猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

クワン

クワンの感想・評価

4.0
最初から最後までずっとシーザーに感情移入。もはや、自分が人間であることを忘れ、ただひたすらにシーザーの深き葛藤に心揺さぶられ、人間以上に人間なシーザーに最後は泣かされた。源泉たるアンディ・サーキスの感情表現も素晴らしいのだと思う。

対峙する大佐役のウディ・ハレルソンも素晴らしかった。シーザーと大佐が敵のリーダー同士ながら、どこかリスペクトを感じさせる2人の対峙シーンには緊張感とこの世界の絶望が伝わってきて、素晴らしいシーンだった。言葉が話せなくなる人間の在り様も考えさせられた。そして、希望の象徴でもある少女ノバとオランウータンのモーリスの母子のような心の交流もいい。シーザーの息子がコーネリアスと、パラレル世界とも言われる過去作品へのオマージュも散りばめながら、アクション映画として「猿の大脱出」的展開や怒濤のクライマックスも見事。

大満足の大円団。でも、過去作は過去作としてパラレルとして新展開を続けようと思えれば、続けられる。ノバという少女がどう成長し、猿と共存していくのか。この未来の物語を新たに紡いでほしいような気もする。4作目あったら観に行きたいと思う。
ぺいよ

ぺいよの感想・評価

3.9
ライジングの流れ勢いのままおもしろかった
女の子が可愛い
forest

forestの感想・評価

3.8
ジェネシス、ライジングともになんとなく〜で見たと思うので💦あまり記憶になく…でもあの可愛かったシーザーのあの重厚な表情を見ると最後は気にならないわけないです。
ずっとみていて、こりゃダメなやつだなぁと思っていたのですが、やっぱり泣いてしまいました。シーザー、あたしにはもう人にしか見えないよ〜目が特にさ〜(T-T)どこまでアンディ・サーキスなの?動きだけ?目はあれなの…?グスン(T-T)泣くよ〜。

そしてモーリス。(…どこまでモーションキャプなの…)泣いた…(T-T)そしてあの名前が出てくるところも、泣いた。



(猿の惑星はテレビドラマでも泣いたんだった…)
タツキ

タツキの感想・評価

3.0
新世紀よりかなり世界が荒廃していた。
崖っぷちに立たされると人間は凶悪なことを考える恐ろしい生き物だと思う。
エイプ達は本当に静かな暮らしを望んでたと思う。
アンディー・サーキスを超えるモーションアクター
はこの先も出てこないと思う。そのくらい天才だと思う。
なんで喋れなくなったかわかってスッキリ。
がく

がくの感想・評価

3.5
作品を追うごとに進化・成長を続ける猿達。それぞれの想いは交差し、見事な猿ドラマが完成していた。シーザーはやっぱりカッコイイ、強く慈悲深い、最高のボスである。
Shizuka

Shizukaの感想・評価

4.2
ゴリライケメン
昔の猿の惑星は全て見て、最新の猿の惑星三部作はジェネシスのみ映画館で見て、ライジングをとばして今作と状況を把握できないままの鑑賞になりました😅

最終的に第一作目に繋がるので人類は滅んで、シーザー率いる進化した猿達が生き残るのだろうなと。

一作目でシーザーの飼い主(決別してしまったんだっけ?)はどうしたのだろうか?
賢く知能を持ったもの同士、上手く共存共栄することは出来なかったのかな?
まぁ無理か…
いつの間にこんなことになってしまったのか。
“サルが突然変異的に賢くなる”という出発点から、恐れられ、迫害されて幾星霜、今作では既に概ねヒトである。ヒトvsサルというよりヒトvs新種のヒトといった感じ。そうなると不思議なものでサル達がどんな目に会おうとも然程心が痛まない。ヒトはこういう事をするものだよ、と合点がいってしまう。こんな時にピッタリな台詞を、確かスレッガー・ロウという1年戦争の英雄が残していたと思うのだけどな…。
という事で、完全に戦争映画の様相を呈しております。しかも侵略戦争であるのでなかなかに陰惨。ストレスの溜まる展開です。個人的にこのシリーズ、中でも一作目に感じていたカタルシスポイントは、いろんなサル達が個性、適性を活かした活躍をするところ(≒多様性)だったのですが、どうやら人に近づくほどそういった描写は無くなっていくようです。ボノボやアイアイの活躍が見たかったし、シーザーがリスザルとかでも良かったのに。残念。展開的にはほぼ英雄シーザーの活躍と苦悩ばかりがクローズアップされる作り。反対にヒト側は、尖り過ぎたTHE個性、ウディ・ハレルソンがリーダー。ケモノとヒトの嫌なところだけを併せ持った様な雰囲気がとても良い!これがもしドゥエイン・ジョンソンだったとしたら…。
終盤の構図は南北戦争と黒人達みたいな感じかな?とか思ってたら4コマ漫画みたいなリズム感で全てがザッサーってなってしまって、その考察も(都合良く)押し流されてしまった。いやぁ、もっと落ち着いて考えたかったなぁ。残念、残念。
…実際のところ、このシリーズには数限りなく現実世界とリンクする鋭い隠喩(と、オリジナルのオマージュ)が含まれている筈で、恐らく一回さらっと観たぐらいではしっかり理解出来ないのだと思うのです。繰り返し観るべき!…と思うのですが、何故か今作、やたらと長く感じてしまった。登場するのはオスと男ばっかり。全体的に黒と灰色の世界で重苦しく、なんだか似たようなシーンが多くてテンポもあまり良くないような。特に後半の収容所のシーンは『猿の沈黙~サイレンス~』とでも呼びたくなるダークさ…。観返すのはちょっとしんどいです。
それでもシーザーはもう、最初から最期まで文句無くカッコよかった。上司にしたい類人猿No. 1です。あと、あの女の子可愛かったですね。ごりらとおはなのシーンは死ぬかと思いましたよ…。
後は、えーと、ヒトの軍隊が出撃前に「血液が…」とか声掛けしてお互いを鼓舞するくだりが音駒高校みたいだと思いました。きっと穴の無い軍隊なのでしょうなぁ。
…重厚な三部作の完結編に寄せる感想が、こんなしかないとは情けない。さっきから何故だか言葉が出てこないのです。ことばが…。お、鼻血?
うう…。

う…

パン!
daizy

daizyの感想・評価

-
可愛い女の子おとん死んだ時、泣かんだんにゴリラ死んだ時は泣くん?!!
>|