すったけ

インターネットの申し子:天才アーロン・シュウォルツの軌跡のすったけのレビュー・感想・評価

4.5
テクノロジーというよりは政治よりのドキュメンタリー映画。
この映画でアーロンシュワルツを初めて知った。アメリカでこのような政治的議論があった事も知らなかった。もっと世界に目を向けなければ‥...

インターネットネットには良い面と悪い面があるのは事実であり、使い手によってそれは変わる。政府はネットによる犯罪など悪い面ばかりを誇張して規制によりイノベーションを妨げて良いものなのだろうか。
また、規制の枠組みに囚われず常に疑問を持つことの重要性を改めて感じた。何のためにできた法律なのかその恩恵はだれが受けるのか?当たり前の事を当たり前ではないとを思うのが大切。