ちはやふる 上の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 上の句2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱…

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・評価

カラス

カラスの感想・評価

4.7
百人一首をやったのは高校一年生のときの百人一首大会のときだけ。そのときのことを思い出す💭

百人一首の全てに歌を詠んだ人の思いが詰まっていて、それがストーリーとリンクしているのがとても素敵だった。
登場人物も個性豊かでみていて飽きない。

青春って感じがして続きも見たくなった👀💓
aniss

anissの感想・評価

-
まっけん登場回数少ないのに存在感エグい。
すずちゃんは、それぞれ各キャラに対して見せる表情が違うんだなーと、すごいなーと、思いました。
最後の試合、自信喪失した机くんの顔にカルタを飛ばして、唇を震わせて懇願するような目をしたあの表情はすごく綺麗で感動しました。
早く次みよっ🏃
#自己記録
netoKo

netoKoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

まっけんゆうってこんな爽やかな顔だったっけ、あらたがすきですはい。

広瀬すずちゃんかわいいです、制服がよくお似合いです

アニメ大好きでめっちゃ見てました、原作もちょっと読みました
とてもよく再現されててよかったと思います
机くんのキャラがいいですね!
青春だなあ

ちはやと新と太一の幼少期から見たかったなあとちょっと思いました。
それから、やっぱり映画だししょうがないけど、アニメや漫画だと、一戦一戦残り札や読みの説明しながら丁寧にやってくれるところが好きだったので、そこが結構流れてしまったのがざんねんでした。
導入だからだと思いますが、運命戦がやばいってことしか分からなかったですね、、

下の句と結びまで見たら満足出来るかもしれないのでどんどん見ていきたいと思います!

須藤のSはドSのS😏
原作は未読。地上波だからカットされた部分も多そうだし、全体的にはまぁよくあるマンガ原作の実写化の域を出ないかなーっていう出来。でも試合シーンの迫力、リズムの緩急、テンポの気持ちよさはなかなかに秀逸。それだけでも観る価値のある作品。CGも美麗。
白獅子

白獅子の感想・評価

3.5
ストーリー若干違うにせよ、これはこれでアリなんじゃないでしょうか!!

新との関係も不自然な流れも特に感じなかったし、いい感じで下の句に続けられそうだと思ったんで🙆‍♂️
saho

sahoの感想・評価

3.6
ずっとすずちゃん可愛いしか頭になかった…。

122本目 / 2018
ひろ

ひろの感想・評価

4.0
青春だね
>|