神のゆらぎ(2014年製作の映画)

Miraculum

上映日:2016年08月06日

製作国:
  • カナダ
  • / 上映時間:110分
    監督
    ダニエル・グルー
    キャスト
    グザヴィエ・ドラン
    アンヌ・ドルヴァル
    ジャン=ニコラス・ヴェロー
    あらすじ
    時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっていることに。正しい選択とは何なの か。人間に許された最良の決断とは。複数の物語が過去と現在を行き来しながら、その終着点――墜落する運命に あるキューバ行きの飛行機へと向かう、深遠な余韻を残すヒューマンドラマ。

    「神のゆらぎ」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2017/02/11
    -
    これ以上ないぐらい綺麗に涙が出たなぁ
    me
    meの感想・レビュー
    1時間
    -
    記録
    サリチル酸メチル
    サリチル酸メチルの感想・レビュー
    19時間
    3.8
    音楽が無限に良い
    ayumi
    ayumiの感想・レビュー
    2日
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    グサヴィエドラン主演のカナダ映画

    信仰厚い婚約中の男女、3年ぶりに帰国した弟と兄、中年夫婦、老いた男女…4組が織りなす物語

    それぞれが何かしらの苦悩を抱えていて人としてどうあるべきか、救済はあるのかを考えさせられる作品

    婚約中の男女が信仰する教義では輸血、姦淫、格闘技、喫煙、薬物、不倫を伴わない離婚を認めておらず、破戒は排斥を意味する

    この教義が作品に深みを与えている

    いい作品だった

    ときどきあまり意味を持たない動きをするカメラワークがもったいない気がした

    原題はラテン語で奇跡の意

    邦題は主観が入りすぎている悪例
    emma
    emmaの感想・レビュー
    2日
    -
    アンヌドルヴァルの演技の幅!!!
    さまよえる電気ひよこ
    さまよえる電気ひよこの感想・レビュー
    2日
    3.5
    演者としてのドランの良さ。

    信仰をテーマにした群像劇。信号を守るひとも、それと他者の倫理観のはざまで揺らぐひとも、どちらにも寄ることなくフラットな視線で描かれているように思う。

    命の重みと信仰の重み、それらを天秤にはたやすくかけられないのだな、ということを感じる。この問いに無関心でも断定的でもいたくないな、と思わせてくれる作品。
    ミヨシ
    ミヨシの感想・レビュー
    3日
    -
    未だにうまく感想を言葉にできない。
    mitz
    mitzの感想・レビュー
    3日
    4.0
    接点のない4組の男女がある飛行機事故を起点に時間軸を往復しながら、それぞれの価値観に揺さぶられ決断する些細な出来事が、何処かで誰かの運命に影響を与える群像劇です。
    物語は多くを語らずも、僅かな会話の中から倫理観や死生観、ある登場人物では宗教観が繊細に描かれています。結果的に彼らの決断する数々の選択は救いのない悲劇に帰結しますが、「飛行機が墜ちるのは、全能の神が存在しないからだ」という言葉を発した人物とその境遇からも、それは「神の不在」を意味しているのではなく、それぞれが導かれる運命は「神様の気まぐれ(邦題)」であり、それもまた「奇跡(原題)」という結論が何より美しく感じます。

    「裁かれるは善人のみ」と見比べるのも面白いと思います。
    えりみ
    えりみの感想・レビュー
    3日
    3.9
    WOWOWで。原題はラテン語で奇跡、とか。
    公式サイトによると、グザビエ・ドランは俳優業がやりたいけどやりたい役がこないので自分で自分のやりたい役を与えられる監督をやってるんですって。凄いねぇ…彼に思い入れは特にないけど。
    プロモーション的に彼をフィーチャーしただけで、主演はマリリン・キャストンゲやと思う。エマニュエル・ベアールに似た美人。薄いグレーの瞳が薄幸さを際立たせる。

    キューバ行きの飛行機墜落事故繋がりで交錯する4つの物語。
    主となるエティエンヌとジュリーの話だけ時間が前後していることに早くから気がつくと思う。
    「私の選択が、知らない誰かの運命を変える。」
    「飛行機が落ちるのは、全能の神が存在しないからだ」
    エホバの証人が輸血をタブーとすることは昭和の大事件のひとつとして記憶に残っている。
    いい邦題ですね。
    miumi
    miumiの感想・レビュー
    2017/04/19
    3.0
    記録
    >|