わたがし

俺物語!!のわたがしのレビュー・感想・評価

俺物語!!(2015年製作の映画)
5.0
 鈴木亮平の大胆で大味でありながらもちゃんと繊細で細かいニュアンスまで表情で魅せる圧巻の演技力がまず素晴らしいし、ヒロインの女の子の地味っぽい微妙な演技も素晴らしすぎてる。演技の大合戦!
 それに対しての演出があまりにあまりな感じがしたのだけれど、何十億年も前から散々やり尽くされてきた陳腐な恋愛描写を恥ずかしげもなく堂々と魅せる様になんだか清々しさを感じ、段々と世界観に入り込めるようになってくる。
 数々のギャグは全体的に寒くてスベり倒してる印象(ひとつだけ笑いを堪えきれないほど笑う最高のギャグがあった)だったのだけれど、何にせよ主人公のキャラの性格が良すぎるせいであまり気にならない。自分もこんな真っ直ぐに生きることができればまた違った人生を送れただろうな、と切なさとやるせなさがこみあげてくる。
 そして最近ひそかに注目している坂口健太郎が今回もしっかりと「実は裏で人殺してそう」な感じを醸し出していて非常に良かった。最後の最後の笑い方なんてほんわか演出がなされているけど、本当にサイコパスのそれでむちゃくちゃゾクゾクする。いつか快楽殺人鬼とか精神異常の殺し屋とか演じてほしい。本当に今の邦画界で一、二を争うぐらい可能性に満ちすぎている俳優だと思う。
 それにしてもここまで物語の展開しない恋愛ものも珍しくて、それなりにウザったくてイライラしたりもするのだけれど、そのノロノロ加減を新鮮な気持ちで観ることができた。基本的に原作を小馬鹿にしたような撮り方をしている中で、そういう恋愛の「なかなか進展しない感じ」だけはちゃんと真剣に演出しているのかな、と思ったり思わなかったり。ただのティーン女子向けのビジネスなんかじゃなくて、やっぱりこの手の映画もこの手の映画なりの進化をしているのだな、と再確認した。少女漫画の世界はどんどん広がっている!!少女漫画万歳!