サウルの息子の作品情報・感想・評価

サウルの息子2015年製作の映画)

Saul fia/Son of Saul

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義…

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する・・・。

「サウルの息子」に投稿された感想・評価

ササ

ササの感想・評価

3.5
見せ方は面白かったけど、内容が全然分からなかった
た

たの感想・評価

4.3

日曜の朝から見る映画ではなかった。
だからといって観るのに適したおすすめの曜日はないかな

ホロコーストについて、重めだけど撮影方法のおかけで何とか観れる

2018_18
「観る」より「体験する」という言葉が似合う。4:3画面の息苦しさ。サウルの背中に書いてあった赤いXが集中すべきことはこの時代の悲劇を負っているこの背中だと叫んでいる。無表情と静かさで全ての感情を表現する。映画が持っている全ての力で悲劇と残酷を語る映画
さと

さとの感想・評価

3.5
絶望の中で見えるもの。
サウルにはただただ希望と尊厳が欲しかったのかなと思う。
必ずしも自分の命が助かることだけが希望ではないというところも苦しい。
人間が作り出した生き地獄。
Da

Daの感想・評価

4.0
ナチスを描いた映画はたくさん見てきたのだが、

ゾンダーコマンドーユダヤ人囚人から組織された死体処理班ー

という存在を恥ずかしながら知らなかった。ガス室に積み上がった数多の死体を運び、焼却、灰の処理という一連の重労働を、当時のドイツ人が汗水垂らしてやったわけがないのに、何故かそのことへ考えを巡らせたことがなかった。

映画は終始、ゾンダーコマンドの一人であるサウルを、単焦点で撮影することによって、サウルの背後で惨殺されるユダヤ人の女性や子供、老人がボカされた演出になっている。その演出が翻って残虐さを表現するものになっていて、秀逸であった。

サウルは自分自身の明日の命が保証されていないにもかかわらず、アウシュビッツ内を奔走し、自分の息子の埋葬を試みる。終始、重く、最後まで晴れない、救いのない、絶望しかない映画でした。

余談だが、ゾンダーコマンドについてWikiで調べたら、ゾンダーコマンドは一年以内に殺され、新しいゾンダーコマンドが補填され、その新しいゾンダーコマンドの最初の任務が、前ゾンダーコマンドの死体処理だった、という件は人のすることではないなと思った。狂ってる。
映像表現や構成が従来のナチス映画にない感じで、嫌な感じ以外の何かが残りました。
>|