たけき夏アニメーション

サクラメント 死の楽園のたけき夏アニメーションのレビュー・感想・評価

サクラメント 死の楽園(2013年製作の映画)
1.8
カルト教団コミューンの集団自殺のアレ。イーライロスとか関わってる話題のアレ。グリーンインフェルノの姉妹作品ぽい立ち位置でお馴染みの、俺らが喜んで見に行くやつ。



信者たちがどの塩梅の信仰心、または懐疑心を持ち、このエデン教区で暮らしているのかが死ぬほど分かりづらい。
なので、カラッとした感じでホイホイと集団自殺して行くと!?ってなる。お前ら自殺このタイミングでいいの!?俺にはよくわからない。

銃で武装したアフリカ系のボディーガード監視員たちも、信者なのか、単なる雇われなのか、めっちゃ分かりづらい。

ファーザーも妹も、インチキ幹部感漂ってるのにアッサリ自決するもんだからこいつらの心情も分かりづらい。

結局集団自殺はもとから日付が決まっていたのか、主人公クルーが取材に来た事が作用して起こったのかもわかりづらい。

このテの映画の一番オイシイ部分である、
「なんかこの人たち変じゃない…?」描写も、主人公たちの台詞と表情でのみ示されるので分かりづらい。
なんというか、ジメッとしてない!
(友人曰く、ファーザーのでんでん(冷たい熱帯魚)度も足りていない)

メインディッシュである集団自殺に近づけば近づくほどなぜか話はどうでもよくなっていき、重要人物が死ぬにつれさらにどうでもよくなり、口のきけない少女を母親が<『ミスト』る>所でどうでもよさは頂点を極める。

「アッ!赤ん坊に毒を注射して死なすめっちゃ厭なシーン来た!」
と思えば、赤ん坊は布に包まれたまま全く映らない。(『アメリカンスナイパー』の赤ちゃんを人形で代用して撮ってるあのシーンを想像して下さい)
赤ちゃん借りれなかったんだね…。



まるで味の無いカンパンを食っているような上映中、OPで流れたエレクトロ曲が何だったかをずっと思い出そうとしていましたが、クレジットで思い出しました。
The KnifeのHeartbeatでしたね。

月並みな意見ですが『V/H/S ネクストレベル』の3つ目のやつがオススメです!