猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

この映画を見るときはエイプ側の視点で見ざるを得ない。1作めは人間側の視点で見るように作られていて知恵をつけていくエイプにわたしは恐怖を感じた。しかし2作め3作めと次第に人間の浅はかさが浮き彫りになっていくこの脚本はみるものの心を打つ。
Yuu1105

Yuu1105の感想・評価

3.8
大好きなジャンル
リブート版三部作の完結編。
シリーズ通して面白かった♪人間社会から猿の惑星になるまでの過程をオリジナル版とは違った解釈で展開してて、良くまとまってんな〜と感心☆
もちろんヒト対エイプの戦いの話だが、今作の主軸となるのはシーザーの悲哀や苦悩、葛藤なんで重厚なドラマとなっております。

エイプか?ヒトか?どっち?原始人?つー強烈な顔面の持ち主・ウディ大佐の勇姿に感服!あぁ、コレって最新版キングコングのサミュエル大佐のそれと同じ感覚だわ♪(笑)。そしてあの女の子、超絶可愛かった♡アマンダ・セイフライドばりの美人ちゃんに成長して欲しいです(^^)
riekon

riekonの感想・評価

3.0
人間だけど猿たちを応援してしまうね😆
3部作の最後がこんなに悲しいとは…
シーザー…😢
昔の「猿の惑星」の人間がどうしてああなったか分かって良かった😊
最近の猿の惑星シリーズ、3つ通しての点数としては5.0点を付けたいくらい良かった。
ただ一個ずつ比べるなら、1と2のほうが良かった気がする。
と思ったらジェネシスの自分の評価が思っていたより低かったので、また観なおさないと。

中学時代、猿のような風貌でいじめられたことがあるけど、「僕は人間だ。」と思ってた。
そして今猿の惑星を観て、「僕は人間だ。」と思うわけですよ。

そういう意味で、3作目にして猿vs人間よりはシーザーにフォーカスが当たってて、そこは良かったなと思った。

これを機に昔の猿の惑星も観てみようかな。
ぺいよ

ぺいよの感想・評価

3.9
ライジングの流れ勢いのままおもしろかった
女の子が可愛い
forest

forestの感想・評価

3.8
ジェネシス、ライジングともになんとなく〜で見たと思うので💦あまり記憶になく…でもあの可愛かったシーザーのあの重厚な表情を見ると最後は気にならないわけないです。
ずっとみていて、こりゃダメなやつだなぁと思っていたのですが、やっぱり泣いてしまいました。シーザー、あたしにはもう人にしか見えないよ〜目が特にさ〜(T-T)どこまでアンディ・サーキスなの?動きだけ?目はあれなの…?グスン(T-T)泣くよ〜。

そしてモーリス。(…どこまでモーションキャプなの…)泣いた…(T-T)そしてあの名前が出てくるところも、泣いた。



(猿の惑星はテレビドラマでも泣いたんだった…)
タツキ

タツキの感想・評価

3.0
新世紀よりかなり世界が荒廃していた。
崖っぷちに立たされると人間は凶悪なことを考える恐ろしい生き物だと思う。
エイプ達は本当に静かな暮らしを望んでたと思う。
アンディー・サーキスを超えるモーションアクター
はこの先も出てこないと思う。そのくらい天才だと思う。
なんで喋れなくなったかわかってスッキリ。
がく

がくの感想・評価

3.5
作品を追うごとに進化・成長を続ける猿達。それぞれの想いは交差し、見事な猿ドラマが完成していた。シーザーはやっぱりカッコイイ、強く慈悲深い、最高のボスである。
>|