ロブスターの作品情報・感想・評価

ロブスター2015年製作の映画)

The Lobster

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:118分

3.5

あらすじ

「ロブスター」に投稿された感想・評価

さ

さの感想・評価

3.4
世界観凄い
あ

あの感想・評価

3.8
独特のシュールな世界観、奇妙なストーリー、なんとも狂気的というか悪趣味というか、でも怪しげ且つとても綺麗な映画だったなと

独身でいてはいけない映画と恋愛をしてはいけない映画、2本を観た気分
えぇーーーー!!
どっちぃーーーー!!
tsuta

tsutaの感想・評価

3.8
独特の世界観、奇妙なストーリーだったけど嫌いじゃない…!

その後を想像させる余白を残した終わり方も好き。
カシコ

カシコの感想・評価

2.0
この監督の
籠の中の乙女が大好き
独特のシュールな世界が良いが
今回はストーリーが物足りなかった
1つより2つのほうが楽

昔、会社の上司に「結婚したほうがいいよ、家族手当が入って得だから」と言われたのを思い出す。

前半の施設のパートからは、そんな経済合理主義的で作り物めいた家族のイメージを感じた。

そして、後半ではそれに対抗するように、禁欲的でかたくなに独り身であろうとする人々が映し出される。

そんな彼らの幸福論的な対立と双方への皮肉がテーマかなぁと

スローモーションでの映像は甘美で幻想的。盲目の女性の手を引きながら、すすきの原を駆ける男女の逃避行は美しかった。

あえて男女の間に共通点を作り出そうとすることの意味が掴めなかったが、それも皮肉なのか。
非モテには地獄のような世界

(2018年DVD114本目)
(2018年通算249本目)
「個人の自由や開拓は細分化されていく社会システムとのいたちごっこ」という文を最近読んで本当に本当にそのとおりだなと…
パートナーを持つか独身でいるか決めなきゃいけなくて、どの動物になりたいかも決めなきゃいけなくて、パートナーとどの共通点を持つかも決めなきゃいけなくて、変えちゃいけないみたいな
やっぱりA24の作品にハズレは無い。
全体的にはブラックユーモアの作品なんだけど映像と音楽があまりにも美しすた笑
とくにスローモーションとクラシカルな音楽の組み合わせが最高だった。
もちろん、レイチェル・ワイズとレア・セドゥも!
ただ、意味不明なとこも沢山あった笑
特に喉詰まらせたおっさんの救出をメイドが演じるとことか何なの笑?
あれをおかずにするの笑?
あの絶妙に意味不明だけど美しい世界観は相当な変態じゃないと作り出せないはず笑!
あと、俺だったら間違いなくネコになります!
>|