ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:111分
    監督
    小泉徳宏
    脚本
    小泉徳宏
    原作
    末次由紀
    キャスト
    広瀬すず
    野村周平
    真剣佑
    上白石萌音
    矢本悠馬
    森永悠希
    清水尋也
    坂口涼太郎
    松岡茉優
    松田美由紀
    國村隼
    あらすじ
    綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

    「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・レビュー

    ka
    kaの感想・レビュー
    33分
    -
    2017.03.27
    いの
    いのの感想・レビュー
    4時間
    -
    “(青春全部)賭けてから言いなさい”

    格好ええなぁ。こういう事を言える大人になってみたいです。

    大げさでまっすぐな主役の演技も気にはならず、魅力的な登場人物に、胸が熱くなりました。  
    m
    mの感想・レビュー
    6時間
    3.5
    がむしゃらに頑張る姿が眩しかった
    こういう青春系の映画、定期的に観たくなる
    ジェリー
    ジェリーの感想・レビュー
    7時間
    3.4
    羨ましい、青春。
    はる
    はるの感想・レビュー
    16時間
    4.1
    意外と面白くてビックリ。
    下巻が気になるところ。
    り
    の感想・レビュー
    20時間
    3.2
    2017.03.27
    baron0824
    baron0824の感想・レビュー
    1日
    4.0
    高校時代に百人一首の授業があったことから、より身近に感じながら観ることができた。そして漫画の「ちはやふる」は本当にかるたへの想いが上手に描かれていて、かるたを知らない人もハマっちゃうぐらいの素晴らしい漫画。そのかるたへの情熱や空気感を実写映画でも味わうことができて感動!試合後のみんなが太一に駆け寄るあのシーンが好き〜。とりあえずかるた甲子園に青春をかける熱い物語を甘くみてはいけませんよ?(ヒョロがまんまヒョロだった。ハッシュタグのセリフ大好き。)(角度によっては広瀬すずはお姉ちゃんにそっくり。やっぱり姉妹だね。)
    aco
    acoの感想・レビュー
    1日
    3.0
    経験者がいるとは言え、寄せ集めのチームが都の予選を勝ち抜くのは並大抵のことではないと思うのだけど、そこに至るまでの過程が薄いのは、映画だから仕方のないことなんでしょうねぇ。

    でも普通に、キラキラした青春が眩しくて、それなりに楽しめました。

    上白石萌音ちゃんの歌を詠む声が美しくて、ほんわりした気持ちになる。彼女は本当に声が綺麗。まだおぼこいから役が限られるかもしれないけど、これからも声を生かした役が見たいなぁ。
    >|