猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の作品情報・感想・評価・動画配信

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)2017年製作の映画)

War for the Planet of the Apes

上映日:2017年10月13日

製作国:

上映時間:140分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」に投稿された感想・評価

uga

ugaの感想・評価

4.0
シーザーモーリスロケットドンキー良すぎい
なるほど、これで第一作へつながるのか。ストーリーも良くできていて、CG技術も素晴らしかった。一つだけ残念なのは舞台がすべてアメリカだけだったことかな。
hgs514

hgs514の感想・評価

4.0
馬ってオランウータンとかゴリラ普通に乗せれるんですね、凄い積載量…❣️
 CG凄い。
 ラストが泣ける。
残念ながら新生『猿の惑星』3部作シリーズの最終章となる当作品は、前二作に大きく引き離される駄作に終わりました。その理由は明白で、シーザー含めて猿達が捕らわれ強制労働を強いられた後半のストーリーは猿を人間に置き換えれば様々な映画で描かれてきた見馴れた場面であり、全く斬新さを感じない。人の代わりに猿が演じているだけの話です。
元祖『猿の惑星』シリーズが回を重ねる毎に駄作度合いを深めたのと、当作品は同じ轍を踏んでしまったと言うことでしょう。
いずれにせよ、ヒーロー=主役として当シリーズを強力に引っ張ってきたシーザーの死によって、このシリーズも一旦は終了となりますね。果たして元祖『猿の惑星』第1作目の衝撃のラスト“自由の女神” に導くストーリーはまだ謎のままです。楽しみに待つことにします。
颯

颯の感想・評価

4.0
脚本家の二人が述べてるように
話の運びや展開はわりと聖書的で
そこに「大脱走」とか色々な映画のオマージュというか
インスピレーションを受けたであろうシーンが多く
でもちゃんと新シリーズとしての「猿の惑星」で
見やすい。

大佐を演じるウディ・ハレルソン、
大隊の絶叫を見下ろしながら頭を剃るシーンも
最後にちょっと悲しい終わり方をするところも
彼が持ってる変態性に近いエロティックさを感じざるをえない。
名優。

ノヴァ役のアミア・ミラー
めちゃくちゃ美人だなぁ。

これにて猿の惑星シリーズ全作品鑑賞終了。
お疲れさまでした。

このレビューはネタバレを含みます

2017年アメリカ映画。

hinakoさんとの「猿の惑星 新世紀マラソン」もいよいよゴール前最後の直線に差し掛かりました❗一気に走り抜けましょう👍
リブートシリーズ最終章。

【ざっとあらすじ】
猿と人類が全面戦争に突入して2年。猿の群れを率いるシーザーは、軍隊を統率する冷酷非情な大佐の奇襲によって妻子を殺されてしまう。大佐への憎悪に駆られたシーザーは、多くの仲間を新たな隠れ場所へと向かわせ、自身はわずかな仲間と共に復讐の旅に出る。その道中で口のきけない人間の少女と出会い、ノバと名付けた一行は、さらに人間の物資を盗んで生きている奇妙なチンパンジーのバッド・エイプと遭遇し、大佐の居場所を知る彼に道案内をさせる。やがて大佐のアジトである巨大な要塞にたどり着いたシーザーたちだったが、冷静さを失っていたために大佐に捕獲されてしまう……。
(Amazonより)

