ヴァレリアン 千の惑星の救世主の作品情報・感想・評価

ヴァレリアン 千の惑星の救世主2017年製作の映画)

Valerian and the City of a Thousand Planets

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:137分

3.6

あらすじ

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があ…

西暦2740年。連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)とローレリーヌ(カーラ・デルヴィーニュ)は宇宙の平和を守る任務に就き、銀河をパトロールして回っている。ふたりは“アルファ宇宙ステーション”へと向かう。そこは長い年月を経て拡張を続け、あらゆる種族が共存する“千の惑星の都市”として銀河にその名を知られていた。しかし、その深部には邪悪な陰謀と、宇宙の歴史から抹殺されようとしていた“秘密”があった……。果たしてヴァレリアンとローレリーヌは“千の惑星の都市”と銀河の危機を救うことができるのか―!?

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」に投稿された感想・評価

リュック・べッソン監督が長年の悲願を結実させた本作はイマジネーションとファンタジーに溢れ、その美しい映像で我々を圧倒する。
映画の舞台となっている巨大宇宙ステーション・アルファには人類をはじめとして多種多様な宇宙人たちがいて、恰もそこは多種多様な人種や民族が住む地球のようだ。
アルファでは夫々の種の特性に合わせてエリアが構成されていて、それがパズルのピースのように組み合わされて巨大な共同体になっている。
ところが、アルファの最深部に謎のレッドゾーンが現れて不穏な様相を呈した矢先、大事件が勃発する。
アルファを統治するフィリット司令官を巻き込んだ事件は、主人公ヴァレリアンと相棒ローレリーヌを搦め捕って翻弄していく。
この一連の騒動には滅びた惑星ミュールのパール人と、ヴァレリアンとローレリーヌが苦労の末に奪還した「変換器」が関わっている。
ヴァレリアンとローレリーヌは悪戦苦闘の末に事件の核心に迫り、そこで意外な事件の背景や真相に辿り着く。
この映画の原作コミックは「スター・ウォーズ」に影響を与えたと言われていて、本作に登場する宇宙人やガジェットの造形が「スター・ウォーズ」に登場したものと似ているが、パクリと言うより「先祖返り」なのかもしれない。
おもちゃ箱を引っ繰り返したような印象を受ける本作だが、排他主義が世界的に蔓延している今の風潮に対するリュック・ベッソン監督の強い思いが芯にあると思う。
星人

星人の感想・評価

-
ば、バブルーーーー
スタ

スタの感想・評価

4.1
つまらないギャグでも堂々とやれば笑えてくる。眼福なバカップル映画。
やっこ

やっこの感想・評価

3.0
デハーン、エッッッッロ。
かっっっっこよ。

原作知らないとわからないことも多いんだろうな…
ヴァレリアン 千の惑星の救世主(字幕)
配役:【★★/2】
ストーリー:【★★/2】
映像:【★★★★/4】
演出:【★★/2】
音楽:【★★★/3】
IMAX3D字幕鑑賞‼︎

映像美ヤバ‼︎

サボった採点‼︎
saciddi

saciddiの感想・評価

4.0
結構好きです╰(*´︶`*)╯♡
とにかくカーラとリアーナが可愛くビジュアル的に満足する作品です

ストーリーも分かりやすくて良かったです
しょー

しょーの感想・評価

2.6
無駄な演出があってただただ長い。
1時間以内で終わるものを無理やり引き伸ばした映画。
Kotone

Kotoneの感想・評価

3.0
シンプルに面白かった
待望のヴァレリアン、最高だった!素晴らしかった!スター・ウォーズが忘れているものが詰まっていた。宇宙とアドベンチャーとロマンはこういうこと。スター・トレックが描いてきた、宇宙平和における人類、地球人が忘れてはいけないことを、この映画を通して若い世代にも理解されていくといいな🖖続編希望!
しかしリュック・ベッソンは、主人公をタイトルにするのが好きだね。
>|