ボヴァリー夫人の作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「ボヴァリー夫人」に投稿された感想・評価

犬

犬の感想・評価

3.2
カーテン

小さな田舎町の医者ボヴァリーと結婚したエマ
単調で退屈な毎日に嫌気が差した彼女は、次第に不倫に溺れるようになっていく

これまでも数度にわたって映画化されたギュスターブ・フローベールの古典的名作を再映画化したロマンスドラマ



違和感、物足りなさ

悲劇
雰囲気ありました

ミア・ワシコウスカが良いです
ドレスなんであんなに美しいんだろう‥エマのドレス集を是非見てみたい。ぎゅっと収めてる感はあったので原作も読んでみたい。
点心

点心の感想・評価

3.4
ドレスで走りまくる映画。

全カット油絵か? ってくらいきれい。絵になる。

修道院はフランス語で、結婚式はイタリア語? イタリア式? で、そこが終わると英語なんだけど、ボヴァリーさんはイタリア系なんだろうか。どういう仕組みなんだ。

話は古典文学だけど、アンナカレーニナといい今作といい、女として生きることの難しさハードモードすぎ…。
人生が結婚によって(しかもたいていは自分の意思でないか、事前情報がない)しか変えられず、自分の置かれた状況を打破するには命がけで恋するか死ぬしかないという。金は自分で稼ぐ方法がなく男に頼むしかない。

修道院育ちで贅沢に走るの、金銭感覚を育てる機会がなかったことも一因かなあと思う。漫画『カルト村で育ちました』でもお金から離れて育った結果お金そのものが好きになったみたいな描写あったし。

世間知らずで嫁ぎ、何も教わらないまま高いものをつけで買い込んだり、逆ギレする男と不倫したり、「無垢でかわいい」男にとって都合のいい女を育てた結果こうなりましたという感じ…。

ルウルーは認知症の高齢者相手の商売人という感じだった。合法だけどモラルがない。でも一般的にはエマが非難される。

「恵まれた環境」って他の人は言うけど、当人に選択肢はないんだよな。
ドレスが美しい
acco

accoの感想・評価

2.5
好みの問題だけど、
エマを美しいと思えなかった。
イザベルユペールの方も見てみたい。
エズラミラーは最初の場面から輝きが違った(エンドロールでエズラと気付いたけど(笑))

エマを悪い子だとは思えない。
世間も知らないうちに嫁いで、みんなにきれいきれいって言われて、旦那は妻<仕事な人だったら、着飾ったり愛の言葉を囁いてくれるひとに自分の存在価値を求めるのは当然の流れ。しかもあの時代。

現代に生きてたら、同じ誤ちでも死を選択するまではなかったかな。
ゆず

ゆずの感想・評価

2.6
医師の妻となった女性が徐々に欲望にまみれ、愛やお金に溺れて破滅していくお話。
19世紀末フランスの洋服が綺麗でかわいい。
エズラミラーが美しすぎるのでエズラファンなら観るべき映画。
jk298

jk298の感想・評価

1.0
普通過ぎ、アチラにはお馴染みのキャラ感
医師と結婚して恵まれた環境の中
不平不満を言う女性。

ギブアンドテイクが出来ないから
こうなるのでは、、、泣

支えて手を差し伸べるのが
妻としての役割で
自分も成長するのでは、、、泣

夫は外で稼いでくれている事は
後回しになってしまってる気が。

選んだのも自分。
選んだ人を悪く言う事は
自分の価値を下げてる気がします。

見ていてこんな構ってちゃんには
医師との結婚は無理だと思いました。

いい大人がフラフラして
お金が大好きなわりに
金銭感覚がまるでない。

こんな女性、すごく苦手。
綺麗とも思わなかった。

言いすぎちゃった。
すいません。m(._.)m
Honoka

Honokaの感想・評価

3.4
三分の一読んで挫折したフローベールの「ボヴァリー夫人」映画。
誰も幸せにならないけど登場人物それぞれに共感してしまう。自己保身、欲望、声を大にしては言えない人間の負の感情に対する共感。チャールズが不器用すぎなのが考えものだが、この作品の中では一番報われない。
エズラ・ミラーくん、話し方はあまり好きではないんだけど、逢瀬のシーンは美しくて表情が良い。エズラ・ミラーくん鑑賞の作品。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.2
これぞ、フランス映画!という感じで全体的に倦怠感溢れる感じがたまらなく良かった。恋に愛に情欲に溺れて、人が壊れていく様はなんというか見ている分には凄くいいなぁと思ってしまった。
ただ原作を読んでいないと中々理解できない点も多くある感じの映画になってしまったのが少し残念…。
原作読んでから映画見たらもっと楽しめるのかもしれない。