片腕マシンボーイ

愛を語れば変態ですかの片腕マシンボーイのレビュー・感想・評価

愛を語れば変態ですか(2015年製作の映画)
2.0
愛を語れば変態ですか?
それは愛ではありません…

安い小劇団の舞台のような作品
この監督は映画作家としてはあまりに映画の文法を知らなすぎではなかろうか?と思い調べればやはり舞台畑の方
映画撮りたいなら舞台の経験を活かすのも大切だが
最低限の映画の知識も必要だと感じる
舞台と同じ文法で映画を語ればグダグダで観てられんです

ただそんなくだらない作品でこそ本領を発揮する黒川芽以の存在は素晴らしい
日本のインディ映画を背負い立つ女優だ
ってか思った以上につまらなかったけど
飛び蹴りからのキスを連発する芽以様の美しさは堪能できたので良しとしようプラス1点