サウルの息子(2015年製作の映画)

Saul fia/Son of Saul

上映日:2016年01月23日

製作国:
  • ハンガリー
  • / 上映時間:107分
    監督
    ネメシュ・ラースロー
    あらすじ
    1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する・・・。

    「サウルの息子」に投稿された感想・評価

    埋葬に執着する様がすごかった。
    あの状況だからこそ、せめて埋葬だけでもという気持ちだったんだろうけど。

    そして永遠と何かの作業しながら展開していくのをみて、実際にこうやって作業させられていたんだなと。
    ゾンダーコマンドという役職があったんだと初めてしった。これまでにも戦争映画見ていたけど、確かに軍人じゃない人が先導してたなと気づかされた。いつの時代でも自分達の手は汚さないもんね。

    殺害されてく人々の処理をして精神的におかしくなりそうだけど生き抜く為に仕方ないし、これが現実にあった歴史なんだと考えさせられた。


    最後の笑顔がいろんな意味合いに取れてゾッとした。

    サウルにとって本当の息子ではないかもしれないが、あれは象徴で、残さなければいけないもので、ユダヤが生きた証や殺戮の事実を後世に伝えるためだった。

    最後、小屋で少年をみて微笑むのは、彼がこの事実を後世に伝えてくれると思ったのか、それか息子に重ねたのか、奇妙な笑いだったなあ

    終始感じたのはサウルを近距離で撮るカメラワーク。窮屈な印象と何が起こっているかわからないというサウル目線を感じた
    カメラワークが気持ち悪かった。主人公にスポットを当てていて、全体像を把握しきれないのが余計にそう感じられたのかも。
    なぜ周りに迷惑をかけてまで埋葬にこだわるのか理解できない。あの環境だからとは思うが、すこし異常に感じた。
    あとゾンビコマンドーの存在をこの作品で初めて知った。ユダヤ人の処理なんてドイツ兵がするわけないよね。人間の悪知恵には驚愕します。

    ラストのアレは子供に強烈なトラウマを与えたのではないのだろうか。

    想像してた内容とは違ったけど、強制収容所の実態を知るにはいい作品だと思う。
    タイトル見てライフイズビューティフルみたいなのを想像してました。

    このレビューはネタバレを含みます

    地獄だな
    息子?をユダヤ教の正式な埋葬をするためにラビを探しようやく埋葬というところで偽物だった時の絶望
    そして息子?の死体は川に流されまたも絶望
    息子?はこれまで処分してきた全ての同胞ということか
    サウルにとって唯一の救いは最後の笑顔だが
    精神がおかしくなって息子が生き返ったと思ってるのか、見てるこっちが絶望
    サウルの最後の眼差しは観客に対しての眼差しか
    ゾンダーコマンド。直訳すれば「特殊部隊」であるが、ナチス・ドイツの強制収容所においては、ユダヤ人の死体を焼却処理するユダヤ人集団のことを指す。そんなゾンダーコマンドの一員として働く主人公サウルは、息子(サウルはそう主張する)の死体を見つけ、正式に弔うためにラビ(ユダヤ教の説教者)を探す。なんとかしてラビを見つけ、ユダヤ人の反乱のなか期を見てラビと埋葬を試みるのだが…。

    こちらからすれば息子かどうかも判然としない子供を埋葬したいがために、仲間を危険に曝してまで奔走する無表情なサウルの姿に何を思えば良いのか…。ナチスの残虐行為を撮す映画なら他にもあるし、これといって良いところがなかった。日本語字幕ももう少し工夫できたと思う。
    ナチスだとは薄々分かったけど、これアウシュビッツ収容所か。それなら、事態を軽くとって観てしまっていたなぁ。

    引きで取らず、走る時も泳ぐときも常にドアップでサウル目線のように撮っていて、カメラマン大変だなこりゃあと思った。
    内容に対しては、自分も死ぬことが決まってる身だとはいえ、葬儀一つにここまで固執するのは、日本文化との違いなのか、あまり感情移入することができなかった。
    ゾンダーコマンドの世界を垣間見る
    ラビ、カポそしてラストシーン
    なぜ命をかけてまで葬儀の方法に固執するのか

    なぜ

    それが生きる意味だから 唯一の


    知らなかった制度
    カメラワークが主人公目線で
    臨場感あり

    何度も蘇る映像
    >|