COBAIN モンタージュ・オブ・ヘックの作品情報・感想・評価

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック2015年製作の映画)

Kurt Cobain: Montage of Heck

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

本作は、“史上最も革新的で、カート・コバーンの全てをさらけ出したドキュメンタリー”と評されており、ロック界に変革をもたらし、1994年に他界してからもなお多くの人々に影響を与え続けているNIRVANAのフロントマンカート・コバーンに、かつてない手法で迫ったドキュメンタリー。唯一無二のカリスマ性と、才能を持ちながら、誰よりも繊細だったカート・コバーンというアーティストを幼少期から追い、不可能と思わ…

本作は、“史上最も革新的で、カート・コバーンの全てをさらけ出したドキュメンタリー”と評されており、ロック界に変革をもたらし、1994年に他界してからもなお多くの人々に影響を与え続けているNIRVANAのフロントマンカート・コバーンに、かつてない手法で迫ったドキュメンタリー。唯一無二のカリスマ性と、才能を持ちながら、誰よりも繊細だったカート・コバーンというアーティストを幼少期から追い、不可能と思われる程の距離で彼の生涯に迫った本作。むき出しで、正直で、全てをさらけ出してもなおひるまない、カート・コバーン決定版。

「COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.1
悩んだが、この点数になってしまった。ニルヴァーナの誕生と成功がかなり端折られて語られているからというのもあるし、彼らが支持された背景を分析していないからでもある。また、これは好みの問題でしかなくなるのだが悪趣味なアートや、再現 VTR の代わりにアニメーションを挟むという(製作者側の苦肉の策だったのだろうが)構成も悪い意味で「ごった煮」感を感じさせる。ファンなら観て損はないと思うのだが、この映画でニルヴァーナを知ろうという方はお薦め出来ない。そのあたりを鑑みて点をつけた。だが、良いところはもちろんあってレアな映像も満載されている(幼少期からコートニー・ラヴと婚約してフランシスが生まれてからのホームビデオの映像など)。ヘロイン中毒なども手伝って辛い人生だったと思うのだが、時折カート・コバーンが見せる幸せそうな表情は忘れられない。特に子煩悩ぶりは……その一点においては忘れ難い鑑賞体験となるだろう。
高校生の時心臓えぐり出してもいいくらい好きだった時期ある。なのに、知らんおっさんにこんなん誰が見るんだって小馬鹿にされて避けてた1本…
やっぱ好き……々
K1g8

K1g8の感想・評価

3.8
コベインの生き様。孤独と戦っていることや過去の表現がとても心に刺さった。
せいや

せいやの感想・評価

3.6
king of grunge のnirvanaのkurt cobainの話
そういえば、友人のkくんがカートコバーンじゃなくてカートコベインだよって言ってたなあ
ルイ

ルイの感想・評価

4.3
27クラブ

"錆びつくより、今燃え尽きる方がいい"

「Hey Hey My My」
Neil Young

「Smells Like Teen Spirit」
Nirvana
kumi

kumiの感想・評価

3.9
カート直筆のメモや写真、家族や友人たちのインタビューなどのモンタージュで出来ている。もちろんニルヴァーナの音楽も。絵を描くのも好きだったのは知らなかった。溢れ出る創造的思考に身を持て余して、疲れ果ててしまったのかなぁ。
カートコバーンのドキュメンタリー映画。
鬼かっこよかった。。
ニルヴァーナのフロントマン、カート・コヴァーンの生から死までのドキュメンタリー。コートニーとの恋愛、フランシスの誕生までひっくるめて、しんどいっつうか、ああ、こうやって人は死ぬんだなってのが妙に共感できて、ただひたすら悲しかった。
hiroki

hirokiの感想・評価

2.1
ジャンキー夫婦が赤ん坊を育ててるホームビデオが哀しくなる。コートニーおっぱい出すの好きなのかな
o

oの感想・評価

4.0
カートコバーンの生い立ちから死ぬまでのドキュメンタリー。
凄い面白かった。めちゃくちゃカッコいい。自分はロックが好きと言うよりカートコバーンの生き方が好き。でもコートニーと出会ってからのビデオはあんまり見たくはなかったかも…家庭を持って子供も出来ると一気に1人の人間に見えてくる。説明しづらいけど現実見させられてる感じ。
アニメーション使うシーン凄い良かった。
とにかくカッコいい。
こんな人生憧れる。それだけ。
>|