ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:111分
    監督
    小泉徳宏
    脚本
    小泉徳宏
    原作
    末次由紀
    キャスト
    広瀬すず
    野村周平
    真剣佑
    上白石萌音
    矢本悠馬
    森永悠希
    清水尋也
    坂口涼太郎
    松岡茉優
    松田美由紀
    國村隼
    あらすじ
    綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

    「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・評価

    青春だー!
    ありきたりな感想だけど、個々がひとつのチームになっていく過程が好き。
    意外性は無いけど、それを超えるくらいの瑞々しさがある。

    大江さん可愛いし、机くんの表情が段々輝いていくのが嬉しくなる。
    机くんには泣かされたなー。
    あと、うっかり野村周平を好きになるところでしたw
    後編行ってきます!
    友達に誘われ映画館で鑑賞。最初は原作漫画だし、漫画がヒットしてたのは知ってたけど実写になったらどうなんだろって気持ちで全然期待してなかったけどめちゃくちゃよかった。普通に泣けた。

    高校のかるた部を舞台にかるたへの情熱を持った主人公達の描写が見ていてアツくなった。かるた部のメンバーのキャラもとても良くて一人一人に愛着が湧いてしまう。たまにでてくる恋愛描写もとっても本題(かるた部の活躍)とのバランスがとてもよかったと思う。

    それにしても広瀬すずの演技好きだわ…
    競技かるたを通じて主人公とその仲間が成長していく姿がわかりやすく描かれている。かるたのシーンをスローで撮影しているので、表情から心境が読み取れる。
    百人一首覚えたなー。こういう文化は残したい。役者がフレッシュでそれだけで元気もらえる。
    >|