神のゆらぎの作品情報・感想・評価

神のゆらぎ2014年製作の映画)

Miraculum

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっている…

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっていることに。正しい選択とは何なの か。人間に許された最良の決断とは。複数の物語が過去と現在を行き来しながら、その終着点――墜落する運命に あるキューバ行きの飛行機へと向かう、深遠な余韻を残すヒューマンドラマ。

「神のゆらぎ」に投稿された感想・評価

これ以上ないぐらい綺麗に涙が出たなぁ
okei

okeiの感想・評価

3.8
実際、自分がこの状況だったら、いろいろやるせない。
何が正しいか、気がつかないふりして生きてくのも、それはそれで、いいのかもしれない。
気がついてしまったときから、何かが始まってしまうのかしら、なんて。
Kota

Kotaの感想・評価

3.2
“飛行機が堕ちるのは、全能の神がいないからだ。”

全体的に重い。分かりにくいけどメインテーマはある飛行機事故をきっかけにエホバの証人の看護婦が神の(存在)にゆらぐ話。神のゆらぎって邦題かっこええ。

看護師とその白血病の彼氏がメインなのに、墜落する飛行機に乗る人たちの群像劇も丁寧に描いちゃうもんだで、なんか主題が霞んだ。そして時系列といろんな話が混ざり合うので混乱する。さらに全く宗教を信じない僕には「楽園に行くために輸血はしない。ただ祈るだけ」みたいな考え方に全く賛同できなかった。クザヴィエドラン主役でも監督でもないのね。。。

神を信じるのはいいとおもうけど、幸せそうな人は1人もいなかったね。道に立ってるエホバの証人の人にこの映画をススメてみようかな。。。
宏美

宏美の感想・評価

3.6
ショットキモくていい
MARIN

MARINの感想・評価

3.4
エホバの証人。
何かを強く信じる人の心。神とは。
信仰って難しい。

過去と現在が交錯し、キューバ行きの飛行機で全てが繋がる。いつもこんがらがってしまう時間軸が、とてもわかりやすかったし、観やすかった。

今まで自分が観てきたドラン作品とはまた違った映画でした。

特典映像で「自分に役を与えたいために、監督になった。」と語っていたドランの俳優魂に感服。
正しさが呼ぶのは幸せだけか、過ちが呼ぶのは不幸だけか。そもそも正しさとは、過ちとは何なのか、そんなことをずっと考えていた。
たしかドストエフスキーが「神がいなければ、すべてが許される」と言ってたけど、そんな感じ
LouisSato

LouisSatoの感想・評価

4.5
せつない。だけどぐっときた。
人生って何なんだろうか。

輸血を宗教上絶対禁止されているエホバの証人の看護婦と、白血病のエホバの証人の婚約者。
違う宗教の人と恋に落ちエホバの証人からも家族からも追放された、その看護婦の姉。
ケツの穴に大量の麻薬を入れている弟の運び屋と、その弟と疎遠な空港のグラウンドスタッフの兄とその娘。
ギャンブル中毒者の夫と、アルコール中毒者の妻とその不倫相手。
カジノでバーテンダーをやってるおじいさんと、そのカジノで服を預かっているスタッフのおばあさんのw不倫カップルと、そのおばあさんの夫。

それが、絡み合って飛行機の事故を中心に、一本の「人生ってなんだろう」映画になっている。
構図はまさに「ラヴ・アクチャリー」のまじめ版。

神ってなんだろうか?
人生って何だろうか?
そういう人の根本にあることは、簡単にゆらぐんだなあと。
さすがでした。
KNN

KNNの感想・評価

3.7
あれ?思っていたよりずっと良い作品だった
人は死ぬことや飛行機が落ちることと同じように、生者の日々は続くんだよなあ
テーマは重くて深いけど、今この瞬間も信仰と医療化学の狭間で苦んでいる人がいるんだなって知ることができた
1127sn

1127snの感想・評価

2.9
音楽、画面のきれいさは、わかるのですが。
全能の神、登場人物の設定の特異さに、なにかリアリティを感じられず。
収束していくストーリーにも、見たことがあるような。
>|