神のゆらぎの作品情報・感想・評価

神のゆらぎ2014年製作の映画)

Miraculum

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっている…

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっていることに。正しい選択とは何なの か。人間に許された最良の決断とは。複数の物語が過去と現在を行き来しながら、その終着点――墜落する運命に あるキューバ行きの飛行機へと向かう、深遠な余韻を残すヒューマンドラマ。

「神のゆらぎ」に投稿された感想・評価

Ipswich

Ipswichの感想・評価

4.6
全能の神など存在しない
マト

マトの感想・評価

2.8
「飛行機が落ちるのは…全能の神が存在しないからだ」

テーマは興味深いけど見せ方少し凝りすぎのような。もうちょいシンプルなほうがいいかな。ドランが監督も兼任してりゃもっと面白いアプローチで撮ってたかもなぁ、なんて思ってしまった。
とりあえずエホバの信者が看護師やってるってのがそもそも矛盾しまくりだと思うんだけどねぇ。
ようやくみれました。結構好きです。
ドランの監督作品だとばかり思ってたけど違った。でも、たかが世界の終わりを先に見たとき、結構ぽかーんとしてしまったけれど、ドランは死に直面した時の近しい人の心理とか、死と愛情についてとか、そういうものについて考えているのかなと神のゆらぎを観て感じた。なんとなく共鳴している部分があるので。
小津みたいな廊下の方から枠の中に枠の中に…という構図をやっていて、かっこいい。もので遮りながら、視線をきゅっと集める構図かっこいい。音楽も映像も色味も劇的な効果を見せるよりもじわじわと力強く、という印象。
過去と現在が同時進行で進められていくこととか、飛行機事故とエホバの輸血が必要な患者を並列して物語を編んでいくこととか、絶妙に絡み合って不思議な感じ。
あと、女の人の目力がすごくて、あの重要なシーン、よかった。
この作品は愛や命や信仰や神などの力関係の中で自分が何を選び取るかという苦悩とか、なんだかんだ悩み抜いて選んだって簡単にそれが台無しにされてしまう運命とか、すでに語り尽くされてきたテーマではあるんだけど、その語り方がすごくうまいのだと思う。陳腐にならずに訴えかけるものがあるなと思った。
神とは?

人生の辛い部分だけを切り取ったような、相当によくできた群像劇。

メインストーリーでの、宗教的理由(エホバの証人)で愛する人への輸血を頑なに拒む姿は外部の人にとってはあまりに滑稽で、強烈な問題提起になっていた。
個人的には本人達が満足するなら全く死んでも良いような気がするけども、愛する人の死を突きつけられると、さすがにその信仰も揺らぐのが人間。

全員演技うますぎ。邦題もうますぎ。
深淵な余韻という言葉がぴったりのずっしりエンド。
すべては偶然の産物

何の意図も理由も介在しない

もとより罪も罰も存在しない

そこに意味を設けようとするのが人間



神は全能ではない

人も全能ではない



自分のこころに従うとき


あらゆるものから自由になれる
"飛行機が落ちるのは、全能の神が存在しないからだ"

余韻が凄い映画。
『神のゆらぎ』というタイトルが絶妙に良すぎて…名付けた人に1億点 ◎

日本人は多分仏教徒が多いと思うんだけど、決まった時間にお祈りをするわけでもないし、食べられるものが決まっているわけでもない。
自分は仏教徒なんだな〜っていうのは日常では、葬式だとかお参りとかでしか意識したことがなかった。けど、お寺や神社に落書きは出来ないし、仏壇には手を合わせるし etc.
なんやかんやで意識して、生活の一部として自分は生きているんだなと思うわけで、その信仰の形、種類は国や人それぞれであって、
それは簡単に変えられるものではないし、人が止めるものではないんだろうな。
っていう…
何が言いたいか分からなくなってしまったけれど、この映画もそういうものなんだな
uka

ukaの感想・評価

3.7
「飛行機が落ちるのは、全能の神が存在しないからだ」
じゃあ神ってなんだ?

飛行機事故でたくさんの人が死んでも、病気で1人の命が失われても、何も気づかず生者の生活は続いていく。
NaitoMami

NaitoMamiの感想・評価

3.3
硝子戸を隔てているかのような距離感が一貫して漂っていて、感情移入ができないまま物語が進行していく。
みなそれぞれに問題や闇を抱えていて、結局はそのどれもが救われず報われない…
核心が霧のなかに包まれるような感じがして、題材が題材というのもあって、なんだかスッキリしない後味。
ドランの婚約者役の女優さんはとても魅力的だった。
>|