ちはやふる 上の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 上の句2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:111分

3.8

あらすじ

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱…

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・評価

アニメ版を見てからの鑑賞。漫画は見てないので分かりませんがアニメ版とストーリーが微妙に?かなり?違うのが気になってしょうがなかった(しかも重要なシーンや設定)。
やはり漫画やアニメを限られた時間内におさめるのは厳しいか。でもおじさんには眩しすぎる若者の熱さと青春に所々感涙したので星3.5で。アニメ見てなかったら評価はもう少し上がったかも。
下の句はアニメ見てから見るべきか否か迷う
しち仔

しち仔の感想・評価

4.0
原作未読だからかな、すごいよかったよ
ち

ちの感想・評価

4.0
2016年42本目
高木

高木の感想・評価

3.7
後半もうちょっと盛り上がってほしかったなーと思ったけど、まだ前編だし我慢します。

広瀬すずは制服、着物どんな格好でも画面映えしますね。
S

Sの感想・評価

3.8
色彩豊かな映像
艶やかな音楽
繊細で美しい演出etc...
すべてに魅了された

青春てええな
って心から思った
うーん。すずちゃんは可愛いくて、綺麗い。
私がすんごく若かったら、かるたしたいと思ったかも。
yuuki

yuukiの感想・評価

3.7
観よう観ようと思いつつ、観れていなかった ちはやふる。

広瀬すずの吸い込まれるような演技力は、毎度の事ながら圧巻。
野村周平に多い2番目役も、やっぱり安定。
真剣佑の訛りには慣れないけど、下の句もたのしみ。

音響が上手い作品。
>|