桔梗F

マドモアゼルの桔梗Fのレビュー・感想・評価

マドモアゼル(1966年製作の映画)
4.5
マドモアゼルの心に潜む欲望と悪徳!

イタリア人肉体労働者の身体が女教師の秘められた欲望に火をつける (|| ゜Д゜)
↑宣伝文句

まず、本作ですがAmazonさんの商品紹介に、あらすじからオチまですべて書かれてるので未見の方は避けた方がよいかも。

主人公は、年増で独り身の孤独な女教師マドモアゼル。名前はまだない。

冒頭から、着飾ったマドモアゼルさんが、
水源決壊させて村を大洪水に起こす。
ウズラの卵を巣からとって握りつぶす。
夜中に家畜小屋に放火する、といったキチ○イ行動3連発で一気に観客を魅了(|| ゜Д゜)

なぜマドモアゼルはそんな凶行を…?

イケテるパリから田舎の学校に飛ばされた苦悩か?
村人と打ち解けられない孤独か?
婚期を逃した女の恨みか?
ただのキチ○イ?

書けば7000文字くらいかかるんで割愛します。

実はマドモアゼル、よそ者のセクシーイタリア木こりさんにメロメロ( ゜o゜)

木こりさんの脇に光る汗、服からはみ出るおなかを木陰からこっそり盗み見て、舌なめずりしながらハアハアしてるんですよ(;つД`)

これはヘムタイ!
さすが汚腐乱酢マドモアゼル!

終盤、セクシー木こりさんにアタックをかけ、やっとHしてもらえるかなと観てたら、メス犬になってました(--;)

なにを言ってるかって?だから、自ら進んでメス犬になって、セクシー木こりと一晩中メス犬プレー…(゜m゜;)
いやあ…いやらしい…(*/ω\*)

こちら、町山智浩さんの「トラウマ映画館」でも紹介されたほど、悲惨な結末を迎えます(;つД`)
読んでないんですが(^-^;

ド鬱映画ファン、メス犬になりたい女性は必見!
映画としての完成度は一級品です(^o^)

※うさぎ好きにはきびしい描写あり
うしさん、うまさん家畜たちにもきびしい展開(´;ω;`)