猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

KO

KOの感想・評価

3.5
猿、実はこれ他民族のメタファーだったりするのかなって思いました。
ライジングの出来が良過ぎたのか少しインパクトが薄れてしまったけど、シーザーの知的で誠実な行いっていうのが引き続き印象に残る作りになっている。
元凶のコバがフラッシュバックしたり、自身がコバのようになっていく葛藤みたいなところがめっちゃ良い感じに描かれている。人間よりも人間らしくて、これほど感情移入できる映画はあまりなかった。
結局、人類を滅ぼしたのは猿ではなく自分達だったっていうのが凄く皮肉で。
でもきっと我々人間の本質はそうなんだろうなと。自分達よりも優位に、あるいは対等に渡り合う生命体がいるとすればきっとこうなってしまうんだろうな。
magnolia

magnoliaの感想・評価

4.0
いきなりここから観たが、そう迷わず面白く観た
深い考察と配慮をもつ猿、というインパクト、既知だが衝撃を受けた
終演後の出口で「シーザー超かっこいいっ」といい合う女性2人に一瞬「猿やで猿」とは思ったが、確かにカッコいい

人間の子供の立ち位置がかなりの色を添える、言葉とは何か

物の進歩だけでは種は生き残れない、思いやりと団結
生きる目的、存在する理由、勇気の根源
ちょっと待ってノバってあのノバですか!!え、悲しさ。あんなに良い子なのに何があるんだろう。めちゃくちゃ可愛かった。天使だろ。
シーザーサーガ終結。初のコメディリリーフキャラも登場して今作のダウナーな物語に少しばかりの安心を与えてくれました。けど不満があります。。猿的な運動神経を使った戦闘シーンが全く無い。もっと跳躍して倒せよぉ。銃とかそんな使わないでも良いんでは無いか。馬乗りになって両手殴りする猿ほど怖いものはないし、それこそが猿の惑星で最高の恐怖を感じるところなのに今回それがない。残念。
ただ悪役良かったです。悪役の論理にも説得力があって重厚感のある作りになってました。

シリーズのファンとして凄く楽しむことができました。
ren9120

ren9120の感想・評価

4.0
お猿さんに感情移入したのは初めて。
良作。
かず

かずの感想・評価

3.1
そして猿の惑星になったわけか。
れ

れの感想・評価

4.3
身近にシーザーいないかな…
カッコイイしか出てこない
k

kの感想・評価

4.3
モーションキャプチャでのエイプ達の演技が素晴らしい。
それだけでも一見の価値あり。
>|