サウルの息子の作品情報・感想・評価

サウルの息子2015年製作の映画)

Saul fia/Son of Saul

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義…

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する・・・。

「サウルの息子」に投稿された感想・評価

Member

Memberの感想・評価

-
8/19/2017 備忘録。ユダヤ教の文化を理解していれば分かる内容なのかすらわからない。
katsu

katsuの感想・評価

4.0
ホロコーストでゾンダーコマンドとして、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の死体処理に従事する特殊部隊にいるサウルの1日半を描いた作品。偶然なのか必然なのか自分の息子の遺体を見つけ、通常のルーティンである火葬から、自分の地元ハンガリーの風習である埋葬にすることを求めて奔走する、ある意味「生」を表現しようとした映画。果たしてこれは本当に自分の息子なのか?サウルの本当の目的は?後半に差し掛かるに連れわかり始める事実。未来に託すべくユダヤの方々が働きかけた想いが詰まった映画。
KEN

KENの感想・評価

3.7
記録
r22

r22の感想・評価

3.1
演出的に主人公の気持ちに入り込ませようとする映画だけど、入り込むととにかく辛すぎて観てるのが苦しい。
死の工場。ゾンダーコマンドたち。
尊厳を失った者..死を恐る者..死が麻痺した者..生を求める者..そしてそこには尊厳を取り戻そうとする者がいた。

感動的な演出は無しの1人称視点ホロコースト映画。
少ない台詞と雰囲気と音と主人公の後ろにぼんやり見える背景で状況を掴むしかないから突然収容所に放り込まれた感半端なかった。

色んな疑問を一切説明することなくラストまで突き進むから物語としては物足りないかもしれないけど、作られた物語ではなくこれが現実。収容所に送られた人達は答えなんか教えてもらえないまま殺されていった。

唯一残念なのは、主人公の挙動にあまり共感を得られない事。宗教的な観点からなのか?ユダヤの人からみたら共感できるのかな?それとももう精神を病んでいたのか…
自分だったらどうするだろうと考えた時、主人公の行動は理解不能。
シュミレーション型映画なんで主人公の心理が視聴者に近いものだったらさらにあの極限状態を同じ感覚で体験できたかなと思う…

観るべきと思うけど、ある程度ホロコーストに興味のある人じゃないとキツイかも。

原爆とか空襲とかこの手法で作ってみてほしい。
だぶ

だぶの感想・評価

2.8
死んだ息子のためにラビを探せ映画

死に行く人・死んだ人をハッキリとは映さず一部だけをサラッと映すのが残酷さup。
Oliver

Oliverの感想・評価

3.7
ゾンドーコマンドの存在を初めてこの映画で知った。ユダヤ人虐殺を同じユダヤ人にやらせていた事実。こんなことが同じ人間同士であっていいのかと目を疑うシーンばかりだった。

いずれは自分たちも殺される運命だと分かっていながら、必死で生きてきた跡形を残そうとする。そして、せめて残された時間は人間らしくありたいと願う。

救いようのないラスト、これが紛れもない歴史の事実なのだ。
セン

センの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます


セリフがほとんどなく、ずっと主人公に張り付いて背景はピントが合ってないようなカメラワーク。でもそれが逆にすごく臨場感とか主人公の感情にシフトしていた。

サウルは息子(本当に息子かはわからないが)の遺体を(宗教的にも)埋葬してあげたいというとても人間らしいことを常に目的としているけど、生命が関わるこの状況下で脱出よりもそっちを優先してしまうのは逆に狂っているんだろう。

エラに包みを受け取ったとき、エラがサウルの手をとったり、振り払われて名前を呼んだり、ただの包みの渡し手ではないのがわかって、だれなんだろう、、、てなった

ゾンダーコマンドたちは写真を撮ったり、紙に書いたりして、なんとか自分たちユダヤ人がいたという事実を残そう、未来への希望を持とうとしていた。

最後に子供を見てサウルが微笑んだのは、未来への希望の象徴としての子供を見て、私たち映画を見ている者にも希望を抱いているんじゃないかと思う。

この映画は歴史的な事実が隠れすぎていて、たぶん疑問が残ることが多いんじゃないかと思う。

けど掘れば掘るほどおもしろい。

映画評論家の町山智浩のトークショーの動画を見ると、わかることがたくさんあって、ただ映画を見終わった時よりもめちゃくちゃおもしろい。
>|