ちはやふる 上の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 上の句2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・評価

すずちゃんのかわいさはんぱない。こんなせいしゅんすごしてみたかったな。
マイナースポーツを描いた傑作青春映画。

かっちょええ~~。
競技かるたについてまっっったくの素人を決め込んでる僕にも、競技かるたの激しいかっこよさがビンビンに伝わってきました。ビシッバシッと畳を叩く音、団体競技ならではの掛け声、大会会場にほどばしる緊張感と特有の磁場など、競技かるたとはどのような競技なのか、わかりやすく見せてくれる。もうこの時点で『ちはやふる』は勝っている。
それに加えて勝敗の決着が、あくまでもかるた競技ならではの理屈に則っていて、スポーツ映画として腑に落ちる作りにもなっている。変な精神論ばかりに勝利の要因を押し付けていないのも好感が持てる。
そしてこの勝敗の決着、とりわけ「運命線」が、上記したスポーツ映画のリアリズムに加えて太一の成長をも映していて、これを映画の文法で映画らしく見せてくれる。「ちはやぶる」を取りに行け!持たざる太一が、遂に自分から動き出す、というドラマ的な見せ場が、スポーツのリアルなロジックとシンクロするのは本作最高の瞬間だ。
シンクロと言えば、読まれる歌の一つ一つについても言える。歌が説明してくれるから、下手なクサい説明台詞も排除できる。クサい台詞や演出が全くないとは言えないが、歌に象徴させることでよりこちらの心にささるように出来ている。

役者陣もオールオッケー!最初からバカ演技全開でちょっと心配だったけど、逆にそのバカ演技とギャグが本作の流れを作っていて、もうオールオッケー!
名作邦画青春映画として、名作スポーツ映画として、名作実写映画として、日本映画史に残るでしょう!
Erika

Erikaの感想・評価

4.0
百人一首には、それを通して古人の想いを今人に届ける、和歌としての雅なイメージのみだった。
しかし、競技かるたは全く異なり「スポーツ」なのだなあと思った。

映画自体は、皆で何かに没頭する青春の素晴らしさを凝縮したものだった。
少女漫画原作だが、恋愛至上主義にならず、競技かるたに打ち込む中での彩りとして恋愛が描かれており、不自然さがなく良かった。
佳織

佳織の感想・評価

3.3
青春モノにしては見れた。
どこかで聞いたことのあるような歌に食いつく上白石ちゃんのまぁかわいいこと。
はじめて見たあたしには机君は意識高すぎ高杉君にしか…

このレビューはネタバレを含みます

(原作は未読ですが)日常パートに少し漫画っぽい演出もありましたが、カルタの場面の演出は競技として真摯に描かれていて、とても良いなと思いました。

観る前は、よくある青春キャッキャウフフ的な作品かと思ってましたが、ゴリゴリの西部劇みたいな作品でした。
つき

つきの感想・評価

2.3
青春時代にこれだけ打ち込めるものがあるって、やっぱりいいね。
>|