愛を語れば変態ですかの作品情報・感想・評価

「愛を語れば変態ですか」に投稿された感想・評価

途中から積み上げたものが崩れる感じ、思いきったなと思う。あるいは、思い切り崩すつもりで積み上げたのか。

ここで語られる愛は、突拍子もないことのようでいて、しかし確かな真実であると、とても信じることができない故に、正しい。

確かな愛は、変態的にしか表象されない。
TAKUTO

TAKUTOの感想・評価

3.0
演劇を観ているような作品。
今野浩喜の演技はお笑いのコントで磨かれたものだろうか。癖のある役でもスッと観られる。
タイトルが気になって観たので、あらすじなどは一切知らなかった。
話としては予告編が全てだったので、前情報無しで観るのが良いかと。
1時間ちょいと、短いのも良い。

今野浩喜が主演CMの「そこに愛はあるんか」って言葉が浮かんでしまう。
菫

菫の感想・評価

3.0
夢小説…。
み

みの感想・評価

-
変態です
あぶ

あぶの感想・評価

4.5
野間口徹の95%が眼鏡で出来てるので作中二回ほど眼鏡が吹き飛ぶシーンがあってこれは誰だ?となる
百絵

百絵の感想・評価

-
なんとも…
今年観た映画『美人が婚活してみたら』の主演女優=黒川芽以が出ている映画なので観てみたが、一風変わった作品だった。
この作品でも、黒川芽以の「私の様な美人にキスされたら…」といった発言があり、「やはり、この映画でも、黒川芽以は美人の設定なのか…」と思う。確かに、綺麗。

物語は、ある夫婦(妻が黒川芽以)が幸せそうに、カレー屋の新規開店準備をしていると、変なバイト志望者や妻の以前の浮気相手などが出て来る。これが、会話のズレを笑いにしようとしているのかは分からないが、全体的にスベっている感じが残念。

そして、妻が愛を語り出すのだが、それは自分が多数の人にキスをして皆を幸せにしようとするもの。
なんか不思議な映画を観てしまった (^ ^;

<映倫No.119912>
正直言って、題名につられてしまいました。(._.)
監督は福原充則。演劇界の鬼才なんだそうです。どうりで舞台っぽい、演劇っぽいノリでした。
物語はある一組の夫婦がカレー屋の開店を控え、幸せいっぱいに準備していたのであるが、珍客が次々訪れて、、妻のあさこをめぐってのアレコレっていう、、、(^^;
この妻がまぁ、男好きのするタイプとでもいいますか。。
悪く言うと、魔性のサセ子なんだけど(^^;

この作品の世界観では、
"どんな男も拒まない!全ての男を愛する救世主あさこ誕生"ってなるらしい。
そこで愛に目覚めてろ!
っていうのは名台詞でした。
あそこまで開き直られると痛快です。最後の爆走っぷりは黒川芽以、なかなか良かったのではないでしょうか。
出てくる男達はソロイモソロッテ駄目男ばかりなんですよね。

まぁ。でも男なんてそんなもんですかね。。私的にはヒロインにもう少し変態性をもたせてほしかったな。
dodo

dodoの感想・評価

-
無理矢理だなぁ(笑)
愛の伝道師なんだか、なんなんだか(笑)
>|