ぽち

マドモアゼルのぽちのレビュー・感想・評価

マドモアゼル(1966年製作の映画)
4.3
最初の水門を開けて、帰りに鳥の卵を握りつぶすところまでで引き込まれてしまい目が離せない。
66年にここまでサイコな女性を描いていたとは驚きだ。

脚本の素晴らしさもあるが、監督の撮り方が凄い。
カメラの性能が低かったせいか夜のシーンが異様に明るく、これがまた時間経過を曖昧にして幻想的な良い効果を出している。

そしてラスト近くの台詞をほとんど排除した演出による緊張感。
後味の悪さと相まって記憶に残る作品だ。