キル・ビル Vol.1の作品情報・感想・評価

キル・ビル Vol.12003年製作の映画)

Kill Bill: Vol. 1

上映日:2003年10月25日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.4

「キル・ビル Vol.1」に投稿された感想・評価

「日本への、紅のラブレター」

Q・タランティーノ祭第4弾は、前作から数年の沈黙を経て血みどろを取り戻すも、無駄口は叩かないでひたすら殺し合うチャンバラギャグアクション。
いかにもTOKYODRIFT然としそうな、千葉真一との絡みもばっちりとキメてくる辺りは流石としか言いようがないが、日本語が分からずただ困惑しているユア・サーマンのリアクションに爆笑。
殺陣と舞台が渾然一体と変化していく大立ち回りは最高にクールで、全員ブチのめしてビルのビの字が出かかったところで完結編に続く潔さ、彼女の戦いはこれからだ。
‪人生で初めてカレーライス食べたときくらい衝撃的な面白さ!!
これまでなんで観てなかったんだよ自分。タランティーノ最高だよアンタ、拍手喝采大万歳だよ!!!
アクションも音楽も魅力がいっぱい。Vol.1は話の大筋だけ理解できるようにして、他の部分に力が入れられている感じ。
時代劇、カンフー、西部劇、仁侠とタランティーノの好きが詰め込まれている作品。
魅力的なキャラクターが多いから、キルビルファンでキャラクター総選挙とかやってみたいなと思ったくらい。
個人的には、栗山千明演じるゴーゴー夕張が好き!!
Hiroyuki

Hiroyukiの感想・評価

5.0
ルーシーリュー最高
よしこ

よしこの感想・評価

4.6
こんなに面白かったのか!
意外とゴリゴリのドラッグムービーですね。
美女に惨殺されたい欲求をピンポイントで満たしてくれる傑作!


ツッコんだら負けだと思ってできるだけ没入して見てたんだけど、
イエローのライダース脱いだらイエローのトラックジャケット着てるってのは反則だと思います。
さすがに笑いました。
わに

わにの感想・評価

3.7
バカじゃないの、ほんとに笑

真面目にやりなさいよ!ほんと!
じゃないと、日本刀でおしりぺんぺんよ!

とタランティーノに言ってやりたくなる映画ですね。

英語でもやれるものを、わざわざカタコトの日本語でいつもの会話劇をさせるあたり、本当にバカ。
DVDで久し振りに鑑賞、面白い!
タランティーノ天才かな
やっぱたまんねぇよ、タランティーノ…

クリエイターが好き放題やってる作品はなぜこうも面白いんだ…

これは何年経っても楽しめる自信がある

日本版は見たことないからいつか見てみたい
TJ

TJの感想・評価

5.0
意味不明で、やりたい放題で、はちゃめちゃな映画です。

褒めてます。

こんなにコミカルに人が死にまくっていく映画を僕は知りません。

グロいといえばグロいけど、笑えるグロさです。

タランティーノの日本に対するリスペクトも感じられます。
シュウ

シュウの感想・評価

3.8
栗山千明かわいい
SKR

SKRの感想・評価

-

え〜超面白かった

オーリン石井あんた日本語片言やんけって
思ったけど
役がアメリカ人じゃなくて
ちゃんと日本人になってるーって感動した

あとはユマ、、美しい、、
かっこよかった、、
けど皆の死に様を観てるのは可笑しくて茶番でした


「ヤッチマイナ-!」

「キィィィィイイ!」

(スーツ版ショッカーなの…?)
>|