Melko

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬのMelkoのレビュー・感想・評価

3.7
「地獄も天国も、頭文字は同じ”H”だ!」
エモい!!この映画エモい!!

エモいって言葉、使いたくないって人も多いみたいだけど、わたしは好きな言葉。

最初から45分ぐらいまではあまりノレず…。
薄ら寒い地獄勢の笑いのボケが延々続く。そこに絡まる神木くん演じる主人公の、好きな女の子に会いたい執念での転生。「なにこれ、何見せられてるんだろう?」って気分でテンションだだ下がって、一時停止しながらグダグダ鑑賞してたら、、

徐々に加速してくる。エモさが加速する。
好きな人を幸せに出来なかった後悔と、好きな人に「好き」って言えなかった後悔。
失ってから気づくことがある、死んでから気づくことがある…なんて遅い!好きなら好きっていま言え!愛してるなら早く幸せにしろ!てことだな。

クドカンが、自分の好きな人たち集めて、出来る限りやりたい放題やった感じ。
脇を固める俳優が揃いも揃ってなかなか豪華だったけど、何よりも、神木くんが突き抜けまくってる。最初、好きな女の子に対してただウホウホなってるだけでキモいんだけど、終盤の使命感溢れる感じは勇ましい。神木くんの、百面相と半端ないセリフ量とごく自然な演技が、他の演者を寄せ付けないレベルに達している。天才子役は手練れ俳優になろうとしている。。!

メタル寄りのロックがずっと流れてて、個人的には心地いい。
Charとヨッちゃんのギターのタイマンとか胸熱。。
誰だこの味ありまくりの歌手は…と思ったら、憂歌団のボーカルさんだ…!!テンション上がった!
あとラスト20分でのROLLYマーティvs神木くんはわたし得な場面!てかこの2人は出で立ちハデだから、結局全部持ってっちゃうんだよなあ…「ギターは顔で弾け!」って誰かが言ってたこと、御大2人に必死に食らいつく神木くんが涙ぐましかった。。
長瀬くんも頑張って貫禄出してたんだけど、この人の声はどうしてもクリーンボイスだから、あと少しヘヴィさが足りない印象。「マザファッカー!!」は何回聴いても甲高すぎて拍子抜け。笑
桐谷健太が生き生きしててよかったな。


あなたがいれば地獄も天国
あなたのいない天国は地獄

何言ってんだ?て思ったけど、最後まで見ると、、ああなるほど、確かにそうだわ、、うーん、エモい!!
意図せず今日は自分にとっての記念日でもあり、命を全うすることについてちょっとだけ真面目に考えさせられたりもしたわ。
なんかちょっと悔しい。笑