サウルの息子(2015年製作の映画)

Saul fia/Son of Saul

上映日:2016年01月23日

製作国:
  • ハンガリー
  • / 上映時間:107分
    監督
    ネメシュ・ラースロー
    あらすじ
    1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。サウルは、ハンガリー系のユダヤ人で、ゾンダーコマンドとして働いている。ゾンダーコマンドとは、ナチスが選抜した、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊のことである。ある日、サウルは、ガス室で息子とおぼしき少年を発見する。少年はサウルの目の前ですぐさま殺されてしまうのだが、サウルはなんとかラビ(ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義にのっとって手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する・・・。

    「サウルの息子」に投稿された感想・レビュー

    500円おじさん
    500円おじさんの感想・レビュー
    19時間
    4.1
    独特のカメラワーク
    地獄のチラリズム
    わっせ
    わっせの感想・レビュー
    1日
    -
    字幕も映画の一部なのだなと再認識。
    サウルの見るもの、見たくないもの、聞きたいもの、聞きたくないけど聞こえてくるもの
    さき
    さきの感想・レビュー
    1日
    4.0
    カメラワークが斬新
    ラストのシーンについて語りたくなる
    koalady
    koaladyの感想・レビュー
    2日
    3.9
    内容も映像も衝撃だった。最初からもう息苦しさに満ちた表現をしてるけど最後まで観てよかった。
    いくみ
    いくみの感想・レビュー
    3日
    -
    今まで観たナチス映画と全然ちがった。一個人だけの視点はすごく窮屈だったけど、ラスト観ればそれで正解だと思える。息遣いや歩き方、視線、周囲の音だけで伝わってきてしまうのは素晴らしくも恐ろしく、人の恐怖の如何を思い知らされる。
    サトミン
    サトミンの感想・レビュー
    5日
    4.0
    ユダヤは火葬はできないらしい。
    それで納得。
    臨場感たっぷりのカメラワーク。こんなに暗い映画はない。
    事実なのだから向き合うべき。
    mutty
    muttyの感想・レビュー
    5日
    3.5
    アウシュビッツで同胞のユダヤ人の死体を処理する「ゾンダーコマンド」という仕事をさせられてるサウル。息子が殺されるのを目撃してもて、ちゃんと埋葬するために奔走する話。

    カメラがほとんどがサウルの顔面アップで被写界深度ごり浅い。つまり本編ほぼサウルで、背景はちょっと離れただけでピンぼけという、いかつすぎる演出。しかも長回し。びっくりしたけど、正直しんどい。娯楽性は皆無やけど、それこそつらすぎる日常でサウルが「見ているもの」と「見ないようにしてるもの」って感じで、この地獄がよう表現できてました。ただほんまに見づらくてしんどかったです。

    息子を助けるために、やったら分かりやすいけど、まさかの埋葬するためってゆーモチベーションがピンと来ん。そのへんのユダヤ教の知識つけてから見るべきかも。

    ただ、かなりのめり込んだ。えぐい緊張感で息することすら忘れてまう。映画の世界に埋没する感覚がすごかった。これが新人監督というのが末恐ろしい。

    それにしても、ゾンダーコマンドって、ほんまにすごい歴史。死体処理をさせるだけさせて、結局殺される役割。酷すぎる。人間が考えつくもんとは思われへん。。。

    そんな歴史が伝承されてるのも、あんな状況でも必死に書き記す人の存在のおかげ。ラストの少年は、そんな歴史を伝承していく未来の象徴でした。

    すごい映画なのは間違いないねんけど、サウルの行動が身勝手すぎて多少いらつくので-0.3ポイント。

    サウルが見せる「笑顔」。素晴らしく美しいラストでした。
    遠藤和希
    遠藤和希の感想・レビュー
    5日
    4.0
    重い、重い。
    この過去をいまは忘れちゃいけない。
    カメラワークが意味深。
    >|