ちはやふる 上の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 上の句2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:111分

3.8

あらすじ

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱…

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.0
2016/04/27(TOHOシネマズ府中)
Apple0909

Apple0909の感想・評価

4.0
こんな青春映画だったとは…!
仲間との友情に涙腺崩壊。
最高に熱い映画です。
Atsuko

Atsukoの感想・評価

3.9
大人になるにつれて友情とか努力とか
意識しなくなってるな〜と思った。これを見て思い出したし、時々友達と打ち込んでいた青春時代を思い出すのって大事と思った。
gane

ganeの感想・評価

4.0
原田先生(國村隼)が言う
「懸けてから言いなさい」の台詞、これが大好き。
大人になると、何かに「一生懸命懸ける」という行動が出来なくなる。
長く生きた分だけ色々と分かるようになるけど、その分いらん事も考えるようになってしまうからだ。

なので、高校生くらいの時分で「それだけを考えてひたすら青春を懸ける作品」に弱い。
Perfumeが歌う主題歌「FLASH」もとても良く、作品に合っていると思う。

あと個人的には、京王線の昔住んでいた駅がドンピシャで映っているので密かにテンションが上がる(笑)
ラスト胸アツ、、!!!
広瀬すずほんと可愛いわ〜〜
まいみ

まいみの感想・評価

3.7
思ってたよか全然良かった!!
ただの青春ドラマかと思いきや!
カルタは日本の強み!深み!
良かった!
友梨

友梨の感想・評価

4.4
原作を一巻で切ったことを後悔。
でも、映像であるからこそ、よりうまく競技かるたの魅力を表現できていると思う。

わたし自身も小学校のときに、授業でカルタに触れて、外部の競技かるたの大会に出たりしていた。この映画の中で上の句が読まれると、頭の中で下の句を思い出し、札を弾く。本当にスポーツ。
中高大とあがるうちに、かるたからは離れてしまったけど、今でも百種全て覚えている。子供の時に覚えたことって、大人になっても忘れない。

無意識に思い出すこと、ずっと覚えていること、これを恋と重ねるか!!!!うますぎる!!!なんだこれ!!

元々バスケ部で、プロも目指していたほどのスポーツ少女広瀬すずをちはやに選んだことが、この映画の中で効いている。
追い込まれたときの焦り、自分の中で切り替えたときの目つき、仲間を思う心、たぶん広瀬すず自身で共感できる部分が多かったのか、本当にうまく主人公を演じている。天真爛漫なのもかわいい。
真剣な眼差しが良い。
他のキャラのキャスティングも、公開前は批判されていたように思うけど、公開後からはその批判がスッと消えたのが納得。ぴったりだった。

原作から改変されているけど、わたし的には映画版の方が好き。それぞれの葛藤の要素(親からのプレッシャー、貧困、姉との違い)をそぎ落とし、かるたと恋愛という焦点に絞られているのが良かったのかも。分かりやすかった。

スローモーションが、他の映画と比べてもめちゃくちゃ綺麗。効果的に使われている。どういう技術が使われているか分からないけど、ドラマ「Nのために」「リバース」などの、ドリマックス塚原あゆ子演出を思い出す。スローにすることを前提に撮っているのかしら。
音楽は同ドラマの横山克。さすがでした。劇伴音楽の作曲家の中で、日本一だと思う。本当に大好き。

太一の運命戦のシーンは、うまい!うまい!うまい!しか言っていない。ドラマチックだけど、チープにならず、人の心を摑む。
競技シーン。躍動感と静けさという、競技かるたが持つ、対極の二つの空気感をうまく抑揚をつけながら描いている。
畳越しのキャラの顔のカットや、かるたに浮かぶ紅葉や文字が、競技者の心情を分かりやすく表現している。

百人一首、競技かるたって素敵、改めてそう感じる。
下の句の真剣佑、松岡茉優の活躍に期待!
>|