キル・ビル Vol.1の作品情報・感想・評価

キル・ビル Vol.12003年製作の映画)

KILL BILL: VOL. 1

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.4

「キル・ビル Vol.1」に投稿された感想・評価

Kuuta

Kuutaの感想・評価

3.6
タランティーノがいつか見た幸せな映画。白黒映像に安い効果音、飛び散る血飛沫、人体欠損描写。マカロニウエスタンの時代劇版。

「リアルな日本」よりも「タランティーノが映画の中で知っている日本」の再現映像。梶芽衣子推しが凄い。会話の面白さは流石で、冒頭から全く退屈しなかった。

アニメシーン、普通に見応えがあったし、血の演出も素晴らしかったが、それだけに栗山千明による実写で見たかった。

深作欣二への愛に溢れたヤクザ描写。國村隼の下りでルーシーリュー姐さんに完全に心を持っていかれた。最後の戦いもルーシー姐さんを応援していた。「チャーリーブラウン、あんたもだよ」がかわいい。「ここから英語で話します」のメタな言語ネタは、後のイングロリアスバスターズにも通じる。

雪の日本庭園でのチャンバラは撮りたいものを撮ってる感じがして良かった。鞘を静かにひっくり返し、投げ捨てるルーシー姐さん。真っ白な着物から一筋垂れる赤い血。素晴らしい。

千葉真一が気持ちいいくらい台詞を噛んでいたが、タランティーノは日本語よく分かっていなかったのだろう。そのまま使われている。千葉真一の剣術見たかったなぁ。「日本人じゃないけど日本映画を真似てみた」感を出す場面が非常に多い中、一瞬でも本物が出るとすごく効果的だったろうに。

執拗な足フェチショット。出てくる女優の足はほぼ一回はアップになっているんじゃないか。日本刀持ち込みOKの飛行機のシーンはなんかシュールで好き。あまりに赤い夕焼けと、ミニチュアの町並みは日本の特撮映画へのオマージュだろう。

ルーシー姉さんが「白人が侍にはなれない」と指摘していた通り、ユアサーマンがあんまり強そうに見えないのが不満点。

過去作へのオマージュとして編集や効果音で遊ぶのも良いが、これだけ日本刀をフィーチャーした映画なんだから、「ユアサーマンが日本刀を持ってるだけでアンバランスで可愛い」というイメージに頼らず、もう少し重々しい殺陣を突き詰めて欲しかった(栗山千明との戦いは良かったが)。

例えばデスプルーフは過去作ネタで遊ぶところと、本気で過去作を超えに掛かるスタントシーンのメリハリがあったのでラストで大興奮できたが、今作は最後までキッチュな感じが拭えなかった。敢えての安っぽい作りと、真面目に見せたいドラマが喧嘩しており、後者に素直に乗り切れない感じ。

ラストで復讐に成功したはずなのに、イマイチ感情移入できないのもそのせいかと。まぁ、どうしても日本語台詞が気になるので、悪い意味で引っ掛かりが多くなるのかもしれないが…。73点。
SUP

SUPの感想・評価

3.7
つえ〜
マルコ

マルコの感想・評価

3.8
初めてのタランティーノ作品は「キル・ビル」でした😉もう最初のアクションシーンから心掴まれました。アニメーションで話が進んでいくのもお気に入りです。日本が詰まりに詰まっていて監督は余程日本が好きなのだろうと思いました。逆にアメリカンな部分ももう少し取り入れて良かったと思います🤜⋆͛🤛ただ後半では日本語と英語が混ざりに混ざって混乱しそうに😵🌀エマさんの日本語「どうも」「ありがとう」「こんにちわ」は違和感ないけど、後半戦ってる時の日本語は少し違和感というか。下手くそというか。日本に来たばっかの設定なのにいつそんな難しい言葉覚えたんだ!?て。GOGOがカッコよかったです。あんなカッコよくて可愛くて強い女子高生無理です(笑)釘の刺さった板見つけてなかったらエマさん負けてましたね。あと聞いたことあるBGMばかりでこの作品は日本に凄い影響を与えたんだなと実感しました🦖=͟͟͞͞

メモメモ५✍( ¨̮ )メモメモ
・ソフィの通訳「FUCK野郎」
・ヤクザの連中多すぎ(なんか衣装の質というか安っぽい敵でした)
・すぐ降参するヤクザ→おしりベンペンのお仕置き。
ずっと観たかった作品をやっと。タランティーノ好きだから全てがかっこよく見えた。とても面白かった。タランティーノの好きを詰め込んだ感じが伝わってきて観ていて楽しかった。青葉屋のシーンがセットもアクションも血飛沫も最高だった。邦画で1番好きな映画「リリィシュシュのすべて」の音楽が流れた時は感動した。普段邦画はあまり観ないけどタランティーノが好きな邦画なら観たいと思った。
クレミ

クレミの感想・評価

4.5
ワンハリを2回も見てしまったのでタランティーノ作品を見よう!祭り

布袋ギター、李小龍スーツ、カトーマスク、会話の緊張感、突然のアニメーション(BLOOD THE LAST VAMPIRE…!!)、オーレン石井、ゴーゴー夕張、やられ役の高橋一生、オーレンとブライドの決闘、sunny千葉。
映画オタクが自分の好きなものとやりたいシーンだけを詰め込んで作った本気B級映画。
ダニー

ダニーの感想・評価

3.3
昔見て、全然合わない映画でしたが、タランティーノ作品に好きなの増えてきたので、改めて鑑賞。結果・・・・・・やっぱり合わないww

まず、長い!!特に殺陣。13人の刺客見てからの鑑賞だったからなのか、なんかモッサリしてる所が気になりました。スタントウーマンと本人の動きに差がありすぎるのかなあ・・・あと、会話とかも特別気の利いたことないので、退屈かなあ・・・

良かったのは、美術や小道具が綺麗だったことですかね。日本描写がどうのこうのって、この映画に関してはあんまり関係なくて、兎に角カッコ良ければオッケーみたいな雰囲気なので、そういう意味では美術が凄く良かったです。刀もカッコ良いですね。

続編はみたことないけど、別にもういいやって思いですww
Suama

Suamaの感想・評価

-
ユマ・サーマンが美しい
音楽がやたらカッコイイ
血しぶき半端ないって笑
やみこ

やみこの感想・評価

3.3
過去観賞
pussy wagonが素敵だと思います。
一世を風靡しましたね。
アクション好きなら良いと思います。
NAO

NAOの感想・評価

3.6
曲がイイ!
この黄色いパッケージ、ブ、ブルースリーか?!って凄く印象てだったなぁ。

2013年以前記録👋
>|