サウルの息子の作品情報・感想・評価

サウルの息子2015年製作の映画)

Saul fia/Son of Saul

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義…

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する・・・。

「サウルの息子」に投稿された感想・評価

なかじ

なかじの感想・評価

3.5
眠くなりつつも最後まで。
独特なカメラワークは徐々に慣れた。

埋葬に対して日本人とかなり感覚が違うから、そのことしか頭にないサウルに感情移入はいまひとつできず。

本当にこんな時代があったのだと思うと…。
Ree

Reeの感想・評価

3.8
記録

メモ
・常にサウルの視点あるいは彼の表情を至近距離で追う独特なカメラワーク
・無表情で機械的に死体処理を行うサウルの表情
・ゾンダーコマンドという立場→一般のユダヤ人より長く生きられるから幸せ?同胞の死体処理という残酷な使命のもと敵に“生かされている”=不幸せ?
・目を背けたくなるような残忍なシーンはピンボケで鮮明に見えないようにする→視聴者に想像させることでより恐ろしさが増す
・あの少年がサウルの本当の息子かどうか(恐らく否)は重要ではない、あの少年=最後までユダヤ人としての誇りを持ち続けたサウルの最後の希望
・ゾンダーコマンドによる反乱が実際にあったことを初めて知った

のぶ

のぶの感想・評価

4.0
カメラは主人公の表情をひたすら撮り続ける
周囲の映像はピンボケしていて、ナチスの残虐な行為を直接見せるのではなく想像で埋めさせる
リアリズムを追求するあまり主観的映像でとってしまってはダメなのだ
このギリギリの客観性こそが映画を映画たらしめている

しかし、ガス室が実際にあったことのように描くのはどうかと思う
かぴー

かぴーの感想・評価

3.6
ゾンダーコマンドとして同胞たちの死体を片付けるサウロの表情が完全に無表情で、心を閉ざさないと狂うよなと思った
まほ

まほの感想・評価

3.6
カメラは常にサウルの1メートル以内の長回し。体験型ナチス映画だった。
カメラワークが斬新。
狭いアスペクトを維持したまま、ピントも常に主人公に合わせている状態。
ショッキングな場面(表現そのものはグロテスクではない)でも主人公に常にフォーカスをしているから、はっきりとは映し出されない。
ただ淡々と死体を機械の様に処理していく主人公の表情が描かれる。
ラストは主人公にとってはハッピーエンドかも知れない。
rino

rinoの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

灰の記憶同様、ゾンダーコマンドが主人公の話で、主人公が自分の息子を、ユダヤ教の埋葬方式で弔うために、ラビをひたすら探すという話。
普通に考えて、収容所の中、あんなに蔓延っているSSの厳しい監視を潜り抜けて自分勝手にラビを探すことなんて可能なん??
主人公の身勝手さが本当に目に余る。こんだけ死を目の当たりにしてきて、最後まで人間であり続けたい、などといっていられる余裕があるのか。そして、この主人公がラビを探す過程で、主人公の身勝手な行動のせいでひとり死んでいる。とんだ大迷惑だ。お願いだから少し大人しくしてほしかった。よく考えたらゾンダーコマンドであるあなたが自分の息子をガス室に送り込む作業をしたんじゃん。自分の息子ガス室に送り込むことできたんだから、死んでしまってからあたふたしたってなんかどうしようもない気がするのは私だけ?主人公に共感するのが難しい作品でした。
恥ずかしながら、ゾンダーコマンドという言葉を初めて知った。

言葉が出ないです。。
や

やの感想・評価

4.3
壮絶で緻密な映画。
>|