神のゆらぎの作品情報・感想・評価

神のゆらぎ2014年製作の映画)

Miraculum

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっている…

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっていることに。正しい選択とは何なの か。人間に許された最良の決断とは。複数の物語が過去と現在を行き来しながら、その終着点――墜落する運命に あるキューバ行きの飛行機へと向かう、深遠な余韻を残すヒューマンドラマ。

「神のゆらぎ」に投稿された感想・評価

これ以上ないぐらい綺麗に涙が出たなぁ
mats5050

mats5050の感想・評価

3.4
信仰心って不思議だなぁと思う それぞれの決意というか依存の度合いで かなり違うと思うけど
「全能の神がいないから飛行機が墜ちる」は ちょっと違うと思う 飛行機は人間が作ったものだから
神様が人間を作ったとするなら なぜ信仰心という概念を植え付けたのだろう?
とか 考えてしまった
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
あの天才グザヴィエ・ドランが熱望し演者として出ているということで手に取ってみた。神を深く信じるあまり死に近づいていく者、禁じられた輸血を決断する者、神様に顔向けできないような欲望に溺れる者...さまざまな状況での神の存在を炙り出しつつ、それらが最後には結局、という流れで神の不在を表しているように感じる。もとより全能の神などいるわけがなく最終的に頼れるのは自分だけという考えの身からすると、「信仰するために生きる」ような登場人物たちの行動はやっぱり理解し難く、映画の出来とは別の所で果てしない違和感ばかりを覚えていた。

このレビューはネタバレを含みます

テーマは「神の存在」。

「エホバの証人」の信者である若い男女と、墜落するキューバ行きの飛行機に居合わせる人たちの群像劇。各々の人生が交差し合い、「奇跡」が起こる。それは神のみわざか、それとも・・・。


以下は自分の勝手な持論です。
(不愉快な思いをさせてしまいましたらすみません。)

私が中学生の頃、通っていた教会の若い女性の先生が新婚旅行先のアフリカで、機上したセスナ機ごと行方不明になりました。教会の人たちや私の両親は、「神様が彼女を早く必要として近くに呼んだのだ」と話していましたが、私は納得がいかず、それ以来、教会とは距離を置くようになりました。

ただ、
「飛行機が落ちるのは全能の神がいないからだ」

作中のこの言葉には少し違和感を感じました。逆に全能の神がいたら飛行機は落ちないか、というとそれも違う。この言葉には人間のエゴが潜んでいる。

今は、個人的に宗教は死や不幸などの恐怖を和らげる精神安定剤のようなものだと思っています。もちろん人間には必要不可欠でしょう。

でも精神安定剤ばかり飲んだところで病気や怪我が治らないように、いくら宗教を熱心に信じたとしても、不幸が好転することはないと思っています。

人の行動の一つ一つが知らない誰かに影響を与え、その偶然が重なり合って「奇跡」が起こる。神に対して「奇蹟」を願う祈りは、気持ちを鎮めるために精神安定剤を飲む行為でしかない。

この映画は神の存在を真っ向から疑問視している。ダニエル・グルー監督もそう思うようになったキッカケがあったんですかね?(ちなみにスコセッシ監督『沈黙』の原作者、遠藤周作はキリスト教信者)。

「神様なんて本当はいないんでしょ」映画シリーズの中でも、この作品は筆頭候補かもしれません。
ah

ahの感想・評価

3.7
グザヴィエ ドゥラン
グザヴィエ ドゥラン
濁点だらけで
ようやく慣れたら
どんどん毛深くなっちゃって
映画もお顔も陰影が凄いぞ
きむら

きむらの感想・評価

3.8
疑った時点で神はいなくなると個人的に思ってます。逆を言えば、信じてる時は概念として確実に神は存在すると思ってます。
Mai

Maiの感想・評価

-
No.12 /4000

「結論だけ言おう。飛行機が落ちるのは…全能の神が存在しないからだ。」

宗教ってなんのためにあるんだっけ…?と考えさせられる映画。
大学で宗教学の講義をとってから、学問的に宗教に興味を持ち始めた。
宗教についてもう一度勉強したいと思った。
Sae

Saeの感想・評価

4.0
信仰とはなんのためにあるのか、
神のゆらぎが見えた瞬間それでも神を信じるもの信じないものどちらが幸せなのか
aoi

aoiの感想・評価

3.3
奇跡が起きない限り、神の存在は感じられない。

飛行機墜落事故の前後、それぞれの奇跡を願う四組のワケありな男女。終わりに向けて時系列が整ってくるのは思いがけない構成だった。
登場人物たちは、アルコールやギャンブルに依存したり、過去の罪や不倫から抜け出せなかったりと誰もが弱さを持っている。信仰もまた然りで、根本の弱さは同じだと思うな。信仰も一種の依存。

何かに依存しても、人間の心から弱さはなくならない。
弱いから人は信仰に縋ってるはずなのに、信仰が人を弱くしてるよう。罰するのが神だとしても、人の罪を赦せるのは自分や生身の人間しかいないのにね。

ストーリーの中心となるのが、宗教戒律として輸血を禁じるエホバの証人のカップル。白血病患者として死へ近づいてく男、看護師として選択を迫られる女、それぞれがその戒律と向き合わなければならない。
敬虔な信者たちの直向きに奇跡を祈る姿や、厚い信仰心はとても純粋な魂に感じられる。
けど、私には戒律は幻想でしかないように映るなぁ。見えない死後の魂の行き場や血の汚れよりも、オイ現実みろよと。
「飛行機が落ちるのは、全能の神が存在しないからだ」というセリフは辛辣だった。

どうにもならない事はただ祈るしかできない。けど、神の介在なくして、自分の意思や選択で変えられる現実を「奇跡」とは捉えられないのか。

もし我が家がエホバを信仰してたら、全身輸血した私は今ここにいないはず。
輸血を罪深く汚らわしい行為と言われるのは、生きてきた時間すら全否定されるようですごく複雑な気分だな…

# 121/2018
めっちゃよかったです。自分の何気ない一言が、行動が、誰かの運命を変えてしまうのかもしれない。
>|