猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

manara

manaraの感想・評価

3.1
初めて見ました。筋は分からない。けど、まあ、見れる。やっぱり見るなら1作目からですな。感動はしなかったけど、話はわかった。
当たり前なんですが吹き替えで見たのに猿たちの言葉がほぼ字幕で途中まで吹き替えの意味がなかったですというどうでもいい話は置いといて、面白かったです。
ただ一作前のライジングを見てない気がする。。
完全にエイプ側の話で人間め、、ってなりました。
芋羊甘

芋羊甘の感想・評価

3.7
10.31
後半、雪山でニュルニュル動く猿の動き。
(これで勝負するぞ!この動きで)と言わんばかりの豪快さ。
うーん、この作品だけならあんまり印象に残らない感じ。創世記がやはり一番良かったですね
そして分かってはいても、人間が負けてしまうのは複雑(笑)
旧一作目に繋がる作品として作ったとの事で、今度は旧一作目を見てみようかな。
あさみ

あさみの感想・評価

3.0
わかってるんですけど、人間が負けるのは切ない!!!

ここまで行くまでに出来ることってあったよねと、フィクションさながら考えさせられる。

三部作の最初に出てたジェームスフランコの回から、みる度に切なくなる。

ターミネーターといい、猿の惑星といい、これからの科学の発展てこうならないことを願いたい!!!

この作品だけなら3点以下、全体通して3。創世記が一番よかった!
シーザーは侍だ。
ザン

ザンの感想・評価

3.8
ドンキーと呼ばれたゴリラの最期の良心も虚し。ロバ。少女はノバ。コーネリアス、父の遺志を継いでたくましく成長していく。
24

24の感想・評価

2.5
既定路線の結末!

創世記から三作目、
いよいよ猿vs人間の最終決戦

一作目の高揚感はどこへやら、
ぼんやりと記憶に残る程度の作品でした
惰性で観た感じ

オリジナル版へのオマージュがあったり、
楽しめましたけどね
るーく

るーくの感想・評価

3.9
よかった
かい

かいの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』

『猿の惑星』前日談の最終章。1作目の創世記を観たのが6年前、2作目の新世紀を観たのが3年前と3年周期でシリーズを追っていったので、前作の内容が記憶から飛んでいた。鑑賞前にWikiでざっと見返してから鑑賞した。
リアルの人間のような精巧な動作を再現していて、モーションキャプチャー技術の凄みを再確認した。ただ、内容はちょっとご都合主義だったかな。当然、前日談であるから世界の成れの果てがどうなるかは明らかでそのゴールに向かって話が進むはわかる。でも、それを控除しても全体として短絡的だった。エイプウイルスや自然災害などのタイミングがシュールなんだよ。起こるとしても伏線を張って欲しかった。
3部作だったけど、シリーズ物としての相関関係があまり感じなかったかな(忘れてるだけ?)。実際、主演も毎回変わってるし。その分、フル出場したアンディ・サーキスの異彩は際立つね。只者じゃないって。
>|