ピッコロ

グランドフィナーレのピッコロのレビュー・感想・評価

グランドフィナーレ(2015年製作の映画)
3.8
観るのが、早すぎたみたい。

ジャケ写から、音楽の映画だと思ったら違った。
いや、音楽の要素はあるのはあるんだけど・・・。
映画全体が"死"であふれている。
天国のような場所が、永遠と映し出されるのでとても不思議な映画。

こういう詩的な映画は、詩的映画脳みそが足りない自分には、まあ理解不能。人生経験もまだまだ、足りないため、もう少し大きくなって観返してみるとこの映画の良さに気づく時がくるかもしれない。

この映画で一番気になったのが、ポッコリまんまるお腹の謎のおデブちゃん。何やら世界的に有名な人なのは、セリフからわかるようになっている。前半は、この人物が何者なのか気になって、気になって。
左利き、テニスボールを蹴るシーンで気づく。

まさかの、マラドーナ!

もちろん、本人が演じてる訳じゃないけど、どうなんだろう。
あのお腹。
「俺は、こんなに太ってない!」
って、クレームがきそうだけど・・・。笑

役者陣は、なかなか豪華な顔ぶれ。
ポール・ダノは、あんまりダノダノしてなくて大人しめ。
こんなのポール・ダノじゃないやい。
って思ってたら急に変身して・・・。

そして、マイケル・ケインとハーヴェイ・カイテル。
この映画はこの二人につきる!
年をとっても、お互い仲良くできる存在って良いなぁ。

Amazon Primeビデオ