ヴァレリアン 千の惑星の救世主の作品情報・感想・評価

ヴァレリアン 千の惑星の救世主2017年製作の映画)

Valerian and the City of a Thousand Planets

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:137分

3.6

あらすじ

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があ…

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった……。果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか―!?

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」に投稿された感想・評価

リュック・べッソン監督が長年の悲願を結実させた本作はイマジネーションとファンタジーに溢れ、その美しい映像で我々を圧倒する。
映画の舞台となっている巨大宇宙ステーション・アルファには人類をはじめとして多種多様な宇宙人たちがいて、恰もそこは多種多様な人種や民族が住む地球のようだ。
アルファでは夫々の種の特性に合わせてエリアが構成されていて、それがパズルのピースのように組み合わされて巨大な共同体になっている。
ところが、アルファの最深部に謎のレッドゾーンが現れて不穏な様相を呈した矢先、大事件が勃発する。
アルファを統治するフィリット司令官を巻き込んだ事件は、主人公ヴァレリアンと相棒ローレリーヌを搦め捕って翻弄していく。
この一連の騒動には滅びた惑星ミュールのパール人と、ヴァレリアンとローレリーヌが苦労の末に奪還した「変換器」が関わっている。
ヴァレリアンとローレリーヌは悪戦苦闘の末に事件の核心に迫り、そこで意外な事件の背景や真相に辿り着く。
この映画の原作コミックは「スター・ウォーズ」に影響を与えたと言われていて、本作に登場する宇宙人やガジェットの造形が「スター・ウォーズ」に登場したものと似ているが、パクリと言うより「先祖返り」なのかもしれない。
おもちゃ箱を引っ繰り返したような印象を受ける本作だが、排他主義が世界的に蔓延している今の風潮に対するリュック・ベッソン監督の強い思いが芯にあると思う。
ゆゆ

ゆゆの感想・評価

4.3
世界観とてもよかった!
デーンデハーンとカーラのコンビも麗しくて最高
竹

竹の感想・評価

3.4
視聴後イ〜サンホ〜ク出てたことすっかり忘れて数日後に思い出すくらいにはイ〜サンホ〜クの無駄遣い 好き!
2018年 劇場鑑賞 24本目

ストーリーはともかくとして、世界観作りがとても良かった。アルファみたいな設定憧れる。
目が眩むほど鮮やかな映像、胸踊る広大な物語!

オープニング、わずか5分で数百年の宇宙史を見せる場面は感動的でした。

言語も姿形もコミュニケーション方法も違う生命体が、地球人に歩み寄り、こちらが差し出した手を取ってくれるのは本当に嬉しい気持ちになります。

さらに、その”橋渡し”をするのが星になったデヴィッド・ボウイの大名曲「Space Oddity」というのがたまらんです!

銀河一巨大な市場、リアーナのポールダンスなど、視覚的に超面白い場面がてんこ盛りなのも驚きました。

視覚効果ショットの数は、1997年『フィフス・エレメント』が180だったのに対し、本作は2734だとか。

何でもないシーンにも普通に視覚効果が使われる時代なので、これを持ってスゴイという話ではないのですが、単純にリュック・ベッソンが考えた頭の中をそのまま画にしやすくなっていることは確かだと思います。

ベッソンがとにかく愛情たっぷりに脳内イメージを詰め込みまくった結果、やりたいことが先行して脚本のバランスも悪くなっていると思いますが、その異常な熱量が画面からも伝わってきて、そこが面白かったです。

そして、本作の魅力を倍増させているのが、デイン・デハーンとカーラ・デルヴィーニュの超絶可愛らしい2人。

特にカーラが最高で、きっと観た人全員が好きになりますよ!
竹川

竹川の感想・評価

3.2
出てくる生き物の多様性が心地よかった。個人的に映像はピンとこなかったんだけど(疲れている時に見たからかも…)カーラ・デルヴィーニュという美しい女優を知れたのでよかった。
Mina

Minaの感想・評価

3.8
“Unless you make peace with your past, you won’t have a future. “

🚀💫👾
piroshi

piroshiの感想・評価

2.0
ベッソンもだめになったのか。
なんでこんな映画が成り立つのか意味がわかりません。

『フィフス・エレメント』の世界観に『アバター』のキャラ…ドナルドダックに激似の宇宙人、ガンダムに登場する衣装、スターウォーズに出てきそうな宇宙戦…

オマージュと言えるレベルを超えた演出が多すぎて、全く面白いと思えませんでした。

これ完全に『レディプレイヤー1』意識して作られてますよね?
パール人の描写が美しい。
パール人の対応が大人。

デイン・デハーン って名前言いたくなる名前。
デイン・デハーン
デイン・デハーン

ヒロイン可愛いけど
なんか感情移入できない。

漫画ぽい演出のせいかしら。
もったいない。。
>|