グランドフィナーレの作品情報・感想・評価

グランドフィナーレ2015年製作の映画)

Youth

上映日:2016年04月16日

製作国:

上映時間:118分

3.6

あらすじ

世界的にその名を知られる、英国人音楽家フレッド(マイケル・ケイン)。今では作曲も指揮も引退し、ハリウッドスターやセレブが宿泊するアルプスの高級ホテルで優雅なバカンスを送っている。長年の親友で映画監督のミック(ハーヴェイ・カイテル)も一緒だが、現役にこだわり続ける彼は、若いスタッフたちと新作の構想に没頭中だ。そんな中、英国女王から出演依頼が舞い込むが、なぜか頑なに断るフレッド。その理由は、娘のレナ…

世界的にその名を知られる、英国人音楽家フレッド(マイケル・ケイン)。今では作曲も指揮も引退し、ハリウッドスターやセレブが宿泊するアルプスの高級ホテルで優雅なバカンスを送っている。長年の親友で映画監督のミック(ハーヴェイ・カイテル)も一緒だが、現役にこだわり続ける彼は、若いスタッフたちと新作の構想に没頭中だ。そんな中、英国女王から出演依頼が舞い込むが、なぜか頑なに断るフレッド。その理由は、娘のレナ(レイチェル・ワイズ)にも隠している、妻とのある秘密にあった…。

「グランドフィナーレ」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

4.5
感想を書くのを躊躇うほど、この作品に対する見解がまだ定まらない。
余韻が長引き、まだ自分が垣間見た非現実的な世界の中に漂っているような不思議な感覚。

ラストの音楽は圧倒的で天からの啓示のように心に染みる。
勝手な私の解釈では、あの歌の歌詞は死ぬ間際の思いかなのかも…。

クールな挿入歌もお洒落で素敵。
監督は音楽の選曲にはノータッチらしいけど。

人生を振り返りながらも未来を見ながら歩いている私の年代には、この映画の意味はまだ完全には理解できないのかも。

役者陣は素晴らしく、ポール・ダノの不思議な魅力が特に良かった。

間違いなく好きなタイプの映画で、出来ればもう一度とは言わず、二度くらいゆっくりワインでも飲みながら観てみたい。
Chi

Chiの感想・評価

4.1
内容は焦点定まってないんだけれど結構好み。映画監督の言葉がかっこいい。映像と音楽が最高。若い時にはそう見える、すべてが近い、それが未来。年をとるとこうなる、全てがとても遠い、これが過去だ。歳をとって人生に厚みが増したらまた観たい作品。ポール・ダノでお腹いっぱい。
sawaD

sawaDの感想・評価

3.3
スイスの絶景。高級ホテルというか、療養施設の雰囲気。あんなに独特な人達が集まる場所だと人間観察で時間使っちゃいそう。

良い景色は人に開放感を与えて、本人すら気づいていない本音を引き出すこともある。高級な場所でなくても、しばらく普段と違う場所で生活する刺激は貴重だと思った。
人間味のような物は極力排除され、まさに浮世離れした段階にある人々の世界を厳かに描く。

人生においてしっかり得るモノは得た人達でも欠けてる何かがあるという割とお決まりの話ではあるが、ここまで仰々しくするか?という思いとここまで高める事でスペシャルな1本になっているという思いとが交錯する。
Netflixで。

マイケル・ケインって老いても声がキレイで聞き取りやすいんだなって思った。

ポール・ダノは気持ち悪い役もセクシーな役も出来る素晴らしい役者さんだな。

ホテルが舞台でプールとかお風呂も映るのでやたらと裸が映ってた。
📀スイスの絶景が凄いです。ミス・ユニバースも凄いです。あとは小綺麗な若者ときちんとしたジジイ・ババアが大勢います。レイチェル・ワイズはその中間。
ゾンビなんかよりメラニーがホラーです。
monaminami

monaminamiの感想・評価

4.5
前のグレートビューティよほうがより洗練されていた気がするけど、それでもこちらも最高。
映像の美しさと会話の妙に酔いしれました。人生よ!
上がったり、下がったり、浮かんだり、沈んだり。
ポール・ダノがまた良い俳優さんになってるなー、と惚れ惚れ。
otom

otomの感想・評価

4.1
デビッド・ラングの曲も含めて、構成がなんとなくグレート・ビューティーと被っている気もしなくはない。にも関わらず圧倒的な映像美と粋な台詞の数々で細かい事はどうでも良くなってくるクオリティ。あそこの場所のプレミアム感はともかくとして、天国の様な美しさを背に"人類の挑戦の悲壮さ"を実践せにゃならんのは、何も年寄りだけに限った事じゃない。ちょっとやる気が出てくる。良作。
Hiroko

Hirokoの感想・評価

2.3
芸術のハーモニーで成り立つ物語だった。
芸術って目に焼き付いている描写にスパイスをほんのり混ぜる事によって生まれる美があると思うんだけど、まさにそれって感じだった。
ただ私には優雅すぎて、この映画を観ようと決めた時の心情がこのテンポと並んで歩けなかった。暇だからパッションを〜、とかそういう思いで観てしまうと、求めていたものと違くて勿体無い時間を過ごすようなストーリー。ミッドナイトの空の下、バスローブ姿でワインを片手に。そうやって自分でムードを作りながらこの芸術映画に浸るのをお勧めします。
>|