ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:111分
    監督
    小泉徳宏
    脚本
    小泉徳宏
    原作
    末次由紀
    キャスト
    広瀬すず
    野村周平
    真剣佑
    上白石萌音
    矢本悠馬
    森永悠希
    清水尋也
    坂口涼太郎
    松岡茉優
    松田美由紀
    國村隼
    あらすじ
    綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

    「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    続編ありとのことで、期待を込めてのスコアです。
    原作知らないし展開が分からないけど、続編では机くんの挽回と、千早の内面がもっと描かれてほしい。

    確かに各所で賞賛されてるのが分かるし、面白かった。
    でも、この上の句単体でみたら、スコアは2.9くらいかな、と思いました。受け入れられない所がいくつかあった。以下箇条書き。


    ・机くんのオーダーのくだりがひどい。せめて、「さっきは悪かったな」くらい謝ってもよくない?笑 もちろんあのかるたを机くんに飛ばすところの流れで一応物語的には回収してるんだけど、やっぱ一言謝ろうよ!笑
    机くんの言う通り人数合わせあつかい。非を認めないで仲間がどうのこうの言うのおかしい。

    ・「運命戦に勝てない太一」の設定は凄く良い。
    でもそれで、”せめて紅葉の葉をお供えするからあとは神様に委ねます”という句になぞらえるなら、
    (素振りをして、相手のお手つきで勝つという展開自体は良いけど)
    千早に綿谷のケータイの番号を渡す→太一が運命戦に勝つ、という流れにして欲しかった。ただ運命戦のくだりは続編で回収するのかもしれない。

    ・千早は、なんとなく競技かるたが大好きな女の子、っていうくらいには見えるんだけど、
    もっとなぜ千早がかるたをここまで愛してるのか、なぜかるたをしなければならないのか、それが”友情”以外に見えてこない。
    友情を繋ぐものがかるただから、と言う理由なら別にかるたでなくでも良いわけで。
    そこまで千早はかるたに詳しくないみたいだし…

    そして千早がなぜかるたを始めたのかがあっても良かった。
    例えば家族とのエピソードでも良いし、
    なにかしら友情だけでなく、主人公千早の”内面の強い動機”がどこから来てるのか、はっきり理由があった方が個人的には良かった。



    あくまで個人的に思ったことなので、共感しない方もいると思いますが、この辺が納得いきませんでした。
    競技かるたを通じて主人公とその仲間が成長していく姿がわかりやすく描かれている。かるたのシーンをスローで撮影しているので、表情から心境が読み取れる。
    百人一首覚えたなー。こういう文化は残したい。役者がフレッシュでそれだけで元気もらえる。
    やはりオリジナルは超えられないか。
    途中まではよかったけど、、、
    机くんがとても良かった。

    試合シーンは何がどうなってるのか正直あまりわからないけど、みんなの真剣な演技で緊張感を感じられた。
    >|