猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

この映画を見るときはエイプ側の視点で見ざるを得ない。1作めは人間側の視点で見るように作られていて知恵をつけていくエイプにわたしは恐怖を感じた。しかし2作め3作めと次第に人間の浅はかさが浮き彫りになっていくこの脚本はみるものの心を打つ。
mitchell

mitchellの感想・評価

3.9
新三部作の最後かな。
旧作品の登場人物と同じ名前がちらほら!ノヴァ天使!!

クスッと笑えるとこもあり、シリアルなとこもあり楽しめました♪
猿が善で、人間が悪の対決物語。
ウィルスで人間が退化していくのに、猿は進化していく世界は、バイオハザードのゾンビが猿に置き換わった感じ。でも猿はいいやつやし、賢いんやから共存して、対抗ウィルス開発せえよ人間。
YUJI

YUJIの感想・評価

2.9
リブート完結編。SFX技術の発展が分かる一作。シーザーの無念さ。
4343

4343の感想・評価

3.6
最終作見ました!
1は人間側の話がメインで
2が人間と猿、両サイドそれぞれの視線で描かれ
3は完全に猿目線の作品でした!
面白かったけど、個人的には前作のほうが好きかな。
NOVAちゃんは可愛いかった。けど、もーちょっと理解有る人間とか人間の視線も混ぜて欲しかった。今回の人間は只の悪+愚か者な感じ。でも、猿も全体的にダークサイドな感じで前作よりちょい暗かったかな。
まぁ、でも相変わらず映像はいいし楽しく見ることは出来ました。
子どもの純真さにはっとさせられる。
猿の惑星シリーズは好きです。
JP

JPの感想・評価

3.2
記録
まるお

まるおの感想・評価

4.4
人間はどこまで行っても愚かだ。

リブート版最終作、ようやく観れました。
このシリーズ大好きなんだけど、どっと疲れるのです。。
ていうかこの映画、完全に猿目線で観ちゃいます。

猿インフルで人がゆるやかに死滅していく世界においてすらなお、多種族を踏みにじり虐殺し、ゴリラのレッドにドンキーなんて蔑称つけてさげすむ人間が哀しかったり。

前作でコバを諭したはずの憎しみに、今作ではシーザーが捕われてしまう。
この映画で描かれる「戦い」には爽快感など何もなくて、
勝っても負けてもただ虚しさだけが漂っている様な気がします。

唯一の癒しはバッドエイプと、
一種神々しさすら感じるノバがただひたすら可愛らしい事。
「レオン」や「ローガン」でもそうだけど、
無垢と野獣の組み合わせって絵になります。
欲を言えばもっとノバと猿たちの絡みを見たかったかな。

シーザーやコバやノバ。
旧シリーズにも通じる名前が出てきたりと、
旧作への愛も感じられる今シリーズ。
これでいったん終わりなのだろうけど…
この終わりは辛いなあ。。

憎しみに捕われた結果ではあるんだろうけど…
もしシーザーがあの時憎しみにとらわれなければ最後は違ってきてたのにと考えたり。。
うーん、やっぱりこの終わりは辛いなあ。
エイプと人類の戦い。
前作同様、暗い雰囲気の中、
エイプも人類も譲れない戦いが続く。

「猿の惑星」にはさせないという大佐の思いに、
人間の傲慢さが表れている。
人間の支配できないものは認めない。
惑星をも支配できると信じている愚かさ。

住宅街で暮らしていた頃を思うと、
よくぞここまで頑張った、
お疲れシーザーと言いたくなるのでした。
>|