさせる。ファンなら観て損はないと思うのだが、この映画でニルヴァーナを知ろうという方はお薦め出来ない。そのあたりを鑑みて点をつけた。だが、良いところはもちろんあってレアな映像も満載されている(幼少期からコートニー・ラヴと婚約してフランシスが生まれてからのホームビデオの映像など)。ヘロイン中毒なども手伝って辛い人生だったと思うのだが、時折カート・コバーンが見せる幸せそうな表情は忘れられない。特に子煩悩ぶりは……その一点においては忘れ難い鑑賞体験となるだろう。
    oyasumiy
    oyasumiyの感想・レビュー
    5日
    4.4
    はじめて買った洋楽のCDがニルヴァーナだった、冷静な観点から作られたアーティスティックなドキュメンタリー。
    鈴木英生
    鈴木英生の感想・レビュー
    6日
    4.0
    カートの遺族が全面的に協力し製作されたドキュメンタリー。カートの残した独白テープやアート作品、手書きのメモ、映像、周囲の証言から見えてくるカートの人間としてのアーティストとしての苦悩と叫びがアニメやコラージュで丹念に描かれる。地元のライブハウスでの貴重な胸熱ライブ映像は必見。

    自分が何者でどんな末期になるかは誰にも分からない。しかし、その亡き後でもその魂と情熱の軌跡がこれだけ残されていれば、その人を感じる事が出来る。断捨離ブームのご時世、ゴミになるだけかもしれないが、自分の魂と情熱の軌跡はたまに残してみよう。
    KennyKravitz
    KennyKravitzの感想・レビュー
    2017/04/15
    3.2
    世代的にはニルバーナど真ん中なんだけど、当時はグランジがハードロックを駄目にしたとかも特に思わず、「Never mind」だけ好きで聴いてたくらいで、特にカートに詳しかった訳ではないので色々知れて良かったくらい。
    ただ、ドキュメンタリー映画としては今まで観たドキュメンタリー映画とは一線を画した作りで、アニメーションを挿入したり、カートの絵をTOOLのPVの様に加工したり、かなりニルバーナ感を斬新に表現していて面白かった。
    カートの精神状態をリアルに表現しているので観ていて疲れたけど。
    Pernod
    Pernodの感想・レビュー
    2017/04/11
    3.7
    色々と繊細過ぎたんだろう。フランシスはしっかり育って今はビジュアルアーティストやってる。本当にそれは良かった。
    L-13
    L-13の感想・レビュー
    2017/04/09
    3.2
    リアルタイムで聞いていたアーティストの死亡ニュースで衝撃的だった内の1人カート・コバーン。
    映像は丁寧に創られていて、実際のメモや音源を上手くコラージュ的に使って面白い画になってた。デビュー前の比率が多いので、もう少しデビュー後の深掘りがあっても良かったかも。
    映画として観るには、ファン以外は辛いと思う。(そもそもファン以外観ないか)
    shinobu
    shinobuの感想・レビュー
    2017/04/05
    4.0
    最近観た映画だけをレヴューしてますが今日は命日だという事で。
    2年前くらいに映画館で観た作品について書きます。

    まず、この作品を通じてはカートの事を知れたってことよりも、ニルヴァーナの演奏を、小さなテレビで何度も観たあのシーンを、そして初めて観るシーンを大きな音、大きなスクリーンで観れたのが本当に良かったです。
    もう、ニルヴァーナの演奏を生で聴くことは叶わないから。
    まずそれだけで感謝したいです。

    本作はカート君だけに焦点を当てた作品なのでやっぱりファン向けかな。ボクは凄く楽しめたけど。

    リアルタイムでニルヴァーナに惚れたファンとしては「Live!Tonight!Sold Out!!」ソニックユースの映画「1991 The Year Punk Broke」やニルヴァーナの各ライブDVDが断然オススメではあります。

    カート君が恋人に送った手紙や日記などが映画に映されたり、出版されてますが、カート君は嫌じゃないだろうかなぁと思ってしまうので。あれから23年たっても君の事を思うとちょっと痛むよ。雨の日に関節が痛み頭痛がするように。

    おまけにオススメ動画を。
    5分過ぎに始まるendless namelessのプレイ
    https://youtu.be/Va3vnZJcPc8

    切なくなるやつ
    https://youtu.be/y9b7Qiprgog

    毎回泣くからあまり観ないようにしてるやつ
    https://youtu.be/iUSW7dYZM9w
    ぐっぷー
    ぐっぷーの感想・レビュー
    2017/04/05
    3.5
    東京の女
    ふみカス
    ふみカスの感想・レビュー
    2017/04/03
    4.8
    カートかっこよすぎる
    miou
    miouの感想・レビュー
    2017/04/01
    4.0
    記録
    >|