ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:111分
    監督
    小泉徳宏
    脚本
    小泉徳宏
    原作
    末次由紀
    キャスト
    広瀬すず
    野村周平
    真剣佑
    上白石萌音
    矢本悠馬
    森永悠希
    清水尋也
    坂口涼太郎
    松岡茉優
    松田美由紀
    國村隼
    あらすじ
    綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

    「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・レビュー

    mm
    mmの感想・レビュー
    4時間
    -
    記録
    けんさん
    けんさんの感想・レビュー
    4時間
    4.1
    広瀬すずの白目が持っていく(笑)
    青春ドラマとしてもスポ根ドラマとしても非常によくできてます。
    下の句にも期待。
    ちはや
    ちはやの感想・レビュー
    6時間
    2.5
    國村隼に「ちはやちゃん」と呼ばれたいがために借りた。それ以上でも、それ以下でもなかった。

    須藤パイセンはドSというよりただの嫌なやつだった⌒(ё)⌒
    まろ
    まろの感想・レビュー
    9時間
    -
    記録
    mina
    minaの感想・レビュー
    12時間
    5.0
    それぞれのキャラクターが個性的で観ていて面白いし、かるたの競技に興味が持てました!
    かるたをここまで迫力あるシーンに見せるのは凄い!
    chie
    chieの感想・レビュー
    1日
    -
    原作は知りません。

    キラッキラしてて眩しい!!!
    何かを頑張るって本当に素敵!
    るき
    るきの感想・レビュー
    1日
    3.6
    ちはやふるはアニメの頃から好き。普通に面白かったなーて思う
    ユースケ10
    ユースケ10の感想・レビュー
    1日
    4.3
    青春の輝き!眩しすぎる…。

    登場人物それぞれに見せ場の輝く場面があり、
    原作とは違う設定の箇所も気にならないくらい皆良い!キャラクターが実際の役者のイメージに近い感じですんなり入っていける。

    前後編物なのに上の句だけで完全に完結してるのも素晴らしい!(最近の無駄に二つに分ける作品が多い中でw)

    広瀬すず…そりゃ人気者ですわーと誰もが納得のスター感でした。
    Hiro
    Hiroの感想・レビュー
    1日
    4.0
    机くんが割とメイン。
    ひょろくん、原作に忠実。
    かなり良かった。青春してー!
    >|