ちはやふる 上の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 上の句2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱…

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・評価

キャストの原作ハマリ度が、とても良かった。広瀬すずとか、真剣佑とか、最近のヤングたちも、いい役者がいて、頑張ってるんだなと思いました。
ふみ

ふみの感想・評価

3.9
原作大ファンで避けてきましたが大好きでした、世界が色が美しい。今すぐ野村周平をください
Jun19

Jun19の感想・評価

3.8
授業で子供達に見せたので計5回観るはめになった
セリフを覚えた

野村周平の袴姿、めちゃ痺れた
まむむ

まむむの感想・評価

3.5
普通に面白かった。
退屈することなく最後まで観ることが出来ました。

机くんのところとか、太一の諸々など、泣いた。。。

下の句もレンタルしたので、観るのが楽しみです!
ai

aiの感想・評価

3.7
野村周平嫌いでなんで太一が野村周平やねんて思っててんけど意外とハマってた。
みんなかわいくて青春で胸が熱くなるやつ。
ちょっと泣く。
広瀬すずの長い髪とてつもなく可愛い。
みんなが和服着るのもいい。とても絵がいい。太一切ない
ティーン向けとナメてたら中々
shuuu

shuuuの感想・評価

3.4
アニメをぎゅってされてて嫌
カラス

カラスの感想・評価

4.7
百人一首をやったのは高校一年生のときの百人一首大会のときだけ。そのときのことを思い出す💭

百人一首の全てに歌を詠んだ人の思いが詰まっていて、それがストーリーとリンクしているのがとても素敵だった。
登場人物も個性豊かでみていて飽きない。

青春って感じがして続きも見たくなった👀💓
aniss

anissの感想・評価

-
まっけん登場回数少ないのに存在感エグい。
すずちゃんは、それぞれ各キャラに対して見せる表情が違うんだなーと、すごいなーと、思いました。
最後の試合、自信喪失した机くんの顔にカルタを飛ばして、唇を震わせて懇願するような目をしたあの表情はすごく綺麗で感動しました。
早く次みよっ🏃
>|