COBAIN モンタージュ・オブ・ヘックの作品情報・感想・評価

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック2015年製作の映画)

Kurt Cobain: Montage of Heck

上映日:2015年06月27日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

本作は、“史上最も革新的で、カート・コバーンの全てをさらけ出したドキュメンタリー”と評されており、ロック界に変革をもたらし、1994年に他界してからもなお多くの人々に影響を与え続けているNIRVANAのフロントマンカート・コバーンに、かつてない手法で迫ったドキュメンタリー。唯一無二のカリスマ性と、才能を持ちながら、誰よりも繊細だったカート・コバーンというアーティストを幼少期から追い、不可能と思わ…

本作は、“史上最も革新的で、カート・コバーンの全てをさらけ出したドキュメンタリー”と評されており、ロック界に変革をもたらし、1994年に他界してからもなお多くの人々に影響を与え続けているNIRVANAのフロントマンカート・コバーンに、かつてない手法で迫ったドキュメンタリー。唯一無二のカリスマ性と、才能を持ちながら、誰よりも繊細だったカート・コバーンというアーティストを幼少期から追い、不可能と思われる程の距離で彼の生涯に迫った本作。むき出しで、正直で、全てをさらけ出してもなおひるまない、カート・コバーン決定版。

「COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.1
悩んだが、この点数になってしまった。ニルヴァーナの誕生と成功がかなり端折られて語られているからというのもあるし、彼らが支持された背景を分析していないからでもある。また、これは好みの問題でしかなくなるのだが悪趣味なアートや、再現 VTR の代わりにアニメーションを挟むという(製作者側の苦肉の策だったのだろうが)構成も悪い意味で「ごった煮」感を感じさせる。ファンなら観て損はないと思うのだが、この映画でニルヴァーナを知ろうという方はお薦め出来ない。そのあたりを鑑みて点をつけた。だが、良いところはもちろんあってレアな映像も満載されている(幼少期からコートニー・ラヴと婚約してフランシスが生まれてからのホームビデオの映像など)。ヘロイン中毒なども手伝って辛い人生だったと思うのだが、時折カート・コバーンが見せる幸せそうな表情は忘れられない。特に子煩悩ぶりは……その一点においては忘れ難い鑑賞体験となるだろう。
hagy

hagyの感想・評価

3.0
ちゃんと曲を聴いたことなんてないですけど、私の中で彼は格別です
なんでかってそりゃ服がもう、、🙊💫🧚🏻‍♂️👻👉🕊あぁこれは言葉にできない
そもそも服から彼を知りまして、当時どれだけ画像を保存したことか
それで歌を歌ってる人だったもんでとりあえず人気らしいやつを聴いてみたんですけど
初めて彼の曲を聴いた時はもう衝撃でしたね
暗すぎて笑
それ以来さっぱりですけど、いまだに彼の服は変わらずだいすきです
なんだろう、、
Tシャツとネルシャツとニットのカーディガンっていう組み合わせをよく見るんですけど、その重ね着の仕方が絶絶絶妙なんですよ
ジーンズとも良くあってるし、それぞれの生地の厚さまでもう、、一人拍手を通り越してため息ついちゃう
どの画像を見たってすごいんよ
何よりあの人間と服装が、、なんていうか、、言葉にできん
もともと私古着好きだったけどそれに拍車をかけたし、もちろん同じ靴のジャックパーセルも買いました
私が服で影響受けたのはこの三人だ!っていうのが勝手にあるんですけどまさにその一人が彼ですね
今はあんまりあぁいう服装しないけど、それでも時々すると一番落ち着くし今だって愛着ある

っていうね、、
音楽もちゃんと聴いてみようかしらんhaha
shunta

shuntaの感想・評価

4.2
カートコバーンとは
日

日の感想・評価

-
高校生のとき、初めてニルヴァーナのアルバムを買ったのがインユーテロだったな、ユニオンで買ったそのアルバムはとてもタバコ臭かった
070.
まあ確かに名曲を残し伝説になってしまった彼なのですけど、
個人的には死んでからも、自分の残した落書きだの幼少期の映像だの走り書きだのを
勝手に使われたら恥ずかしくて死んでも死に切れないなと、ちょっと同情します(笑)

確かにうまく編集されているし、ライブ映像も見ることができて楽しめるんですけど。

それほど深くはないですねー。
Masataka

Masatakaの感想・評価

3.9
ロックキッズを自認する僕にとっては、NIRVANAはあまりにも有名で、今やただのファッションアイコンでさえあるし、敢えてお気に入りのバンドとして挙げるには抵抗がある。けれども、やはり、あの唯一無二の歌声には抗しがたい。何かの折に曲を聴くたび、めっちゃ良いやん、と思わざるを得ない。顔もいいし。カートはもちろん、デイヴも、クリスもまぁなんか憎めない顔してるし。というのを、改めて思った。そして、いつの間にか、カートより年上になってしまったことに気づいて、何とも言えない気持ちになる。

カート・コバーンについてこの映画で初めて知ったことは、中学生の時に自殺未遂?をしたことと、自殺について「I feel like people want me to die, because it’d be the classic rock and roll story」と言っていて、自覚的だったこと。あと幼少期がめちゃくちゃ可愛いこと。

映画としてはテンポが悪いと感じる部分もあったけど、アニメーションが凝っててよかった。なぜデイヴのインタビューはないんだろう。ガス・ヴァン・サント監督の「ラストデイズ」もまた観たくなった。
ENDO

ENDOの感想・評価

4.0
あまりにも繊細な男は、世界にルールに振り回され続けた。発露する場所が音楽しかない。不器用だな。家族がいても理解されない孤独。インタビューされている人々の偽りと真実。想像するしかない構成になっている。ノートの言葉やらくがきの隙間に託して。幼児期とコートニーと結婚後の振る舞いがほとんど同じで震える。初体験に失敗した苦い思い出に涙が出そうになった。
Sigh

Sighの感想・評価

3.5
カートコバーン
あ

あの感想・評価

3.0
クソみたいな家族
R.I.P. Kurt
>|