神のゆらぎの作品情報・感想・評価

神のゆらぎ2014年製作の映画)

Miraculum

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっている…

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっていることに。正しい選択とは何なの か。人間に許された最良の決断とは。複数の物語が過去と現在を行き来しながら、その終着点――墜落する運命に あるキューバ行きの飛行機へと向かう、深遠な余韻を残すヒューマンドラマ。

「神のゆらぎ」に投稿された感想・評価

これ以上ないぐらい綺麗に涙が出たなぁ
Anzu

Anzuの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

邦題に惹かれて。
自分があまり神様を信仰する気になれないので、天邪鬼な気持ちで見てみようと思った。

淡々と静かにぽつぽつ展開していく。
人物のつながりが分かった時、頼むから救われてくれ……って願った。が、ことごとく裏切られた。絶望
やっぱり神はいなかったな。

エティエンヌが好きすぎる。これがドランなのか…なるほど
キスしながら吐くシーンが最高に好きでした
宗教上の理由で輸血を受けられ無い白血病の男性と婚約者。其の他の登場人物でも色々な人間模様が展開されますが、善悪で判断出来ない人も信仰の有る無しも関係無く、人間は等しく死ぬのだと痛感した作品でした。「飛行機が落ちるのは全能の神が存在しないからだ」と云う台詞はとても奥深い。其れでも神を信じて祈り続ける。

グザヴィエ・ドランは今回は監督では無く俳優として出演。相変わらずデリケートな演技をするのが得意な方ですね。
memo

memoの感想・評価

3.7
『死は必然だ』
『人間は不浄である』
恋人たちの愛しあう時間はなんて儚くて美しいんだろう
観た後もずっと考えていた。群像のひとつひとつを反芻しながら、未熟ながらも丁寧につなぎ合わせる作業をしていた。

それぞれの選択がひとつの結果に辿り着く過程が描かれている中で、エホバの証人が取り上げられていることにすごく移入して観ることができた。

「神はなぜ苦しみを赦しておられるのか」

聖書の知識として理解してはいるものの、この世界に生きている以上、その理解を超える感情が湧き上がる出来事と葛藤し、日々闘い続けながら救いを待つ彼らの描写。お互いを兄弟姉妹と呼び合う信仰で結ばれた家族。でもそこに疑問や反発は許されず、背けば斥ぞけられる。それでもその選択をした彼女はただ教えに従って生きるのではなく、本当の自分自身の選択をした。"血"を巡ってのそれぞれの葛藤が苦しかった。

人は生きていれば誰もが罪を犯す。その罪にどうやって折り合いをつけて生きるか、まだまだ結論は出そうにないけど、日々考えて生きないと。

今年観た映画で一番刺さった作品かも。

ドラン最高でした。
さえ

さえの感想・評価

3.8
この映画で描かれる選択は、思いがけないところで誰かの人生を左右する。

愛する不倫相手と旅行を計画しなければ。夫婦円満のためにキューバ行き飛行機に乗っていたら。ドラッグ密輸の罪から逃れるために飛行機に乗らなければ。信仰に背き輸血しなければ…。

他人と自分が、どう交差しているのか。面白い焦点だと思いました。
輸血のできない宗教観について目に付きがちになりますが、あくまでも他人を左右する自分の選択がテーマで主軸となる映画です。 人の考え方は無限だということを表しているのではないでしょうか。

ゆっくりとでも確実に一点へ収束するストーリーに、どうエピソードが混ざり合うのか、とても集中して見ることができました。
Nodoka

Nodokaの感想・評価

3.5
宗教の理由で病気なのに治療できない、ちょっと信じられないような内容だった
本人は生きることを諦めているけど、恋人は彼にもちろん生きていてほしいわけだし
そこの意見の食い違いが生まれてしまう
現実では考えられなさすぎて入り込めなかったかもしれない
でもドランの演技はやっぱりすごい
監督してもすごいのに、あれだけ演技できるなんてずるい
観客を引き込む才能とカリスマ性をひしひしと感じる
saori

saoriの感想・評価

3.6
信じるってどういうことなんだろう。

マミー鑑賞以来、グザヴィエドランのファンです。
グザヴィエドラン監督の作品かと思いきや、監督は別人なのですねw
グザヴィエドランは主演でした。

今作、考えさせられるとかではないんです。
今作は、感じさせられると言いますか。訴えかけてくるんですよww

---飛行機が落ちた。

墜落したキューバ行の飛行機。
その機に乗るまでの人々を描きつつ、主軸であるのは白血病になった主人公の婚約者に輸血をしたいがしてはいけないというエホバの証人である看護師です。

軽はずみで観る作品ではない。
N

Nの感想・評価

3.6
好きな人と一緒に居たいなら、それが出来るのはたぶん自分の行動だけで言葉じゃないんだよってことを痛いほどに教えてくれる映画でした。

オチがわからないという声が多い作品ですが、それもあえて言葉で表さなかったのではないかと。
>|