ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:111分
    監督
    小泉徳宏
    脚本
    小泉徳宏
    原作
    末次由紀
    キャスト
    広瀬すず
    野村周平
    真剣佑
    上白石萌音
    矢本悠馬
    森永悠希
    清水尋也
    坂口涼太郎
    松岡茉優
    松田美由紀
    國村隼
    あらすじ
    綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

    「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・レビュー

    箱蛙
    箱蛙の感想・レビュー
    2016/07/24
    4.0
    2016/04/27(TOHOシネマズ府中)
    Naok
    Naokの感想・レビュー
    45分
    2.3
    WOWOW
    ハル
    ハルの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    原作と比べるとやはり劣るところはあるけれど、普通の実写化よりすごくリアルに感じた。
    キャストもどちらかと言えば演技派な方々だと思うので、不自然な感じはなかったし、本気で百人一首やっててかっこよかった!
    ル
    の感想・レビュー
    21時間
    5.0
    上・下 合わせて見終わって、5.0。
    happytamura
    happytamuraの感想・レビュー
    1日
    4.5
    広瀬かわいい
    ShuheiMiyakawa
    ShuheiMiyakawaの感想・レビュー
    1日
    3.5
    確かに広瀬すずかわいい❤︎
    下の句が気になりますが、見るかどうか迷います。。
    ろか
    ろかの感想・レビュー
    1日
    4.4
    これぞ青春!
    広瀬すずが本当にかわいい!
    でも、髪長いとやっぱりアリス姉ちゃんを彷彿させるね

    机くんの苦悩は見ていてつらかったな

    それでも、いっしょにかるたをやりたいみんなの気持ちに触発されて、乗り越えていけるのっていいなって思った
    うめ
    うめの感想・レビュー
    1日
    3.9
    覚悟はしてました。
    涙腺ゆるゆるの私ですから…
    それでも!
    この胸の高鳴りと流れる涙。
    あぁ、若いって青春っていいな。
    もう手が届かなくなってから気づくんですよね。
    最高の時間を過ごしていた事に。

    予告は観ていたし皆さんのレビューも読んでいたので、イメージは出来ていたんです。
    ところが、その期待にしっかり応えてくれました。
    これって、意外とすごいですよね。
    期待以下でガッカリとか、予想外に良い作品の方はよくある。
    期待されて、その通りの結果を出す。
    野球で言えば、そんな助っ人外人なんかまずなかなかいない。

    苦しい時を共に乗り越えたから深まる絆、伝えたいのに伝えられない思い。
    そこに、百人一首が絡んで素晴らしい作品になってます。
    若干、デブォルメ感が強めですが楽しいのでOKです。
    テンポ良く進みながらも、繰り出される熱いシーンに涙がポロリ。

    原作もちょっとだけ読んでいたのですが、肉まんと大江さんの掘り下げがもう少し欲しかったところではある。
    あと、野村周平の演技が気になったのだけど…
    あれは、マンガっぽくする役作りなのか?
    それとも、素で微妙なのだろうか?
    とりあえず、下の句を観て判断したい。

    熱く盛り上がったこの気持ち。
    こりゃ〜早く下の句も観なきゃo(^▽^)o
    しげ
    しげの感想・レビュー
    2日
    3.3
    青春だなぁ。
    学生時代をやり直したいなと思った。
    広瀬すずがいるなら間違いなくかるた部入るわ。

    ストーリーは、多少の問題は起きるものの順風満帆に進む。
    机くんが札をとれなくて、「自分は必要とされてない」と苦しむシーンは気持ちがよくわかるだけに感情移入した。
    乃子
    乃子の感想・レビュー
    2日
    3.6
    全力疾走で追いかけてくる広瀬すず怖ぇぇぇぇ!!

    メイン三人より、机くんの事が気になって気になって仕方ありませんでした。
    頑張れ…机くん頑張れ…!
    上白石ちゃんいいよなぁ、癒される…。
    野村周平くんの演技は『帝一の國』が初見だったんだけど、彼は三枚目役の方が上手い(褒めてます)。
    ストーリーは、少女漫画の殻を被った熱血スポ根もの(こんなにすぐ強くならないだろ…とは言っちゃいけない)。
    部活たのしそうだなぁ〜青春だなぁ〜!
    オープニングとエンディングの和模様があまりに美しくて、はっとしました。
    >|