イチロヲ

女番長ゲリラのイチロヲのレビュー・感想・評価

女番長ゲリラ(1972年製作の映画)
4.2
京都におけるズベ公グループの縄張り争いに対して、かつての総番長(池玲子)が仲裁に入ろうとするのだが、図らずも地元のヤクザの介入を受けてしまう。東映「女番長(スケバン)」シリーズの第3弾。

今回のズベ公グループは暴走族という設定。京都の公道を使った「ゲリラ撮影の妙」に映画的な面白さが集約されている。また、杉本美樹と成瀬正孝の役名が「幸子と一郎」になっており、本人役のあがた森魚が「赤色エレジー」を歌う。

登場人物の中では、私のフェイバリット女優でもある、丘ナオミがやっぱり面白い。尼寺を抜け出してきた彼女が、尼さんの格好のままでバイクにまたがり、公道を爆走する。もう絵面の時点でヤバイことになっている。

「不良、ヤクザ、暴力、悲恋、女の裸」という、大衆映画に必要不可欠な要素を、サービス精神旺盛に詰め込んである作品。当時の日本映画のエネルギー量を猛烈に感じ取ることができる。