ひでG

サウルの息子のひでGのレビュー・感想・評価

サウルの息子(2015年製作の映画)
4.0
映画には観たい映画と観なくてはいけない映画がある。「サウルの息子」は後者であると思う。
とにかく観ている間苦しい。息苦しい、早く解放されたい。同じように息苦しかった「ゼログラビティ」とは全く違う。救いようもない、絶望的な閉塞。
カメラの視点が限られ、まわりがぶれて不鮮明。だから怖い、想像してしまう。ぶれながら見える物体としての「死体」
最初のガス室のシーンも衝撃的である。あんな仕事をさせられているサウル。ちゃんと見たら狂ちゃう。生きていけない。
でも、彼らはギリギリのところで人間としての魂の欠片にしがみついている。じゃないとただの「物体」となってしまうから。
あるものは脱出計画を画策する。しかし、サウルは息子だとする「死体」を正しく
埋葬することに魂の欠片をかける。
それははたから見て正常な判断とは思えないかもしれないが、それを誰が責めらるだろうか。ちゃんと見たら、ちゃんと考えたら魂の欠片も失ってしまう世界なのだから。
ラストも感動なんてしない。何とも言えない不快感と?で劇場を出てきた。全く楽しくないし、分からないことだらけで全く晴れない。
でも、観るべき、体験すべき映画である。