サウルの息子の作品情報・感想・評価

サウルの息子2015年製作の映画)

Saul fia/Son of Saul

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

「サウルの息子」に投稿された感想・評価

Risa

Risaの感想・評価

3.0
最近観れてないので いつか観たのに書きそびれてるものを。

アウシュヴィッツ強制収容所の話。。

ガス室に裸になって入り人が大量に死ぬというのは もはや お馴染みの内容と言うまでに知れ渡っている事。
今回は 主人公(サウル)がゾンダーコマンドであり、つまりは死体処理等をする立場である事。後々は自分達が処理されることを理解しながら日々を過ごす主人公達。
死体処理の中から 自分の息子と思われる死体を発見し、埋葬したいと考えます。。
日本人の火葬文化とは違うので 死体を燃やすという事は 恐ろしく思っているのかなという様子から、日本人の想像では収まらない心境で死体処理をしていた事になります。

映像は主人公の目線で映されるので 画面距離が全体的に近く、かなりの圧迫感で映されるので、気持ちを押し殺しているところが 本人と近い距離でずんと解ってしまうような感覚です。音も 目線に合わせて 立体的に聞こえるので 位置がはっきりとし、本当にびっくりするほどに 体力精神力を消費してしまいます。

最終的には人間の命の尊さよりも、子どもという 存在の尊さにフォーカスがあたってます。
体力のある男には ゾンダーコマンドをさせ、力の無いものは全て殺害していたこと。それは ユダヤ人を奴隷として扱う訳ではなく、全滅を目的としていることを意味してます。

台詞少なに、目線、立場の共有で 理解させてくる映画。この訴え方は 非常にきつい。。

他のユダヤ人迫害映画と比べての重さの種類の違いにハンガリー感を感じますね〜。

数ヶ月後には自らも死ぬ運命であり、生きてる数ヶ月間同胞を処理し続けるくらいなら すぐに死んでも良いと思うくらいの方が正常。だから、サウルの行動は何1つ 不思議で無い 正常な行動だったと思います。

死んだ息子を自らが発見できた事、足掻いてみた事、何も出来なくて 悔やんだ事、それらの出来事は 他の何もなく 同じゾンダーコマンドとして生きて死んだ人と比べれば 幸せな事です。

最後の 和らいだ笑顔と その後に 少し救われました。
raa

raaの感想・評価

3.1
よく動くから見にくいと思ったけど、一箇所以外しんどいとは思わなかった
弦

弦の感想・評価

4.6
舞台は第二次世界中のアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で死体処理をしていたサウルがある日収容所で殺された息子の葬儀をしてあげようとする物語。

最初は観にくいと感じていたのだが、物語が進んでいくにつれ、慣れていきとても観やすくなった。

主人公が観てるもの、主人公の身の回りで起こっていることしか見えない、知れないのが良かった。

最後10分間はとても衝撃的で素晴らしかった。
真夕

真夕の感想・評価

2.6
状況がつかめん

途中で見るの辞めてしまった。

ユダヤ人の中でも、ガス室で殺したユダヤ人の後始末をするゾンダーコマンドの主人公を描いた映画。

ドイツの歴史がわりと好きで、ホロコーストやユダヤ系、ナチの話も好きなので見てみたけど、カメラワークが苦手すぎて途中でリタイア...。

主人公に目線を合わせていて、視点がすごく狭く、一緒に動く動く。スマホの小さい画面じゃ気持ち悪くなってしまった。

グロいところはあまり映らないしぼやけるので、苦手な人も比較的見やすいとおもう。テーマはすごくいいので、グロ苦手な人にもトライしてほしい。

最後まで見れなかったのにはカメラワーク以外の理由もある。それはただただ主人公にムカついたということ...。。。

ほんとに自分勝手すぎる。半分くらいまでみたので大体のストーリーはわかったけど、ある人物のためとはいえ他人への配慮がなさすぎる。

ナチにおけるユダヤ人の立場は捕虜ではない。それなのに、主人公の勝手な立ち回りで他人を危険に晒すな......。
あの場所ではなによりも自分を優先して当たり前で、他人を気にかける余裕なんてない。それでも気にかけてくれる人がいるのに、その優しさをめちゃめちゃ無下にしてる。。。

宗教の問題もあるし、主人公の言い分もわかるけど。あまりにも融通きかなすぎる。ということでイライラして見れなかった。

テーマはほんとに好きだし、前半のリアルな収容所も見てて興味深かかったので、もう少し時間が経ってからチャレンジしてみたいです。
zlatanio

zlatanioの感想・評価

4.4
会話は今まで見た映画の中でかなり少ない。ただ、俳優さんの演技が素晴らしく表情だけで、あらゆることを悟ることができる。

テーマが重いだけに賛否両論分かれる映画。


ただ、一つ言えることは親子の絆は命よりも重い。
【son of …、life is beautiful】


「ライフイズビューティフル(ベニーニ)」観賞時に思ったのは『現実を見せない事、見ない事〈無知〉こそ幸福』であり『希望とは自己を -真実を- 歪める事』であるとゆう二律背反だった-。

私が指針とするヴィクトールフランクル著『夜と霧』。その中に、強制収容所過酷下に尊厳他全てを奪われ 多くの者が絶望/絶命する中で、強制労働中 沈みゆく落陽の美しさに『私のこの「美しい」と思う気持ち、感動する心まではナチは奪えない』とゆう一節がある。
絶望下に 絶望しか見なければ 絶望しか見えぬ事当然であり、喩え地獄でも 希望さえ見えれば命脈つなぐ事可能なのだと-。
甚く感動し 以降私の社会認知に於ける指針となるわけだが、同時に『それは認知を歪めてはいないのか』『ポリアンナ症候群や楽観主義バイアスではないのか』とゆう二律背反に私は懊悩する事となる。


『人間に残された最後の自由は、どんな状況にあっても、その中で自分の態度を決めることだ』-ヴィクトールフランクルの辭が谺す。

話を戻そう。

地獄を生きるとは?地獄で希望を見、命脈を保つとは?認識を歪め偽った自己は果たして“私”と言えるのか?生きていると言えるのか?何が真実で何が幸福か 私には到底計り得ず比較も出来ない。

「ライフイズビューティフル」に於ける“見つめ合う父子”。作品姿態に依って大きく逸失した前述の“二律背反”的主題を、本作「サウルの息子」の“父子の眼差し”はもう一度“見つめ直している”。




《DVD観賞》
とんぼ

とんぼの感想・評価

3.7
フォーカスの妙
MaRi

MaRiの感想・評価

-
【2018年260作品目】
>|