Risa

サウルの息子のRisaのレビュー・感想・評価

サウルの息子(2015年製作の映画)
3.0
最近観れてないので いつか観たのに書きそびれてるものを。

アウシュヴィッツ強制収容所の話。。

ガス室に裸になって入り人が大量に死ぬというのは もはや お馴染みの内容と言うまでに知れ渡っている事。
今回は 主人公(サウル)がゾンダーコマンドであり、つまりは死体処理等をする立場である事。後々は自分達が処理されることを理解しながら日々を過ごす主人公達。
死体処理の中から 自分の息子と思われる死体を発見し、埋葬したいと考えます。。
日本人の火葬文化とは違うので 死体を燃やすという事は 恐ろしく思っているのかなという様子から、日本人の想像では収まらない心境で死体処理をしていた事になります。

映像は主人公の目線で映されるので 画面距離が全体的に近く、かなりの圧迫感で映されるので、気持ちを押し殺しているところが 本人と近い距離でずんと解ってしまうような感覚です。音も 目線に合わせて 立体的に聞こえるので 位置がはっきりとし、本当にびっくりするほどに 体力精神力を消費してしまいます。

最終的には人間の命の尊さよりも、子どもという 存在の尊さにフォーカスがあたってます。
体力のある男には ゾンダーコマンドをさせ、力の無いものは全て殺害していたこと。それは ユダヤ人を奴隷として扱う訳ではなく、全滅を目的としていることを意味してます。

台詞少なに、目線、立場の共有で 理解させてくる映画。この訴え方は 非常にきつい。。

他のユダヤ人迫害映画と比べての重さの種類の違いにハンガリー感を感じますね〜。

数ヶ月後には自らも死ぬ運命であり、生きてる数ヶ月間同胞を処理し続けるくらいなら すぐに死んでも良いと思うくらいの方が正常。だから、サウルの行動は何1つ 不思議で無い 正常な行動だったと思います。

死んだ息子を自らが発見できた事、足掻いてみた事、何も出来なくて 悔やんだ事、それらの出来事は 他の何もなく 同じゾンダーコマンドとして生きて死んだ人と比べれば 幸せな事です。

最後の 和らいだ笑顔と その後に 少し救われました。