猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

3.7

あらすじ

地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりがついにクライマックスを迎える。カリスマ的な主人公のシーザーが、リーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核にした映像世界には、観る者の胸を締めつけるエモーションが息づく。果たして未来を切り開く“希望の地”へたどり着くのは猿か、それとも人類か。誰もが知っている結末の、誰も知らなかった壮絶なドラマが遂に明かされる。

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

4.0
シーザー、渋くてかっこいい!
オラウータンも優しい

エイプたちはただ静かに暮らしたいだけなのに、いつも人間が勝手に邪魔しにして、たくさん犠牲が出るだけの一方的な身勝手な戦いをしてくる。

今回は心情的なとこを深く掘り下げるよりも、戦いのシーンがかなり多かった気がする。
そして、猿の惑星に続いていくのか。
昔の作品を観返したくなる!
たま

たまの感想・評価

3.8
予想どうりの結末でしたが、最後のシーンがあまりにせつない
TAMAKI

TAMAKIの感想・評価

3.1
シリーズが続くに連れて人間感が増すと思いきや、「そこは猿なんかいっ!」と言うシーンがチラホラと。
だからか、少し強引過ぎて、個人的にはシリーズの中では一番無かったかと。
ブラン

ブランの感想・評価

3.3
まだ続きそう。
正直全然おもしろくねぇー笑
吹き替えのヤバ味も相まってシリアス展開が凄い辛かった…
猿を殺す動悸弱くないっすか💦
完結篇です。初代の猿の惑星に繋がるにはあと一話ほしいですので、続編に期待してます。どう撮影してるかという特典映像がすごくおもしろかったです。すごい技術ですね。
senna

sennaの感想・評価

3.7
シーザー(;;)(;;)(;;)
期待以上の出来に敬意を示すため猿などと呼び捨てにせず、できる限り丁寧に、お猿さんと呼びたい。まずお猿さん達の質感の見事さよ。特にオランウータン。シーザー以外のお猿さんがベラベラ喋らないのもいい。あとお猿さんの死に涙する女の子はもう完全なる天使。そしてどうみても古き良き映画へのオマージュの数々…『ドクトルジバゴ』に『地獄の黙示録』に『大脱走』か?アウシュビッツ系のはなんだろう?他にも色々ありそうだけど極め付けはやっぱ『スパルタカス』。音楽も古き良き感に溢れててどうやら渋好みのマット・リーブス 。SFとしちゃやや地味かもしらんが補って余りある人間ドラマならぬお猿さんドラマに満足。
りょう

りょうの感想・評価

3.0
猿度 ★★★★★
話の展開 ★★★
おすすめ度 ★★★

時間があったので飛行機の中でみてみました
猿たち皆が喋れるわけではなくて
ウホウホしてました
なかなか個々の表情が豊かで個人的には良かったです
少女もとっても可愛い!

猿のための映画という感じでした
>|