猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりがついにクライマックスを迎える。カリスマ的な主人公のシーザーが、リーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核にした映像世界には、観る者の胸を締めつけるエモーションが息づく。果たして未来を切り開く“希望の地”へたどり着くのは猿か、それとも人類か。誰もが知っている結末の、誰も知らなかった壮絶なドラマが遂に明かされる。

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

4.0
シーザー、渋くてかっこいい!
オラウータンも優しい

エイプたちはただ静かに暮らしたいだけなのに、いつも人間が勝手に邪魔しにして、たくさん犠牲が出るだけの一方的な身勝手な戦いをしてくる。

今回は心情的なとこを深く掘り下げるよりも、戦いのシーンがかなり多かった気がする。
そして、猿の惑星に続いていくのか。
昔の作品を観返したくなる!
endrew

endrewの感想・評価

3.2
おじさんは可愛い女の子が出てる映画は評価高めです
ジェネシスから鑑賞。
些細な近隣トラブルから、人間と猿の戦争に発展するとは。
不安や恐れが偏見に繋がる。
互いを理解する努力を忘れちゃいけない。
How can I help you?の姿勢で。
‎聖戦記やっと観れた\\ ٩( ᐛ )و //

‎これで三部作が完結(よね?)

シーザーがホント頼れるアニキで1作目の創世記に比べて顔つきも全然違って見えた。ジャバーニ並みに男前。アンディサーキスの演技力にあっぱれ!

そしてノバちゃんがすこぶる可愛い。

あとバットエイプもキャラが最高で、
双眼鏡を逆で見てるシーンなんかはもう...。笑

最後のシーンなんかはジィン...と来てしまった。シーザーありがとう。お疲れ様。と言いたい。
WOWOWプライム 吹き替え 録画
マスン

マスンの感想・評価

3.7
なかなか見応えあり、引き込まれてしまった。
リーダーらしいシーザーの知性と行動力。

今回は口の聞けない女の子が出てくる。
バッド エイプもいい存在。
KaNaMeN

KaNaMeNの感想・評価

-
猿達の感情を見事に表現出来てる。
>|