猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりがついにクライマックスを迎える。カリスマ的な主人公のシーザーが、リーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核にした映像世界には、観る者の胸を締めつけるエモーションが息づく。果たして未来を切り開く“希望の地”へたどり着くのは猿か、それとも人類か。誰もが知っている結末の、誰も知らなかった壮絶なドラマが遂に明かされる。

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

こうして「猿の惑星」になっていったのか〜。
三部作通してよく出来た話だった。
最後は泣ける...w
重厚でしっかりしたストーリーで、最後まで楽しめました。
シーザーの表情がとても人間的。
kuma

kumaの感想・評価

4.0
今回もCGが素晴らしい!シーザーが憎しみでコバみたいになりかけてしまう重い展開。そこで登場、バッド・エイプ!今までに居ないキャラで明るい要素をプラス。ニット帽とベストめっちゃ可愛い♪主要エイプ達も個性豊かで良かった。
Tomoki

Tomokiの感想・評価

3.8
もう猿の話。
mochimi

mochimiの感想・評価

3.3
あまり考えずに観てみたら、
びっくりするくらい猿目線?猿主観?だった。🐒
だいたいは猿と人間とそれぞれメインがいた気がするのでそのつもりで観たら、覆されました。

そしてシーザーがイケメン。
内面のイケメン。
素晴らしい。人望ならぬ猿望が厚いことがうかがえます。

シーザーみたいなお猿さんがたくさん出てきたら、今のこの世界、あっという間に人間と猿が逆転しちゃいそうだ。
kurumi

kurumiの感想・評価

3.5
最後まで面白く見れました。
途中、シーザーの目が人間になっていると言う台詞があったと思うのだけど、ホントそうでしたね。
セロリ

セロリの感想・評価

3.7
戦いの不毛具合に人間の業をつくづく思い知らせる映画、とても好きなシリーズ。シーザーのカリスマ性、善悪の揺らぎがとても印象的。
mkt

mktの感想・評価

3.2
昔の(中の人がいる)猿の惑星はかなりSFチックで大好きだったけれど、最近のCG猿は猿と人間の友情とか感情面へのフォーカスが強すぎて個人的にはイマイチ。全シリーズ見てはいるけれど…
CGのリアルさやストーリーは良いとてもよい。地球の技術レベルは現代だし、猿の惑星というよりは猿との戦争といった感じで少し物足りなさを感じる。
>|