サウルの息子の作品情報・感想・評価

サウルの息子2015年製作の映画)

Saul fia/Son of Saul

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

「サウルの息子」に投稿された感想・評価

hina

hinaの感想・評価

4.0
普段はカメラワークがどうのこうのなんて意識しないんだけどこれはもう唸りました。
強制収容所をこんな風に見せるのはとても斬新。こわいけど。

ところで、やっぱりあの子は息子じゃなかったのよね。
tamom

tamomの感想・評価

3.5

サウルの向こう側、
ピントが合わない向こう側ばかり注視していた結果、目が疲れた。。

食後に見るべきではなかった。
埋葬というミッションを通じて、収容所の極限状態を表現した映画。撮影視点も基本サウルの半径5mをハンディカメラで撮ることで、惨劇が起きている様子を一人称目線で描き続ける。意見がましいニュアンスは作品からはなく、ただただ追体験的に悲惨だった現実を表現することに終始する。
MO

MOの感想・評価

3.6
みようみようと思いながらしょーもない理由をこじつけてみてこなかった映画
収容所の閉鎖感、破滅暴力部品の山で2時間鼻で息できなかったど。。
とにかくカメラワークすごい、ラストシーン、手ぶれがあんなに心にくるとは。😱
直接的な描写がないのに、カメラワークや音、セリフによって、どれだけ悲惨な行為が行われてるのか分かる。

"部品を燃やせ"とか"俺たちも囚人だ"といったセリフが印象的だった。
人を部品を扱いするなんて正気じゃねーなって最初は思ったんだけど、人ではなく部品であるとでも思わないと、処理をする方も正気を保っていられないんだろう。

ピンぼけカメラワークとかテレビサイズ画面が相まって収容所内のただならぬ閉塞感息苦しさの演出が素晴らしいと思う。

本当に恐ろしい映画なんだけど映画的な面白さがあってよかった。
これを見終わった瞬間、すごいものを見てしまったと、しばらく動けなかった。アウシュビッツの息苦しく決まりきった生活の中で息子と思われる子供のために奔走する。素晴らしいカメラワークと緊迫したストーリーで、一度も飽きることはなかった。最後の笑みには鳥肌がたった。
マヒロ

マヒロの感想・評価

3.5
ナチスのユダヤ人収容所にて、「ゾンダーコマンド」と呼ばれる、囚人だけで結成され虐殺された人たちの遺体を片付けさせられる部隊に所属する男・サウルは、その遺体の中から息子と思わしきものを発見し、せめて正しく埋葬しようと奔走する…というお話。

まず目につくのが特徴的すぎるカメラワークで、あるワンシーンを除いて常にカメラは主人公サウルの近くに張り付き続ける。なので、周りで起きていることはこちらにはほとんど分からず、ピントのボケた背景の中に山積みにされた裸の死体、黙々と作業するサウルの背後から聞こえてくるガス室内の悲鳴など、こちらの想像力を掻き立てるようなおぞましい描写が頻発されて、狭すぎる視野も含めて異様に息苦しい雰囲気を湛えている。

サウルという人についても、背景はほとんど描かれず、周りの知り合いらしき人物からポツポツと語られるのみで、どんな人間なのかは全く分からない。
そもそも、サウルが息子だと言う遺体も本当に息子なのかどうかははっきりと示されず、証拠は「サウルがそう言っている」という点でしかない。
まぁ、その遺体の為に命がけでラビと呼ばれる司祭を探し出し、ナチの目をかいくぐりながら墓穴を掘ろうとしたりと、少なくとも悪意でもって遺体を持ち運んでいるわけではなさそうなのが救いではあるんだけど、もし息子でなかったら何故そこまで…という疑問は残るし、サウルの行動のおかげでいらぬ死人が出たり反乱計画がつまづいたりと、割と周りに迷惑がかかっているのもちょっと気になる。

個人的には、あの遺体が本当に息子かそうでないかというのはさして重要ではなくて、この物語はサウルという男が"納得"をしたいがためだけに命がけで行動を起こしただけのお話であって、タイトルの「サウルの息子」というのはその行動の口実=マクガフィンに過ぎないのかなと思った。もちろん語られることはないので観た人の解釈に寄るところが大きいと思うが。ラストの意味深な表情も、サウルが慈悲に溢れた人間にも狂人にも見えるもので、またニクいことするなと思った。

(2019.38)
素晴らしい。
UTOPIA

UTOPIAの感想・評価

-
どこかの誰かさんのように、“アウシュビッツは捏造だった”なんて言うのは、意味もわからず収容所に連れてこられて殺された彼らに対する二度目の殺人だよね。口が裂けても言えないよ。
>|