サウルの息子の作品情報・感想・評価

サウルの息子2015年製作の映画)

Saul fia/Son of Saul

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義…

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する・・・。

「サウルの息子」に投稿された感想・評価

aki

akiの感想・評価

4.5
淡々としており最後も良かったですね
現実でこれがあった時代
忘れてはいけないですね
KIKI

KIKIの感想・評価

3.8
収容所の全貌や殺害された人達の遺体が劇的に映されているわけではない...
けれど、観ている私達はそこがどこで、今いったい何が行われているのかを全身で感じとることができてしまう、、そんな映画です。

最初から最後まで続くあまりの緊張感に、あの場に自分がいるのではないかと思わされる程です。
それ故に、当時の惨劇を、悲劇や単なる史実としてでなく受け止めることができる気がします。


ヒロイックでも美談でもありません。
だから こそ。
ha

haの感想・評価

3.1
視覚からの情報量は極少ないから、見逃してはいけない。

自分の無知を思い知った。分からないことがたくさんある。
キヨ

キヨの感想・評価

3.5
すごいシンプル。だけど目が離せない。

最後の顔はちょっとゾクッとした。
【引き算の美学】
余計な字幕はつけない、という新しい手法。収容所の人たちはコソコソと話しているけど、一体何について話しているのかはわからない。おそらく、本当の収容所の姿ってこんな感じだったんだろうな。人々の会話は無意味で、ただの雑音のよう。人として扱われない。映像だけで、ホロコーストの悲惨さを体感。あぁ、ツライ。
ゾンダーコマンド、2作目。
サウルの顔のみが、終始アップ。ガス室での、ユダヤ人達の叫びはやはりいつどんな時でも心に重くのしかかる。
少し分かりにくさがある。捉え方も人それぞれ、といったかんじ。
けんと

けんとの感想・評価

4.0
見たことあるリスト

このレビューはネタバレを含みます

ホロコースト映画だが、現場の死体処理や掃除など、大虐殺の裏方現場を描いた映画は珍しい気がする。
カンヌ映画祭グランプリ、アカデミー外国語映画賞を獲ったらしいが、自分としてはチョット「映画の撮り方」が気になる感じだった。

捕虜として捕えられ、「ゾンダーコマンド」という「他の囚人と引き離され、労働させられた後に殺される」という立場のサウルを中心に描かれている。
このサウルの描き方が、兎に角、シーンはサウルの近影が多過ぎる。背景には焦点が当てられないのでボケている。

そんなサウルが死体処理場で自分の息子の遺体を見つける。なんとか土葬してやりたいと思う親心だが、普通には難しい。
いろいろあって、息子の遺体を抱えて森の中に逃げるが、追手に追い詰められて川を渡ろうとするときに息子が流れていってしまう。
更に、サウルは息子のような少年の姿を見て「初めて笑顔」を見せる。
しかし、結局、サウルを射殺する銃音が森に響いて終わる。
なんという救いの無さ。

楽しい映画でも、感動する映画でもなかった。
サウルの眼光や、背景の映し方が印象的。むしろそれだけですべてを語る作品。題名にも感じるものがある。
>|