神のゆらぎの作品情報・感想・評価

神のゆらぎ2014年製作の映画)

Miraculum

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっている…

時に人は、ただ奇跡が起きるのを待つしかない。 ともにエホバの証人である看護師と、末期の白血病を患うフィアンセ。老境にありながら情熱的な不倫を続ける、バー テンの男とクロークの女。互いへの失望を偽りながら暮らす、アル中の妻とギャンブル狂の夫。そして取り返しのつか ない過ちを償うためドラッグの運び屋となる、一人の男...。 彼らは気づかない。自分の決断が思わぬところで、他人の運命を変えてしまっていることに。正しい選択とは何なの か。人間に許された最良の決断とは。複数の物語が過去と現在を行き来しながら、その終着点――墜落する運命に あるキューバ行きの飛行機へと向かう、深遠な余韻を残すヒューマンドラマ。

「神のゆらぎ」に投稿された感想・評価

かれん

かれんの感想・評価

3.5
じわっと忍び寄るような怖さがある
アヤミ

アヤミの感想・評価

3.2
信仰心ってすごい…完全に目が座ってる
"飛行機が落ちるのは全能の神が存在しないからだ"
チィ

チィの感想・評価

3.7
ドランドランお兄さんは主演じゃないんか〜い!ドランドラン彼女が主役か〜〜い!というツッコミは観た人みんながすると思うけど、興味深い作品だった。

家族も友人も死にゆく彼氏も同じ宗教ながらも、人を助ける道を選んだ主人公の内なる個性の開花の過程は繊細で。と、同時にキッカケとなった男性が誰なのか。群像劇だと思わせて1つだけ時間軸が異なる現在と過去の虚しい現実。生き残った男性となるのは誰なのか、正直騙された。私は一時帰国した瞬間に「やっべ、兄さんと遭遇した」ってミラクル起こすストーリーが好き。(笑)

どんな宗教のもとに生まれるのも、どんな子に育つかも、どんな人生をおくるかも、最期をどうやって迎えるかも自分の選択と思いきや神のゆらぎである。いまこの話を観て、思い返してる瞬間も神のゆらぎ。
旅客機の行く末を軸にしてつながる複数の物語。まばらに展開された話が1つにつながる瞬間におおお!ってなる群像劇の気持ちよさが味わえたので良し。ドラン推しのポスターだけどドランは群像劇の一部。信仰心って自分にはあまりピンとこないけど、そうなのか…え?そうなの…という感じ
takashi

takashiの感想・評価

2.0
宗教とか文化がよく分からないので、選択の重要性がイマイチ分からず。
雰囲気の作り方は秀逸。ですが、ショットも退屈で、キツイ。
Nakapi

Nakapiの感想・評価

4.0
面白かった。
nk

nkの感想・評価

3.6
ドランだドランだ!と意気揚々と借りてから、監督作品ではないことを知りました…いやいいんだけど。あの独特の艶かしさを期待してたから少し拍子抜け。勝手に勘違いして落胆する茶番(°▽°)

オムニバスですが、繋がり方が単純じゃなくて良かったです。外国人の顔が覚えられないので、ころころ場面が変わる度にこれ誰だっけ…何の話してたっけ…ってなっちゃって、ない頭を必死に回転させてました。

全部繋がったときに、あああ…そうか…と納得する気持ちと、何かモヤモヤがぬぐいきれない気持ちとが混ざってました。
誰もが何かしらの選択をしていて、それが自分のためであろうと他人のためであろうと善であろうと悪であろうと関係なく、逃れられない運命に直面する。それぞれのエゴなんて凄くちっぽけなものだと思ったし、それを言語化するとき神という表現が使われるのかな、と思いました。

エホバの証人の事を全く知らなかったので、輸血を完全に拒否することに驚きました。最近pkを観ていた事もあって、宗教は何のためにあるんだろう、これは恐怖に近いのでは、と考えさせられました。

好きな雰囲気の映画だったけど、なんか内容すぐ忘れそう…(´ー`)
飛行機墜落事故が起こり、ただひとりの生存者が重体で病院に運ばれる。
彼の担当となった女性看護師には、白血病の恋人(グザヴィエ・ドラン)がいるが、宗教上の理由で輸血ができず、信仰と命との間で悩み苦しんでいる。

重体の患者を看護するうちに芽生える心のゆらぎ。
絶対と信じているものがゆらぐ時、人は打ちのめされるのですね。
人生における選択と運命というものを考えさせられた。鑑賞後はしばらく動けなかった。
群像劇としても傑作だと思う。
SHO

SHOの感想・評価

3.3
オモロイ
>|