ちはやふる 上の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 上の句2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱…

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・評価

haru

haruの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

青春全部懸けたって勝てない?
---懸けてから言いなさい。
邦画だと、何故か女優がさえない感じに映るよね。
邦画より、TVやLINEの方が綺麗にうつるんだから。不思議。

女優でも、角度によってブスに見えてしまうし(広瀬スズは、この角度が少ない)、特に女優はシルエットがあまりよくないので、とり方にも注意しないといけない。

この辺を、もっと映画を作ってる人が、意識した方がいいんじゃないかな。ハリウッドのマネをして。
HAL.

HAL.の感想・評価

-
2018.3.*
ユリ

ユリの感想・評価

-
ちはやふるの担当編集さんが、実際にかるたを全国大会に行くくらい本気でやってて、かるた漫画つくるために講談社入った、っていう話を聞いて、見方が変わってしまった
KEN

KENの感想・評価

4.5
最高でした!手に汗握る映画でした!
バニラ

バニラの感想・評価

4.3
私が邦画でここまで面白いと思った映画はシンゴジラ以来です。
観るきっかけは矢本くんが出てるから、という単純な理由だったのですが観ていく内に机くんの気持ちが分かってとても辛くて、机くんの成長が本当に素晴らしかったです。特に肩に手を添えていくシーン、メンバーそれぞれ個性があって机くんを励ます触れ方に涙してしまいました。
太一くんが唯一机くんのことを「駒野」としっかり呼んでいるところが、太一くんの良さであり性格が出てたと思いました。
完全に油断してました!!
評判の高さは公開当時から耳にはしていたのですが、まさかこんなに面白いとはっ!!!!


少女漫画が原作の映画は何本か観てきましたが、明らかに今まで観た中で最も面白い!
というよりも、漫画原作の有無を無視しても映画として普通にトップレベルで面白かったです。

少女漫画に少し偏見を持ってしまっているかもしれませんが、そのほとんどが恋愛こそが全てであり、恋愛の成就こそに人生の重きを置かれていてそれ以外の内容は本当にただのオマケ!っていう作品が多い気がします。

そうなると、僕のようなただのおっさんからしたら、どんどん心が離れていってしまい楽しむことができない内容が多かったです。

ところがこのちはやふるは、冒頭で主人公自らが口にする通り、「かるたより大事なものなんてある!?」っと口にします。

お、おお…!?
とメンツ食らっていると、予告でも何度も使われている國村隼の「(かるたに青春全部)かけてから言いなさい」という台詞まで言わせちゃうんです。

そして、かるたという競技を題材にしている以上、絶対的に必要なものはいかに競技かるたを魅力的に描くことができるかどうかです。

そこはもう完全に達成できています。
競技かるたを全く知らない人間にもわかりやすく、かつ説明過多になり過ぎないように入れてくれています。

そしてなんといってもその迫力!!!
広瀬すずを始めとするキャスト陣の名演もあり、そのスピード感と迫力がしっかり伝わってきました。

もうこの時点で本当に最高なのですが、他にも良いところや語りたいところが沢山あります。

最後に一つだけ、先ほども広瀬すずの演技に触れましたが、とにかくキャスト陣がみんな素晴らしい!!
エンドロールを観て納得しましたが、なんとあの平田オリザさんが演技指導を行っていました。
そりゃあ、良い演技になるわけだ!!

上の句は個人的に机くんにMVPを挙げたいです!
あんなのやられたら、おっさんは泣かずにはいられません!!笑

とにかく最高なので、是非ご鑑賞下さい!!
>|