猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりがついにクライマックスを迎える。カリスマ的な主人公のシーザーが、リーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核にした映像世界には、観る者の胸を締めつけるエモーションが息づく。果たして未来を切り開く“希望の地”へたどり着くのは猿か、それとも人類か。誰もが知っている結末の、誰も知らなかった壮絶なドラマが遂に明かされる。

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

なるほど
そういう
ことだったのか
なっとく
なゆか

なゆかの感想・評価

4.8
SF映画

・ライジングから5年後
※ジェネシスから15年後

・エイプがまさかの人間側に寝返ってる。
・コーネリアス⁈ってなる。
・戦争したいわけじゃないというのが心痛む。
・モーリスが凄い素敵
・やっぱ、死亡フラグだったかというところ辛い
・凸凹チームが良い!
・BGM変わるところが楽しい
・ラスト泣く。
・初期シリーズ、改めて観直したくなる!
kaoru

kaoruの感想・評価

3.0
シーザー(泣)
nagashi

nagashiの感想・評価

3.8
全体的にシリアスな感じの中のバッドエイプの存在がウケる
まい

まいの感想・評価

4.1
争う人間がどれほど馬鹿で醜く、
ちっぽけなのか。
生き物同士が互いに対立すること、差別すること、区別することが、
どれほどの悲劇に繋がってしまうのか。

−人間とは?−

私はエイプ?と聞いた少女に、君はノヴァだと教えるモーリス。
自分は、自分。簡単に分けていいもんじゃ無い。あなたはあなた。私は私。

映画を見ている最中、兵士の人間が猿に見え、猿が人間に見える時があった。(朝の号令?のシーン等)
こういう細かなシーンからも、自分は何者かを考えさせられる。

とても面白かった、猿の惑星シリーズはとても好き。
WOWOW録画鑑賞,
人間側のドラマや猿側のドラマも良かったです。
USK

USKの感想・評価

3.7
何よりもウディハレルソンのキャラが最高でした。前作よりは劣る。
N

Nの感想・評価

3.4
記録
Uendi

Uendiの感想・評価

3.0
-三作品で一番面白かった
-シーザーが最高にかっこいいの。
-仲間と家族のために戦ってるんだには痺れた
-これが猿の惑星につながるのね..と色々繋がった。
-そして見てるとそりゃあ人間...ってなる。
バッドエイプがクソ可愛いのでこの点数。
>|