TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬの作品情報・感想・評価

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ2015年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

フツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんに片思い中。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは―深紅に染まった空と炎、髑髏(どくろ)が転がり人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!!なんで俺だけ?!まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率い…

フツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんに片思い中。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは―深紅に染まった空と炎、髑髏(どくろ)が転がり人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!!なんで俺だけ?!まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる<赤鬼>のキラーK。彼の“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた大助の地獄めぐりが幕を明ける―!!

「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

4.0
2016/07/06(TOHOシネマズ府中)
maki

makiの感想・評価

3.0
WOWOWにて鑑賞。
音楽が向井秀徳なので観た感じです。
クドカン映画の中では面白い方だった気がします。
momoka

momokaの感想・評価

3.5
鬼フォン欲しい

このレビューはネタバレを含みます

なんでこんな点数があるんだ…?
わたしは客ではなかったのだろう。
見た直後は激怒してた記憶。


ライブシーンはまあ良かったけど劇場の関係からか音響が残念だった。たぶんいい映画館で見たらもうすこしだけ点数上がったはず。

ラストシーンがとにかく気に入らなかった。
地獄をあそこまで生き生きと一応てきとうな理屈をつけながら進めてきてあの天国はねえよ。本当に。(あとデジタルチックなものをあそこに出すってことは現実世界の時間の進みとか考慮してマジでおかしなことになるのがわからないのか???)(地獄もです。)(あとHのコードって言ってませんでした?なんだHとは?コードで?)(コードで????)

地獄を上げるために天国をつまらなく描くしょうもなさにがっくりきてしまった。

というかわりと地獄を上げると死ぬことを賛美することになるとはわからないのか…?楽しそうな彼らは鬼だからいいのか?本当にいいのか?本当に良かったのか?天国はたしかに怠惰な人が考える天国でしょうけどまじで考えてあれにしたのなら宗教関係者に真面目なお話をしてもらった方がいいのでは?


出来れば忘れたいにランクインした一作
過去鑑賞。

クドカン作品基本的に好きなんですが、これは正直つまらない、長いな〜と感じてしまいました。

数ヶ月前に見たのですがその時の感想もうーんって感じで、今思い出してもあまり思い出せなかったのでレビュー書きました。

でも、好きな人は好きみたいで私の友達とかも高評価です。なので、ハマるかハマらないか本人次第なのかなって思います。
ビーフの横!セックスの上!
私はへヴィメタルに魂を売っております(告白)。
私の魂を奪ったのは人間椅子というバンド。
60~70年代の泥臭いハードロックに、日本に染み付くの土臭い歌詞を塗りつける素敵バンドです。

という訳で、無条件でこの映画は好みなのである。

ジーンシモンズとオジーオズボーンが地獄出身…。
成る程、この映画実話だったのか。
閣下やユーロニモスも地獄出身だろう。
ジョーイディマイオは修羅道出身なんだろう。

その上大好きなラーメンズも出演。
小物を作るついでに出演したらしい。
凄いぞ、ギリジン!

細かい内容はもういいですわ(暴挙)。
マーティもローリーも出てたんで素晴らしいです。
キラーKの口癖はマザファッカー!、なのだけど、これはメタルというよりはヒップホップなのではなかろうか。
メタルバンドで言う奴いるのかな…。

森川葵も素朴な顔で可愛い。
高校生が非常に好きそうな顔である。
たまご

たまごの感想・評価

4.0
笑いあり感動あり◎
どこにいるかではなく、
誰といるか、ということ
>|