神のゆらぎ(2014年製作の映画)

Miraculum

上映日:2016年08月06日

製作国:
  • カナダ
  • / 上映時間:110分
    監督
    ダニエル・グルー
    キャスト
    グザヴィエ・ドラン
    アンヌ・ドルヴァル
    ジャン=ニコラス・ヴェロー
    あらすじ
    時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっていることに。正しい選択とは何なの か。人間に許された最良の決断とは。複数の物語が過去と現在を行き来しながら、その終着点――墜落する運命に あるキューバ行きの飛行機へと向かう、深遠な余韻を残すヒューマンドラマ。

    「神のゆらぎ」に投稿された感想・評価

    これ以上ないぐらい綺麗に涙が出たなぁ
    まさに神のゆらぎ。
    信仰とは、神とは、命とは、どれが大切で何を選択するのかも自由だけど答えはないと思う。
    考えさせられる
    原題はラテン語で奇跡。
    久々に邦題も気に入ってます。

    エホバの証人ってキリスト教ともまたちょっと別のものなんですね。知らなかった...
    エホバの証人だったり、キリスト教だったり、宗教そのものだったりについて、もっと知っていれば感じるところがもっとあったんだろうと思います。

    自分の選択、これを言う/言わない、これをする/しない、などが自分の未来を左右するだけのものじゃなくて、それぞれの人のそれぞれの選択がクモの巣のように絡み合って繋がって世界が動いてるっていうのを思うとなぜだかゾッとしました。
    宗教とか神とか…よく分からないのですが…*

    「決めるのは自分」というのは分かります…☆
    人生、選択の連続ですから…*

    皆んな、それぞれの悩みや葛藤、苦悩を抱えながら、
    それでも、「生かされている」…と思うので…*

    一言の感想が難しい作品でしたが、シンプルに…☆
    「後悔しないように」…生きたいな…と感じました…(^^)
    もうほんと悲しいことばっかり!
    エホバの証人である、白血病の彼と看護師の彼女。
    墜落する運命にある飛行機に乗り合わせる人たち。

    謂わば迫り来る「死」に為すすべがない、もしくはそう盲信している人たちの群像劇。

    宗教や無知に対する嫌悪よりも、「死」に対する恐怖が残った。

    何十、何百回と飛行機に乗ってはいるが、未だに離陸の時は震えるほど怖い。不意に訪れる可能性のある「死」が、ひたすらに怖い。

    でもきっと、病に抗うことも、徐々に迫り来る「死」の陰に怯えることすらも許されない環境で生きることの方が、絶対にもっと怖い。

    そして、監督業に収まらないドランの才能と美貌も無敵すぎて怖い。
    >|