キル・ビル Vol.1の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

キル・ビル Vol.12003年製作の映画)

Kill Bill: Vol. 1

上映日:2003年10月25日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.4

「キル・ビル Vol.1」に投稿された感想・評価

ふ

ふの感想・評価

-
📯記録用
浅

浅の感想・評価

3.4
ルーシー・リューの、
ヤ''ァァチマィナァァは耳に残る。
起承転結の組み替えられた展開やセンスの良い選曲など、いつものタランティーノな所もありますが、アクションメインな今作。

ただうーん。
絵に迫力を感じないのが正直な感想です…。
前後編に分けるくらいなのでアクションをたっぷり見せたいキルビルだと思いますが、○○フーで飽きないアクションを魅せるジョン・ウィックみたいな作品がある時代ですから、刀一本だとどうしても絵が持たない。
私設軍団に囲まれた時も、これ長くなりそうだなーって思っちゃいました。

でも、車内で親指と格闘するのはさすがの面白さ笑
上田

上田の感想・評価

4.0
ゴーゴー夕張
冒頭シーンは最高でクセ!クセ!
中盤もクセ!クセ!
終盤もずっとや!

奇をてらった作品といえば嫌味臭くなってしまいますが
タランティーノ監督には至上の表現かもしれません。

とにかくタランティーノ作品の中でも異質なくらい、日本文化とタラちゃん節がミックスしています。
これが私にはまあ合わなかった。

序盤のアクションなんかは素敵です。
リアルな間合い、タイミングの殺陣で
日常との解離が激しいからこそ、外の風景や家具を使った戦闘が滑稽なのに手に汗握る名シーンです。

全体的に思い付きでやってるのかと思うほど、途中途中で詰めが甘いと感じずにはいられない。
傘のように飛行機の座席に持ち込み立て掛けられた日本刀。
どんだけ声を張り上げても何言ってるかわからない國村隼。
コントみたいなワンシーンしか出てこない、意味のない沖縄。
過去最高に意味の成さない日本語講座。

興味深い作品ではあるものの、総じて退屈だと思ってしまいました。
ぷ

ぷの感想・評価

-
「カカッテキナ、オモイッキリネ」
2019-10-25 久し振りに。
GOGO夕張は草
that's entertainmentって感じのグロさ。楽しい!