【今作のポイント】
●各々の対立→人間対人間、猿対猿、猿対人間
●言葉失った少女ノバとはぐれ猿バッド・エイプ
●マカロー大佐とは
●シーザーから次の世代へ

【では順に考察を】
●各々の対立
・人間対人間→猿インフルエンザを乗り越えた僅かな人類→その抗体が更に脅威に→ウィルスの突然変異により人間は言葉を失う→感染防止の為感染者の削除=繰り返す負の連鎖、差別意識。救済より排除
・猿対猿→コバ陣営にいた猿は人間側に→猿の奴隷化に協力→シーザーに対する復讐心=恨みや憎しみの連鎖、やはり人間も猿も一緒なのか?
・猿対人間→コバが起こした戦争→やはり復讐の連鎖か?→シーザーの家族が人間の犠牲に→燃え上がる復讐心→付きまとうコバの影→「猿は猿を殺さない」→コバを殺した報いなのか?=シーザーの苦悩、迷い
●少女ノバとバッドエイプ
・癒し担当ノバ→終始重い雰囲気の中にあってほっこりさせてくれる😊
・実は今作のキーパーソン→ウィルスの感染源としての存在→猿側には自らの知性を発達させてくれる存在。人間側には言葉を奪い、知能を低下させる存在。
・お笑い担当バッドエイプ→彼の存在で作品の緊張と緩和がうまく機能したのでは😊
●マカロー大佐
・ウィルスの突然変異→人類の滅亡確信→滅亡回避のため、感染者、猿、自分に賛同しない人間の排除を目指す
・選ばれた人間→感染した我が子を殺害→神に選ばれ感染回避を確信→選民思想
・大佐の信望者→彼のカリスマ性に部下たちが洗脳される→ヒトラーをイメージか?🤔
・大佐の感染→少女ノバの人形から呆気なく感染→選民思想、差別主義の崩壊、敗北
●シーザーから次の世代へ
・シーザーの決別→感染した大佐、自分の殺害をシーザーに頼むも拒否→憎しみの連鎖を断ち切る→苦しめられていたコバの亡霊との決別
・シーザーたちは安住の地へ→ようやくシーザーも自分の使命を全う→シーザーの精神は次の世代へと受け継がれる

【総評】
🔵とても見応えあり、で一度見始めると、どうしてもすぐ次が観たくなるシリーズでした👍
🔵マカロー大佐を人類を救う救済者や指導者の様に描いてましたがシーザーが真の指導者となり本物の英雄になっていく描写との対比が良かったですね😄
🔵少女ノバから感染すると人間は言葉を失い知能低下、猿は更に知能向上→この辺の設定も面白い👌ネットで検索したら凄い美少女でした😄
🔵「憎しみの連鎖に負けた人類→滅亡、憎しみの連鎖を断ち切ったエイプ→繁栄」といったところでしょうか🤔
🔵少しキリスト教的な色合いが強い気がしましたが、そこも良しとしましょう✨
🔵マカロー大佐はもろ「地獄の黙示録」のカーツ大佐っぽいですがそこも素直で楽しめましたね😅
🔵ラストのシーザーの全てのことから解放された安堵の表情はグッときてしまいした!泣けます😭

hinakoさんとのマラソンもこれで終わりかと思いきや、そうまだ残ってます。ある意味名作かも😅
ティム・バートン版猿の惑星👍
次回は「猿の惑星・新世紀マラソン」番外編です✨
hinako

hinakoの感想・評価

4.0
猿の惑星💫
新シリーズ突入第3弾🦍

これまで以上に緊張感が半端ない。
復讐心、心の葛藤から生まれるものは一体何なのか。何の為に、誰の為に争うのか。
沢山考えさせられながら、感情移入しながら観ている自分も、人間側じゃなくてずっとエイプ側の目線でした。

シーザー最高にかっこいいよ。
本当に誇らしいヒーロー。人間なんて滅びれば良いとすら思ってしまったけど、きっとシーザーはそんな事は望んで無いよね。

猿の惑星シリーズ、
素晴らしい幕の下ろし方でした。

オリジナルからこのシリーズにかけて、作品を観る前は、人間目線で単に恐ろしい猿たちが出てくる映画だと思っていたけど、全然違った。180度変わった。こんなにも味わい深いものだったとは。言葉で言い表せないです。

オリジナル5作、リブート3作、今作を持って猿の惑星シリーズ終了です!
ありがとうございました♡
ハゲゾンビ先ぱいとも楽しくマラソンさせて頂きました!🏃🏃✨

しかしここで忘れてはいけない、ティム・バートン監督版も観なくては!笑
柚

柚の感想・評価

3.9
エイプ仲間殺さない

最後は感動、シーザー長旅お疲れ様でした
>|