神のゆらぎの作品情報・感想・評価

神のゆらぎ2014年製作の映画)

Miraculum

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっている…

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっていることに。正しい選択とは何なの か。人間に許された最良の決断とは。複数の物語が過去と現在を行き来しながら、その終着点――墜落する運命に あるキューバ行きの飛行機へと向かう、深遠な余韻を残すヒューマンドラマ。

「神のゆらぎ」に投稿された感想・評価

これ以上ないぐらい綺麗に涙が出たなぁ
muka

mukaの感想・評価

4.2
輸血や不倫やドラッグなどエホバの証人へのアンチテーゼが描かれている。

ドランのシーンが少ないのが残念
トマト

トマトの感想・評価

4.0
グザヴィエ・ドラン出演作品。
誰もが他の誰かの言動に影響を受けることがある。大切な決定をしなければならない場合、それはどれだけの影響力を持つのだろうか。

エホバの証人の場合は、聖書から多大な影響を受けていることが見てとれた。本編中、白血病で苦しむエティエンヌが[使徒15章28,29節]と[創世記9章4節]を呟き、唯一の治療法である輸血を拒む。家族は「試練」と受けとめる。

冒頭でエホバの証人の集会場面が描かれている。エティエンヌが聖書を開いて読み、説明しているところからして、聖書を通して与えられた"神の掟"に従いたいとの決意は固いと予想できるシーンだ。

一方、婚約者ジュリーもエホバの証人だが、彼女の信仰は、伝道中に出会った"老人の言葉"に強い影響を受けて揺らぐ。そして目の前に起きている事態に、彼女は自分なりの決定を下す。

この"老人の言葉"は、本編中に何度かでてくるし、ラストを締め括るのもその言葉だ。
他のキャスト演じる[ギャンブル依存][アル中][不倫][性的虐待][犯罪者]たちも、自分の決定によって身に受ける報いは明暗を分けた。

一見、何の関係もなく別個に描かれてきたキャストたちが、終盤で結びつく辺りは、途中から先の読める展開。
[スポットライト世紀のスクープ]ほどの破壊力はなかったと思う。
黎

黎の感想・評価

4.1
9月のプレミア上映はチケット完売で観れなかったのでリベンジ。むしろuplinkで観られたから逆に良かった。予想以上に群像劇で面白かった。ドラン目的で観に行ったが、ジュリーを演じたMarilyn Castonguayが印象的だった。彼女の選択後の姿がまぶしい。 2016-10-16
ドランが監督ではないけどドラン映画臭が漂う映画。ドランは出演者側で参加しています。
やっぱりこういう作品は苦手だ(笑)

サントラがちょっとソーシャルネットワークっぽかったです。
ドランみたさに鑑賞
mi

miの感想・評価

4.6
輸血ができないために恋人の命を救えない看護師のエホバの証人、飛行機事故で唯一の身元不明の生存者を輸血するかの選択を迫られ、神を捨てるべきかという信仰心を揺るがすような心理的葛藤。自分にそんな制限など無いのに観てるこっちまで苦しくなりました。
罪人であろうが真っ当な人生を歩もうが、死は平等かつ不条理に事実として確実に起こる。果たして人の生死を分けるものとは一体なんなんでしょうか… 『全能の神は居ないから』なんでしょうか
生存者問題や最後の"彼"って…?が引っ掛かり、完全に疑問を残されてしまった。
hakuB

hakuBの感想・評価

3.4
白血病
信仰、輸血
飛行機事故
グザヴィエドランが監督ではないけど、ドラン作品の空気感が漂った作品。ドラン作品は優しい説明とか補足ないイメージなので、集中してみました。なんとか理解できてそこそこ楽しめました(そこそこ笑) 輸血するかしないか葛藤するシーン、ドランに告げるシーンすごくよかったです!
emi

emiの感想・評価

3.0
宗教のために治療を拒否して死んでしまうなんて、信仰を持たない者には理解し難い。ハードなテーマだが、キャストは好演で観た後に静かな余韻を残す。
>|