猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

こうして「猿の惑星」になっていったのか〜。
三部作通してよく出来た話だった。
最後は泣ける...w
さりー

さりーの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最初から最後まで面白かった!
シーザーがすごくかっこよかった。
でもシーザーの家族殺され過ぎてすごく切なかった。最後の最後でまさかあの矢で死んじゃうなんて考えてなかった!!
あの女の子もすごく可愛くて良い子
ただ、大佐の最期が少し物足りない感じがした。

本当に面白かった。
ちょっと泣いたけど
2017/10/14 TOHOシネマズ新宿 Sc.10 IMAXデジタル3D
前二作は好きだったが今作は微妙だった
猿の目線なら号泣の感動ドラマだが、人間目線だったシリーズからの方向転換がハマらなかった。
ガス君

ガス君の感想・評価

3.6
お見事!

エイプのキャラクターの作り方には本当に作り手の想いを感じることができた。

強いて言えば、ウディハレルソンが好きな俳優だけに、悪い人に見えなかったな。

対エイプの過酷な時に、にしては人間がノーマル過ぎないか?もっと、狂気な状態なのではないか、と思ってしまったのが残念。
keikei

keikeiの感想・評価

3.8
シーザーいけめん。
ケータ

ケータの感想・評価

3.7
作品自体も面白いですが、女の子が可愛い過ぎる😍
前2作と比べて、ド派手なシーンは少なかったかも知れないが、深い問いかけがしっかり描かれていて、とても重い作品だった。

猿と人が相容れないと言う事実は、人間を人間たらしめるものは一体何なのか?他者と共生することは不可能なのか?認める、許すということの本質的な意味は何なのか?という現代社会の大きな問題を浮き彫りにしているわけで、これはオリジナル作品が製作された頃と何も変わっていない。

オリジナル公開から数十年経っても世界は何も変わっていないという恐ろしさもありつつ、シーザーと将軍のシーンは非常に印象深い。

アンディ・サーキスの演技力は相変わらず脱帽。
当たり前なんですが吹き替えで見たのに猿たちの言葉がほぼ字幕で途中まで吹き替えの意味がなかったですというどうでもいい話は置いといて、面白かったです。
ただ一作前のライジングを見てない気がする。。
完全にエイプ側の話で人間め、、ってなりました。
個人的には前作の方が良かったと感じました。特に物語の後半が残念か感じがしました。ウディ・ハレルソンの最期とかもう少し別の切り口で行けなかったのかなぁと思ってしまいます。
>|