Yu

ロブスターのYuのレビュー・感想・評価

ロブスター(2015年製作の映画)
4.5
エンドレスラブがあるなら点と線をつないで…
独身者は45日間ホテルに閉じ込められ、その間にパートナーを見つけないと動物にされちゃうヤバすぎるディストピア。吾輩は子猫になりたい!

本編で笑顔を見るのは1回だけ、いや2回あったな。基本全員不機嫌そうだったり活力を一切感じない、まさにディストピアの住人の顔つきをしててサイコー。
パートナー作るメリット紹介の寸劇みたいなやつとか、勃起させてパートナー探しのやる気を出させたりとか、(ホテルはオナニーが禁止だ。)見ててアホっぽいことをディストピアな表情で繰り返すの。こんなの笑っちゃうよ!

ホテルの住人のキャラもサイコーで鼻血がよく出る女性(鼻血が出るから鼻血の対処法がプロ中のプロ)だったり、ビスケットが好きなババアだったり、シュールな奴らがたくさんいる!
で、足が不自由な男性の恋愛観が、すげー社会風刺というか、あるあるでなんとも言えない気持ちになった、安心感はあるし悪いことじゃあないんだけどさぁ、、、

主人公(コリン・ファレル)はホテルの新人。自分はロブスターになるって決めてるド変態。知らなかったんだけどロブスターって海底を100年も這って生活してんだって!しかも生殖機能は衰えることを知らないらしい!
で、そんなロブスターになりたいド変態がもう人間ぽ過ぎて、というか、一番愛を欲していて、もうどびゃ〜って気持ちになる。

一方、ホテルから逃げ出したお一人様軍団(通称レジスタンス)の生活は奇妙すぎて見てて楽しい、サッパリしたヒッピー性を感じたよ!
恋愛から逃げ出したからには、もちろん恋愛は禁止。人との関わりが基本禁止みたいになってて、みんなで踊る時間はイヤホンをつけてそれぞれ踊る。みたいなルールが楽しすぎる!そしてリア充をブチ殺す精神が軸にある。
私が家に帰宅してすぐのときはイヤホンをつけて踊っていますが、そこが自宅で一人だろうと、森の中で複数人だろうと行動自体には変わらねーなぁとか思ってました。

諦めてみたり、諦めた集団の中にいると抜け駆けしてみたり、抜け駆けてもまた逃げ出して諦めてみたり。こんな感想言われたら、見ててイライラするんじゃないかしら?って思うかもだけど雰囲気に押されてめちゃめちゃ見ちゃったし、めちゃめちゃ良さがあった……サイコーか、、鹿殺しも早く見ます……!