ちはやふる 上の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 上の句2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:111分

3.8

あらすじ

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱…

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・評価

りり

りりの感想・評価

1.5
机くん役の人の演技は凄く上手かったです。
映像編集で特殊効果使いすぎで、内容がないのにごちゃごちゃしてるし、映画として軽かったです。
見たあとに疲れだけを与えてくれる。内容が頭に残らないです。
mak24

mak24の感想・評価

4.0
記録。
Usagi

Usagiの感想・評価

5.0
映像、音楽、演技、全て完璧です。
キャラクターこ個性も溢れ出ているし、試合のシーンは見入ってしまう。
特に、ちはやが髪を耳にかけるところ。
緊張感が走って息を飲んでしまう感じ。
音楽も綺麗ですごく好き。
「すごい」の一言です。
Jun426

Jun426の感想・評価

-
和歌を通じて、日本語の美しさを感じた。田子の浦にうちいでてみれば…、この度はぬさもとりあえず…、。そして、最後の運命線の展開は良かった。人事を尽くして、ということはやれることを全てやるということ。青春を全て掛けても叶わない、と言うのなら、全て掛けてから言えということ。そして、最後は運にかける、のではなく、最後の最後までやるということ。オシャレだった。
M

Mの感想・評価

3.7
うん、仲間と何かを成し遂げる人の姿はキラキラしてる。
KH

KHの感想・評価

3.6
やっぱエンディング曲が Perfumeだってことだな。
和風なかるたネタで、洋風なテクノのPerfume/中田ヤスタカさんって意表をつく配役(?)だ。
で結果、予想以上にうまく合っている!
おみごと。
原作ファンです。

須藤さんは、もうちょっと神懸かった雰囲気だとなお良しでした。若干ふつうの人に見えてしまう笑

肉まんくんは原作より、ふつうにかっこよさげな感じの人。
すう

すうの感想・評価

3.8
DVDで📀
何かに一生懸命になる
そんな時間いいね
競技かるた見てみたくなりました
>|